スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ゴーイング・マイ・ホーム-第2話のあらすじとネタバレ

阿部寛が出演するフジテレビの小人ドラマ「ゴーイング・マイ・ホーム」の第2話「妻は抜擢、夫は仕事干され逃亡?」のあらすじとネタバレです。


第1話のあらすじは「ゴーイング・マイ・ホームのあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■ゴーイング・マイ・ホーム-第2話のあらすじ
ある日の朝、坪井良多(阿部寛)が朝食を食べながら、長野県に居るクーナの話をしていると、娘・坪井萌江(蒔田彩珠)が「知ってる。フロドの友達。ウチにも居るよ」と答えた。

坪井良多(阿部寛)は椅子の下をのぞき込み、「今日は留守みたいですね」と告げると、坪井萌江(蒔田彩珠)が「今は長野県に帰ってる。寒いところが好きなの」と話した。

その日、社長のジョギングにお供していた真田隼(新井浩文)が、社長からCMの仕事を受注した。久しぶりの新規開拓だった。

坪井良多(阿部寛)は上司に呼び出され、「社長が真田(新井浩文)を気に入っててな。今回の仕事は真田に任せようと思うんだ。これは、リストラとかじゃなく、リフレッシュだからな」と告げた。

坪井良多(阿部寛)は「ちょうど、父親の看病があるので、休みを取ろうと思ってたんですよ」と笑って了承した。

一方、坪井沙江(山口智子)は、娘の担任教師の家庭訪問を受けた。坪井萌江(蒔田彩珠)は学校で弁当のおかずを友達に販売しており、1週間の謹慎を言い渡された。

担任が帰ると、坪井沙江(山口智子)が坪井萌江(蒔田彩珠)に、「どういうつもり」と尋ねた。坪井萌江(蒔田彩珠)は悪びれる様子も無く、「流れで」と答えた。

坪井沙江(山口智子)が「お金は何に使ったの?」と尋ねると、坪井萌江(蒔田彩珠)は「ゲームに使った」と答え、本当の事を話そうとはしなかった。

その日の夜、坪井沙江(山口智子)は坪井良多(阿部寛)に「貴方から聞き出してよ。女同士だと難しいのよ。それと、こういう時にアレだけど、映画の話しが来ちゃったのよ。地方ロケなんだけど」と話した。

坪井良多(阿部寛)は「良いよ。元々、そういう話しだったし。俺も有給が取れたから、1週間ぐらい、長野に行ってこようと思ってるんだ。萌江(蒔田彩珠)も俺がみるよ」と映画の仕事を許可した。

数日後、坪井沙江(山口智子)は映画の仕事へ出かけ、坪井良多(阿部寛)は娘の坪井萌江(蒔田彩珠)を連れて長野県へ向かう。

坪井良多(阿部寛)は長野に向かう電車の中で、坪井萌江(蒔田彩珠)に弁当のおかずを販売している理由について尋ねたが、やはり、坪井萌江(蒔田彩珠)に「流れで」と答えた。

やがて、長野県に着き、病室を訪れるが、坪井栄輔(夏八木勲)は意識が戻っていないため、坪井萌江(蒔田彩珠)は「行きたいところがあるの。クーナ事務局」と言い出した。

坪井良多(阿部寛)は「なんでそんな知ってるんだ」と尋ねると、坪井萌江(蒔田彩珠)は「クーナが教えてくれた」と答えた。

その後、坪井良多(阿部寛)が坪井萌江(蒔田彩珠)を連れてクーナ事務局へ連れて行く。クーナ事務局は、鳥居治(西田敏行)の経営する歯科医院内にある。

坪井良多(阿部寛)らがクーナ事務局を訪れると、クーナ事務局では下島菜穂(宮﨑あおい)が子供達にクーナの話をしており、新聞の記者が取材していた。

下島菜穂(宮﨑あおい)によると、クーナは「ノーム」という妖精の仲間で、赤いとんがり帽子を被っているのだという。

赤いとんがり帽子をひっくり返すと毒キノコになり、クーナは敵から逃げるとき、赤いとんがり帽子をひっくり返して毒キノコに化けるのだという。

クーナ事務局が終わると、坪井良多(阿部寛)は下島菜穂(宮﨑あおい)に「ちゃんと話してくれれば、疑ったりはしなかったんですよ。なんで山下なんて嘘の名前を書いたんですか」と尋ねた。

下島菜穂(宮﨑あおい)は「そんなことまで調べたんですか?秘書の山下さんに頼まれたんですよ。ご家族が心配するからって。愛人の子供とでも思ってたんですか?どうせ遺産が減るとか考えたんでしょ」と呆れた。

一方、坪井萌江(蒔田彩珠)は、下島菜穂(宮﨑あおい)の息子・下島大地(大西利空)とクーナの話しで盛り上がり、仲良くなっていた。

下島大地(大西利空)と下島菜穂(宮﨑あおい)の2人は明日、12月に開かれるクーナのイベントの下見でクーナの森へ行くため、坪井萌江(蒔田彩珠)も一緒に行く事にした。

翌日、坪井良多(阿部寛)はクーナの森へ行くため虫除けスプレーを大量に購入し、フード付きのジャンバーにマスクをして出かけた。坪井萌江(蒔田彩珠)は「近づかないで」と言い、先に言ってしまう。
坪井良多(阿部寛)は1人で下島菜穂(宮﨑あおい)の自宅へ向かっていると、警察に呼び止められて職務質問を受けた。どうやら、潜伏中の活動家と間違われたようだ。

心配した坪井萌江(蒔田彩珠)が戻ってきて、「私のパパです」と証言したため、坪井良多(阿部寛)は警官に解放された。

その後、坪井良多(阿部寛)は下島菜穂(宮﨑あおい)らと合流してクーナの森へ向かう。

クーナの森には大きなダムがあった。下島菜穂(宮﨑あおい)は「この辺まで、昔は森だったんです。私の母親が森を守るために反対運動を起こしたんですが、結局はお金を積まれちゃって」と話した。

やがて、クーナの森へ入った」下島菜穂(宮﨑あおい)らは、「ドングリが落ちている木の下にクーナはいるかも知れないよ」と話しながら、クーナの森を散策していると、坪井萌江(蒔田彩珠)が木の枝に赤い物を発見し、「パパあれ取って」と頼んだ。

坪井良多(阿部寛)は棒で木に引っかかっている赤い物を落とし、赤い物を手に取ると、それは、小さな小さな赤いとんがり帽子であった。

原作や主題歌については「ゴーイング・マイ・ホームの原作と主題歌」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイトゴーイング・マイ・ホーム-第2話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。