スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大奥-第3話のあらすじとネタバレ

堺雅人が出演する、よしながふみドラマ「大奥-誕生(有功・家光篇)」の第3話「あなただけを救うために私は生まれた…」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


第2話のあらすじは「大奥(有功・家光篇)-第2話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「大奥」の原作や主題歌については『大奥-誕生(有功・家光篇)の原作と主題歌』をご覧ください。

■大奥-第3話のあらすじ
大奥では、夜な夜な、赤子の泣き声が聞こえるほか、女の生首だか黒髪だかを持った侍の幽霊が目撃されているという噂が流れていた。

万里小路有功(堺雅人)が「一体、どこでそんな話しをしいれてくるのだ」と呆れると、玉栄(田中聖)は「御中臈(おちゅうろう)の部屋子が話しているのを小耳に挟んだんです。あいつらと仲良くする気も無いし」と答えた。

その日、徳川家光(多部未華子)が万里小路有功(堺雅人)の部屋にやってきた。徳川家光(多部未華子)は「素振りを1000回やったそうじゃな。伝右衛門(内藤剛志)は褒めるような口ぶりじゃった」と話した。

そのとき、小猫「若紫」が徳川家光(多部未華子)に近づいてきた。万里小路有功(堺雅人)が「若紫と申します」と教える。

徳川家光(多部未華子)は「ワシよりもずっと良い名前をもらったではないか。可愛くて小さいから嫌いじゃ。娘を思い出す。ワシが15の時の子供よ。生まれて直ぐに死んだ。生娘でなくてがっかりしたか」と話す。

万里小路有功(堺雅人)は「母親がお腹を痛めて産んだ子供を亡くすのは、この世で最も深い悲しみにございます。よう耐えてこられました」と慰めた。

その日の夜、万里小路有功(堺雅人)が小猫「若紫」を探していると、こっそりと城外から戻ってくる澤村伝右衛門(内藤剛志)を見かけた。

澤村伝右衛門(内藤剛志)は手に女の黒髪を持っている。万里小路有功(堺雅人)は玉栄(田中聖)から聞いた噂を思い出した。

翌日になっても小猫「若紫」が戻ってこないため、万里小路有功(堺雅人)と玉栄(田中聖)の2人が小猫「若紫」を探していると、角南重郷(戸次重幸)が「上様」と言い、小猫「若紫」を愛撫していた。
玉栄(田中聖)は小猫「若紫」を取り返しに行こうとしたが、万里小路有功(堺雅人)は玉栄(田中聖)を制した。

その日の夕方、小猫「若紫」が万里小路有功(堺雅人)の部屋に戻ってきた。

村瀬正資(尾美としのり)は万里小路有功(堺雅人)らに、「上様から拝領した猫なら小猫様です。気がるに『若紫』などと呼んではいけません。それに、小猫様に何かあれば、処分が下るでしょう」と注意した。

その日の夜、玉栄(田中聖)は角南重郷(戸次重幸)がトイレに行った間に角南重郷(戸次重幸)の部屋に忍び込み、刀を持ちだして、角南重郷(戸次重幸)の刀で小猫「若紫」を殺した。

翌日、徳川家光(多部未華子)は万里小路有功(堺雅人)の部屋に来たが、小猫「若紫」が居ないため、「若紫はいつ戻ってくるのじゃ」と不満を漏らす。

そこへ、玉栄(田中聖)が「大変でございます。小猫様が」と言い、飛び込んできた。角南重郷(戸次重幸)の部屋の前で、小猫「若紫」が死んでいるのだという。

みんなが角南重郷(戸次重幸)の部屋の前に集まると、徳川家光(多部未華子)は「角南重郷(戸次重幸)の刀を調べよ」と命じる。

村瀬正資(尾美としのり)が角南重郷(戸次重幸)の刀を調べ、徳川家光(多部未華子)に「脇差しに血くもりがございます」と報告した。

怒った徳川家光(多部未華子)は「手打ちにしてくれる」と言い、刀を抜いて角南重郷(戸次重幸)に斬りかかったが、万里小路有功(堺雅人)が「お待ちください」と言い、立ちはだかった。

徳川家光(多部未華子)は「どけい。お前も切るぞ」と刀を振り上げたが、春日局(麻生祐未)が「このような者を切ったとて、刀の汚れになるだけ」と言い、徳川家光(多部未華子)から刀を取り上げた。

そして、春日局(麻生祐未)は角南重郷(戸次重幸)に「分かっておろうな」と命じた。

その日の夜、角南重郷(戸次重幸)は白装束に身をまとい、自室で切腹をして死んだ。

翌日、角南重郷(戸次重幸)の棺桶が運び出されると、それを見送っていた玉栄(田中聖)はほくそ笑んだ。

その日、玉栄(田中聖)が台所へ行くと、みんなが「お前の所の旦那は、いきなり素振りを1000回やったんだってな。澤村(内藤剛志)様は厳しくて、みんな数をごまかしてるんだぞ」と万里小路有功(堺雅人)の事を褒め称えた。

気分を良くした玉栄(田中聖)は「詰め腹を切らされた角南(戸次重幸)様は、お手討ちになるところを、有功(堺雅人)様が上様をお諫めしたから、面子を保って切腹できたんや」と自慢した。

それを聞いたみんなは驚き、万里小路有功(堺雅人)の株価はうなぎ登りになり、噂は大奥中に広まるのであった。

大奥-第3話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイト大奥-第3話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。