スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドラマ「高校入試」の第4話のあらすじとネタバレ

南沢奈央が出演する湊かなえドラマ「高校入試」の第4話のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


第3話のあらすじは『ドラマ「高校入試」の第3話のあらすじとネタバレ』をご覧ください。

ドラマ「高校入試」の原作や主題歌については『ドラマ「高校入試」の原作や主題歌』をご覧ください。

■高校入試-第4話のあらすじ
滝本みどり(南沢奈央)が入試情報が流出しているインターネット掲示板を発見し、職員室は騒動となる。

春山杏子(長澤まさみ)が荻野正夫(斉木しげる)を呼びに行くと、受験生・沢村翔太(清水尋也)が入試本部(校長室)の前でウロウロしていた。

春山杏子(長澤まさみ)が「どうしたの?」と声をかけると、沢村翔太(清水尋也)は「腹痛の薬が欲しくて」と答えたため、春山杏子(長澤まさみ)は「保健室はあっちよ」と教えた。

その後、春山杏子(長澤まさみ)が職員室でお弁当を食べていると、荻野正夫(斉木しげる)がインターネット掲示板について検討した結果を報告しにきた。

検討の結果は、「コメントが非常に曖昧で、本校を対象にしたものではない、と判断した。試験問題の流出については、本校は受験生から携帯電話を回収している点から、なんら問題は無い。各自、よりいっそうの注意を払うように」とのことであった。

その後、相田清孝(中尾明慶)の携帯電話が鳴る。相田清孝(中尾明慶)は受信したメールを読むと、「ヤバイよ」と言い、職員室を出て行った。

相田清孝(中尾明慶)がバレー部の部室へ行くと、石川衣里名(山崎紘菜)が待っていた。石川衣里名(山崎紘菜)は誕生日に会いたくて、受験生に紛れて堂々と校内に入っていたという。

相田清孝(中尾明慶)が「全然、懲りてないんだな」と呆れると、石川衣里名(山崎紘菜)は「あの時、みたいに助けて欲しくてここに来たの」と泣き出した。

一方、職員室で昼食を終えた春山杏子(長澤まさみ)は、隣の席に座っている宮下輝明(小松利昌)に「上の役職を狙う人が保守的になるのは分かりますが、校長までどうして保守的なんですか」と尋ねた。

宮下輝明(小松利昌)は「あまい。校長が最終じゃないんだよ。定年後の楽で儲かる役職を狙ってるの。簡単に言えば天下り。それに、保守的になるのは上を目指している奴だけじゃない」と言い、教師の人事異動について教えた。

教師の採用は校長に権限があり、人事異動は各学校の校長同士が教師をトレードどするようなもので、名門の橘第一高校は特に人気が高いのだという。

ただ、最初に赴任した学校には最低4年は勤務する決まりになっているため、春山杏子(長澤まさみ)が飛ばされる心配は無かった。

宮下輝明(小松利昌)は「ゴメン、ゴメン。帰国子女の杏子(長澤まさみ)ちゃんに、こんな仕組みを教え無ければ良かったかもな」と笑う。

帰国子女と言われた春山杏子(長澤まさみ)は、男性に「どうして責任を負わなければならないの」と尋ねたとき、「帰国子女の君には分からないよ」と言われた時の事を思い出していた。

その後、4時間目の試験「理科」が始まる。滝本みどり(南沢奈央)はインターネット掲示板の書き込みをチェックするが、特に理科の問題が流出している様子はなかった。

滝本みどり(南沢奈央)がお茶を入れようとすると、弁当が1つ残っているのに気付いた。チェック表を確認すると、松島崇史(羽場裕一)の弁当だった。

滝本みどり(南沢奈央)は、保護者の世話をしている松島崇史(羽場裕一)に弁当を届けて、職員室へ戻ってくると、知らない男性(倉貫匡弘)が入試問題を見ていた。

滝本みどり(南沢奈央)が「あのー」と声をかけると、男性(倉貫匡弘)は「太陽ツーリストの徳原と言います。春山先生(長澤まさみ)に緊急で渡さなければならない物がありまして」と答えた。

滝本みどり(南沢奈央)は「もしかして、ゴールドカードを再発行してもらえたんですか。優ちゃんって男性だったんですね」と言い、徳原優介(倉貫匡弘)からゴールドカードを受け取った。

一方、試験会場2では、テスト中に生徒が「この実験は文部科学省が『危険だから中止するように』と通達があったはずですが、問題にだしていいのですか」と質問した。

水野文昭(阪田マサノブ)は「文部科学省の通達なら条件は同じです。それに、座学で十分に解ける問題です」と答え、大きな問題には発展しなかった。

その後、理科の試験が終わり、春山杏子(長澤まさみ)が解答用紙を入試本部へ持って行くとき、校門を出る徳原優介(倉貫匡弘)を見かけた。

入試本部へ理科の解答用紙を届けた春山杏子(長澤まさみ)は、5時間目の試験「英語」の問題用紙と解答用紙を数えると、解答用紙が1枚足りないため、予備の封筒から解答用紙1枚を補充した。

その後、英語の試験が始まり、荻野正夫(斉木しげる)が職員室に入試の問題を届けに来る。

英語の問題に滝本みどり(南沢奈央)が顔をしかめていると、荻野正夫(斉木しげる)は「シェークスピアですね」と教えた。

滝本みどり(南沢奈央)は「凄い、荻野先生(斉木しげる)は情報処理の先生なのに」と驚くと、荻野正夫(斉木しげる)は「パソコンが仕えるので資格を取りましたが、元は英語を担当してたんですよ」と教えた。

湊かなえドラマ「高校入試」の第4話のあらすじとネタバレの後編』へ続く。

コメント

スポンサーサイトドラマ「高校入試」の第4話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。