スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドラマ「高校入試」の第2話のあらすじとネタバレ

徳山秀典が出演するフジテレビの高校入試ドラマ「高校入試」の第2話のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


第1話のあらすじは『ドラマ「高校入試」のあらすじとネタバレ』をご覧ください。

ドラマ「高校入試」の原作や主題歌については『ドラマ「高校入試」の原作や主題歌』をご覧ください。

■高校入試-第2話のあらすじ
橘第一高校の入学試験の前日、春山杏子(長澤まさみ)らが入試会場の準備をするために2年B組へ入ると、黒板に「入試をぶっつぶす」という張り紙があった。

隣の教室では、坂本多恵子(高橋ひとみ)が「何なのよこれは」と怒り、黒板の張り紙を破り捨てようとすると、小西俊也(徳山秀典)に止められた。

坂本多恵子(高橋ひとみ)は「こんなのよくあることよ」と反論するが、声を聞いて駆けつけた水野文昭(阪田マサノブ)は「私が赴任してから、入試の前にこんな事があったのは初めてです。かなり悪質だ」と告げた。

坂本多恵子(高橋ひとみ)は「警察でも呼ぶつもり?」と尋ねると、水野文昭(阪田マサノブ)は「それを決めるのは管理職で、私たちは起きた事をそのまま報告するだけです」と答えた。

張り紙は丁寧に剥がして水野文昭(阪田マサノブ)が本部へ報告することになり、残りに教師は入試の準備をすることになった。

春山杏子(長澤まさみ)は2年B組へ戻り、掃除をしていると、壁に落書きを見つけた。何の詩だろう、と不思議に思っていると、村井祐志(篠田光亮)が「東山由紀の『やっぱり好き』のサビの部分ですよ」と教えた。

春山杏子(長澤まさみ)が「知らない」と答えると、村井祐志(篠田光亮)は「女子に人気があるんですよ。子供達がどんな物に興味を持っているか知っておかないと。今度CDを持ってきますよ」と告げた。

春山杏子(長澤まさみ)は、「10代の女子がどんな物に興味を持っているのか、リサーチ」と言い、コンビニでギャル雑誌を読む男性のことを思い出しながら、壁の落書きを消した。

一方、2年A組で相田清孝(中尾明慶)が黒板の上側を拭いていると、黒板の上から紙切れが出てきた。2津折の紙には「杏子LOVE」と書いてあった。

他方、松島崇史(羽場裕一)は保護者の待合室を訪れ、滝本みどり(南沢奈央)を手伝った。

その後、相田清孝(中尾明慶)が2年B組を訪れ、春山杏子(長澤まさみ)に、黒板の上で発見したラブレターを渡す。

春山杏子(長澤まさみ)が「そんな所まで拭かなければいけないんですか」と驚くと、相田清孝(中尾明慶)は「当たり前じゃないですか。去年は干からびたハンバーグ、一昨年はコンドームが出てきたんですよ。何なら、僕が拭きますよ」と言い、黒板の上側を拭いた。

すると、今度は黒板の上から携帯電話が出てきた。携帯電話を開くと、待ち受け画面が韓国人だったため、坂本多恵子(高橋ひとみ)の携帯電話だと判明する。

教室に来た坂本多恵子(高橋ひとみ)は、「黒板まで手がとど無い。生徒の悪戯じゃないの」と言って犯行を否認し、「私は校内で携帯電話を使わないから、車の中に置いていたわ」と証言した。

車は、買い換えたばかりの赤い軽自動車で、リモコンで施錠したため、もしかしたら鍵がかかっていなかった可能性もある、という事であった。

相田清孝(中尾明慶)が「犯人のこころあたりは?」と尋ねると、坂本多恵子(高橋ひとみ)は「B組なら、石川(山崎紘菜)かしら」と答えた。

相田清孝(中尾明慶)は、坂本多恵子(高橋ひとみ)の口から、恋人・石川衣里名(山崎紘菜)の名前が出たため驚く。

坂本多恵子(高橋ひとみ)によると、石川衣里名(山崎紘菜)が授業中に携帯電話を開いていたため、携帯電話を放課後まで取り上げたところ、石川衣里名(山崎紘菜)は「一生恨んでやる」と言ったのだという。

すると、小西俊也(徳山秀典)が「そういえば、石川衣里名(山崎紘菜)はスピーチコンテストの件でも恨みがありましたよね」と話した。

坂本多恵子(高橋ひとみ)が携帯電話のメールをチェックしなかったため、開始時間の変更に気付かず、石川衣里名(山崎紘菜)はスピーチ大会で失格になったのだという。

坂本多恵子(高橋ひとみ)は言い訳がましく、「重要な用件をメールで送ってくる事務局が悪いのよ」と責任転嫁する。

高校入試の第2話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイトドラマ「高校入試」の第2話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。