スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PRICELESS(プライスレス)第2話のあらすじとネタバレ

木村拓哉が出演するフジテレビの貧乏ドラマ「PRICELESS(プライスレス)あるわけねえだろ、んなもん」の第2話「貧乏って弱いの?」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


第1話のあらすじは『木村拓哉のドラマ「プライスレス」のあらすじとネタバレ』をご覧ください。

原作や主題歌については『ドラマ「PRICELESS(プライスレス)」の原作と主題歌』をご覧ください。

■PRICELESS(プライスレス)-第2話のあらすじ
屋台の的当てに挑戦する金田一二三男(木村拓哉)は、ブルドーザーのオモチャをめがけて、北別府のサインボールを投げた。

ボールはブルドーザーに当たったが、ブルドーザーは落ちずに、隣のキャラメルが落ちた。

鞠丘貫太(前田旺志郎)が「馬鹿だな。大切なボールじゃねーのか。ビール代の300円も使っちゃって」と呆れると、金田一二三男(木村拓哉)は「大切じゃねーよ。元気を出せ。これをやるから」と言い、キャラメルに付いていた戦国フィギアを渡した。

鞠丘両太(田中奏生)は「誰これ?」と尋ねると、金田一二三男(木村拓哉)は「しらねーよ、信長じゃないの?」と答えた。

金田一二三男(木村拓哉)らがアパート「幸福荘」に戻ると、入り口のところで、1号室の住人・豪田武雄(酒井敏也)が「貧困の相が出ている。しかし、貴女の窮地を救う幸運の女神の到来が予想されますな」と占った。

翌日、鞠丘貫太(前田旺志郎)は金田一二三男(木村拓哉)を連れて縁日が終わった神社へ行く。鞠丘貫太(前田旺志郎)は「本当の祭りは、屋台の終わった翌日だ」と言い、木の葉をかき分けると、地面からお金が出てきた。

ビール代にはほど遠いが、いくらかのお金を拾って神社を出て街を歩いていると、アンケートのおばちゃんを発見した鞠丘貫太(前田旺志郎)が「金田一(木村拓哉)、喜べ、幸運の女神だ」と教えた。

アンケートのおばちゃんに付いていき、30分くらいのアンケートに答えると、謝礼として図書カード500円分が貰える。図書カードを金券ショップで換金するとお金になるのだという。

その後、金券ショップから出てきた金田一二三男(木村拓哉)は、「最初から教えろよ」と愚痴ると、鞠丘貫太(前田旺志郎)は「甘いな。毎日やってるわけじゃないからな」と教えた。

金田一二三男(木村拓哉)らがアパート「幸福荘」へ戻ると、玄関で経理の二階堂彩矢(香里奈)が待っていた。

二階堂彩矢(香里奈)は金田一二三男(木村拓哉)に用件を伝えようとするが、鞠丘貫太(前田旺志郎)らが投げて遊んでいる戦国フィギアが気になってしょうがない。

戦国フィギアがこちらに飛んでくると、金田一二三男(木村拓哉)が「向こうで遊んでくれ。気に入ってるんじゃねーかよ。この信長」と注意する。

すると、二階堂彩矢(香里奈)は「信長じゃなくて、山中鹿介幸盛です」と指摘した。

子供達が向こうへ行くと、二階堂彩矢(香里奈)は本題に入り、「9月10日に大阪タウンビジネスホテルに宿泊しましたか」と尋ねた。

金田一二三男(木村拓哉)は「泊まってますね。タクシーの運ちゃんと『牛タンの日ですね』って話ししたのを覚えてます」と答えた。

二階堂彩矢(香里奈)は「それは、おかしい。その日、貴方は本社に居たはずです。でなければ、専務の部屋に忍び込んで情報を盗むことが出来ない。経費を不正に得るために、話しをでっち上げたんじゃないですか」と指摘した。

金田一二三男(木村拓哉)は「来た。幸運の女神。二階堂さん(香里奈)は、俺が大阪へ行ったことをどうやって知ったの?」と尋ねると、二階堂彩矢(香里奈)は「領収書です」と答えた。

金田一二三男(木村拓哉)は「情報漏洩の方が嘘なの。これで俺の無実が証明出来る」と喜び、2人は出張を指示した上司・模合謙吾(中井貴一)に会いに行った。

しかし、上司の模合謙吾(中井貴一)は存在感が無いため、金田一二三男(木村拓哉)は模合謙吾(中井貴一)に気づくことが出来ず、会社の中を探し回る。

すると、ロビーで専務・財前修(イッセー尾形)に「なぜ、君がここに居る」と呼び止められた。

財前修(イッセー尾形)は社長・屋敷統一郎(藤木直人)に「社長、こいつが情報漏洩で懲戒解雇になった金田一二三男(木村拓哉)です」と教える。

金田一二三男(木村拓哉)が「社長さんですか。その日、僕は大阪へ出張してたんです。領収書もちゃんと持ってます」と無実を訴えると、屋敷統一郎(藤木直人)は「それが本当なら、もう1度調査する必要がある。ただ、今日の所は帰りなさい」と命じた。

その後、帰宅した金田一二三男(木村拓哉)は、鞠丘貫太(前田旺志郎)らと公園へ行き、自動販売機の下でお金を拾っていると、恋人の広瀬瑤子(蓮佛美沙子)の声をかけられた。

金田一二三男(木村拓哉)は「この辺に取引先があるんだ」と誤魔化すが、広瀬瑤子(蓮佛美沙子)は会社をクビになっていた事を知っていた。

金田一二三男(木村拓哉)は「もうすぐ、会社に復帰できそうなんだ」と教えると、広瀬瑤子(蓮佛美沙子)は「良かった。流石に仕事の無い人と付き合い続けるガッツはないもん」と安堵した。

一方、二階堂彩矢(香里奈)は職場の机を探すが、金田一二三男(木村拓哉)のアリバイを証明するための領収書が無くなっていた。さらに、辞令を受けて社史編纂室へ移動となった。

二階堂彩矢(香里奈)が社史編纂室を訪れると、上司の倉内は「財前専務(イッセー尾形)ですか?貴方をここへ飛ばしたのは。次の社史編纂は18年後です」と教えた。

その後、二階堂彩矢(香里奈)は模合謙吾(中井貴一)の元を訪れ、「領収書が盗まれ、私は社史編纂室へ移動になりました」と報告すると、模合謙吾(中井貴一)は「そうきたか」とつぶやいた。

その後、二階堂彩矢(香里奈)は金田一二三男(木村拓哉)の元を訪れ、領収書が無くなり、社史編纂室へ移動になったことを報告する。
金田一二三男(木村拓哉)が「俺に巻き込まれたんじゃないの」と呆れると、二階堂彩矢(香里奈)は「模合さん(中井貴一)は何か知ってるんじゃないですか?私が移動になったことを伝えたとき、『そうきたか』って言ってました」話した。

すると、金田一二三男(木村拓哉)は「模合さん(中井貴一)と飲みに行くじゃん。会計の時にしれっと居なくなる。話しもつまらないし。でも、あの人は最後は正しい判断をする。あの人は間違わない」と教えた。

そのとき、存在感の無い模合謙吾(中井貴一)は、2人の話しを近くで聞いていた。

PRICELESS(プライスレス)第2話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイトPRICELESS(プライスレス)第2話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。