スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


天海祐希の不倫相手は石橋凌

袴田吉彦が出演するフジテレビの不倫ドラマ「結婚しない」の第1話「結婚は当然!?義務!?できないVSしない女!!未婚女の恋と結婚!?」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは『ドラマ「結婚しない』のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■ドラマ「結婚しない」のあらすじ後篇
プチ同窓会が終わって、田中千春(菅野美穂)が広告代理店に戻ると、客が待っていた。客は、大学時代のサークル仲間・久保裕司(袴田吉彦)だった。

久保裕司(袴田吉彦)は「小島圭介(中村俊介)に聞いて。相談したいことがあるんだ。社員旅行の幹事になったんだ。今晩、空いてる?飲みながら、相談に乗って欲しいんだ」と尋ねた。

田中千春(菅野美穂)は「生ビールをおごってくれるなら」と承諾する。

その日の夜、2人は食事をしながら飲む。2人が独身あるある話で盛り上がっていると、久保裕司(袴田吉彦)が「ほら、昔、『35過ぎてもお互いに独身だったら結婚しよう』って約束したじゃん」と懐かしがった。

翌日、田中千春(菅野美穂)は鈴村真理子(福田綾乃)に話すと、鈴村真理子(福田綾乃)は「それってプロポーズじゃないですか。次に会う約束もしたんでしょ」と驚く。

田中千春(菅野美穂)は「社員旅行の下見に行くだけよ」と否定すると、鈴村真理子(福田綾乃)は「今まで出会った人を、結婚してもいい人と、結婚したくない人に分けると、彼はどっち?」と尋ねる。

田中千春(菅野美穂)は「それは…」と戸惑うと、鈴村真理子(福田綾乃)は「出会いが無いなんて、嘘ですよ。このままゴールまで行っちゃってくださいよ。私も頑張りますから」と祝福した。

週末、すっかりとその気になった田中千春(菅野美穂)は、久保裕司(袴田吉彦)と一緒に社員旅行の下見で温泉街を訪れ、楽しいひとときを過ごす。

視察が終わると、久保裕司(袴田吉彦)は田中千春(菅野美穂)に礼を述べ、「会社が無ければ、夕飯でもおごるんだけど。明日は?明日、千春(菅野美穂)の誕生祝いをしよう」と約束した。

その日の夜、桐島春子(天海祐希)が帰宅すると、自宅の前で田中千春(菅野美穂)が待っていた。借りた服を返しに来たのだという。

そして、田中千春(菅野美穂)は夕食の材料を買い込んでおり、服を借りたお礼に、鼻歌を歌いながら手料理を作る。

桐島春子(天海祐希)が「良いことでもあったの?」と尋ねると、田中千春(菅野美穂)は「35歳になっても1人だったら結婚為よう、と約束した人に再会したんです。彼も約束を覚えてて」と話した。

桐島春子(天海祐希)は「変に期待しない方が良いわよ。昔の約束にすがるのは止めた方がいい」と忠告すると、現実に引き戻された田中千春(菅野美穂)は「分かってます。でも、結婚したいんです。信じるのはいけないことですか」と落胆して帰ってしまう。

翌日、桐島春子(天海祐希)は実家を訪れ、寝たきりの祖母を見舞う。母・桐島陽子(梶芽衣子)は、桐島春子(天海祐希)に「結婚しなかったのは、私たちのせいなの?」と謝罪した。

桐島春子(天海祐希)は「結婚しない人生を選んだけど、後悔はないの。そろそろ、会社に行くね。上司に話しがあるって言われてるの」と言い、会社へ向かった。

その日の夜、田中千春(菅野美穂)はレストランで久保裕司(袴田吉彦)に誕生日を祝って貰う。

しかし、久保裕司(袴田吉彦)は「そうとう若い嫁さんを貰わないと駄目だな。35になっても結婚してなかったからって、俺も35になったら、千春(菅野美穂)も35だもんな」と話した。

田中千春(菅野美穂)は「そうだよね。裕司(袴田吉彦)も頑張って若い彼女を捕まえないと」と愛想笑いをした。

一方、会社で仕事をしていた桐島春子(天海祐希)は、上司の樋口亨(石橋凌)に「例の店を観てきたか?」と尋ねられた。

桐島春子(天海祐希)は「はい。ただ、店長が不在でした」と報告すると、樋口亨(石橋凌)は「店長は君だ。会社は方針を変え、家族をターゲットにすることになった。理不尽だと思うが堪えてくれ」と出向を告げた。

樋口亨(石橋凌)は「すまない」と謝罪すると、桐島春子(天海祐希)は「私が結婚をしない人生を選んだんです。私が結婚を必要とは思わなかったんです」と答え、出向を引き受けた。

その後、田中千春(菅野美穂)は店を出て久保裕司(袴田吉彦)と別れると、渡辺つぐみ(市川実和子)から電話がかかってきた。今から会いたいということであった。

喫茶店で落ち合うと、渡辺つぐみ(市川実和子)は田中千春(菅野美穂)に「ごめん。彼と結婚することになった。あのあと、病院で検査したら妊娠してて、彼氏に言ったら、『結婚しよう』って。ごめん」と謝罪した。

田中千春(菅野美穂)は「おめでとう」と祝福したが、店を出て分かれると、失意のうちに街をさまよい、花屋の店先で転んでしまう。

すると、工藤純平(玉木宏)に「大丈夫ですか」と声をかけられた。田中千春(菅野美穂)は「みんな上手に歩いてますね。当たり前か」と落ち込む。

工藤純平(玉木宏)は「僕も思います。みんなが普通に出来ることが、どうして出来ないのだろうって」と言い、店先にあった花一輪を差し刺し、「一歩って言うんです。ガーベラの花言葉」と言ってプレゼントした。

その後、田中千春(菅野美穂)は酒を買って公園のベンチで飲んでいると、桐島春子(天海祐希)も酒を買ってやってきた。

田中千春(菅野美穂)は、久保裕司(袴田吉彦)と会った結果を報告し、「私は春子(天海祐希)さんみたいに、仕事を生きがいにしてきたわけじゃ無いし」と落ち込む。

桐島春子(天海祐希)も「仕事だけは裏切らないって思ってたけど、店舗に出向って言われた」と打ち明けると、公園の噴水に入り、「結婚してなくて、何が悪い」と叫んだ。

桐島春子(天海祐希)は「千春(菅野美穂)もおいでよ。喉の奥に詰まっている言葉があるんでしょ。飲み込んだままじゃ辛すぎるよ」と促した。

田中千春(菅野美穂)も噴水の中に入り、「女は子供を産む道具じゃ無い。結婚してるのが普通とか言うな。結婚して無くて何が悪い」と叫ぶと、噴水が始まった。

桐島春子(天海祐希)は「忘れてた」と笑う。2人は、ずぶ濡れに成り、再び警察官に補導されてしまった。

翌朝、桐島春子(天海祐希)は田中千春(菅野美穂)に、「あの日…初めて公園で会った日、ある人の結婚記念日だったんだ。あの日だけは、1人でとことん飲むことにしてて。過去を引きずっていたのは私の方」と打ち明けた。

そして、桐島春子(天海祐希)は「ありがとう。あの公園は私が初めてデザインしたの。好きだって言ってくれたのに、お礼も言ってなかったから」と礼を述べた。

すると、田中千春(菅野美穂)は「妹が結婚して実家に住むから居場所が無いの。1週間で良いから泊めて」と頼んだのであった。

第1話の感想は『ドラマ「結婚しない」の感想』をご覧ください。

ドラマ「結婚しない」の原作や主題歌は『ドラマ「結婚しない」の原作や主題歌』をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト天海祐希の不倫相手は石橋凌へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。