スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大奥-誕生(有功・家光篇)第6話のあらすじとネタバレ

窪田正孝が出演するTBSの男女逆転ドラマ「大奥-誕生(有功・家光篇)」の第6話「あなたは母になり、強くなり美しくなった」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


第5話のあらすじは「大奥-誕生(有功・家光篇)第5話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「大奥」の原作や主題歌については『大奥-誕生(有功・家光篇)の原作と主題歌』をご覧ください。

■大奥-第6話のあらすじ
徳川家光(多部未華子)は、万里小路有功(堺雅人)の代わりに大奥へ入った捨蔵(窪田正孝)を抱き、娘を出産した。

3代将軍・徳川家光が死んでいる事を隠蔽しているうえ、生まれたのが女児だったため、女児の誕生は大奥だけで内々に祝うことになった。

松平信綱(段田安則)ら6人衆が祝いの言葉を述べると、徳川家光(多部未華子)は「赤面疱瘡(あかづらほうそう)は、まだ治まらぬのか。男手が無くなり、年貢も納められなくなれば、逃げ出す農民も居るであろう」と尋ねた。

松平信綱(段田安則)が「今年は幸い、豊作でしたゆえ。ただ、贅沢をせぬよう触れを出そうと思っております」と答えると、徳川家光(多部未華子)は「田畑の売買を禁じるのも手か。田畑を打って逃げ出さぬようにな」と告げた。

松平信綱(段田安則)が徳川家光(多部未華子)の政治の才能に言葉を失うと、徳川家光(多部未華子)は「私は子供を作ることだけに専念すればよいのじゃな。許せ。子を持つと、我が子が長じた時の事が気になってくるのだ」と詫びた。

その後、松平信綱(段田安則)は6人衆と集まり、「上様が男手在られたらな。惜しい事じゃ。それに生まれたのも、姫様ではなく、若君であったなら」と話し合う。

すると、6人衆の1人が、「若君でも1人では安心できん。何と言っても赤面疱瘡(あかづらほうそう)」と告げると、6人衆の1人が「それがしも3男坊を無くしましてな。このままでは、お取りつぶしになる大名もでるかもしれない」と答えた。

みんなは「女を跡取りにするわけにも行かないしな」と笑うが、松平信綱(段田安則)だけは神妙な顔つきをしていた。

その日、松平信綱(段田安則)が帰宅すると、娘「しず(小澤美和)」が「お帰りなさいませ」と挨拶に来た。

松平信綱(段田安則)は「日に日に、男か女か分からなくなっていくな」と嘆くと、妻(生稲晃子)は「しず(小澤美和)を亡き輝綱の身代わりとされたのは、殿様(段田安則)ではございませぬか」と怒った。

翌日、徳川家光(多部未華子)は「そなたは千代姫の父。父親が『捨蔵』では縁起が悪い。そうじゃな。そなたは『お楽』と改めよう。のんき者のソナタにはふさわしい」と言い、捨蔵(窪田正孝)に「お楽」と言う名前を与えた。

「お楽」という名前をもらった捨蔵(窪田正孝)が感激して喜んでいると、万里小路有功(堺雅人)がやってきたため、捨蔵(窪田正孝)は逃げるように部屋を出る。

捨蔵(窪田正孝)が部屋を出るとき、万里小路有功(堺雅人)が「捨蔵殿(窪田正孝)、私に気兼ねは無用じゃ。もっとゆっくりしても良いのだぞ」と告げた。

すると、捨蔵(窪田正孝)は「今日から、オイラの名前は『お楽』って言うんですよ。ありがたいことに、上様が付けてくださったんです」と教えた。

万里小路有功(堺雅人)が部屋に入ると、徳川家光(多部未華子)は人払いをして、万里小路有功(堺雅人)の指に指を絡めた。

一方、捨蔵(窪田正孝)が縁側で昼寝をしていると、春日局(麻生祐未)がやってきた。春日局(麻生祐未)は「この度は、誠におめでとうございます。私の目に狂いはなかった」と平伏した。

捨蔵(窪田正孝)が「あの…、春日局様」と言って平伏する春日局(麻生祐未)に戸惑うと、春日局(麻生祐未)は「春日とお呼びくださいませ。捨蔵様はもう『お腹様』と成られたゆえ。継ぎこそは必ず、姫ではなく、男の子をお頼み申します」と額を床に付けた。

春日局(麻生祐未)が立ち去ると、捨蔵(窪田正孝)は「オイラは将軍家の姫君の父親だ。お腹様だ」と喜んでいると、庭に成っている柿が目に付いた。

捨蔵(窪田正孝)は庭に下りると、ジャンプして柿をもぎ取るが、体勢を崩して転倒し、地面の石に頭を打ち付けてしまった。

その後、澤村伝右衛門(内藤剛志)から報告を受けた春日局(麻生祐未)は「なんでそのようなことを。容態は?」と尋ねると、澤村伝右衛門(内藤剛志)は「半身に麻痺が残り、ものの役には立たないと」と報告した。

一方、万里小路有功(堺雅人)は捨蔵(窪田正孝)を見舞った後、村瀬正資(尾美としのり)に「お楽様(窪田正孝)の部屋子を2人に増やしてやってくれ。あの様子では、付きっきりで世話をする者が必要じゃ」と頼んだ。

話を聞いていた玉栄(田中聖)は「今回のことで胸がスッとした。お楽様(窪田正孝)の事は気の毒やと思いますけど、春日局(麻生祐未)もこれで大人しくなるでしょう。有功様(堺雅人)意外に上様のお相手はつとまりません」と喜んだ。

大奥-誕生(有功・家光篇)第6話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイト大奥-誕生(有功・家光篇)第6話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。