スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


西山潤が死去

西山潤が出演するTBSの男女逆転ドラマ「大奥-誕生(有功・家光篇)」の第8話「春日局死す、初の女将軍誕生」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「大奥-第8話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■大奥-第8話のあらすじ後編
その年、赤面疱瘡によって男子の数はさらに減っていた。稲葉家では、家督を相続したばかりの稲葉正則(西山潤)が赤面疱瘡にかかって死んでしまう。

家臣が稲葉正則(西山潤)の死を悲しむなか、母・雪(南沢奈央)は「昨日から考えておりました。稲葉家を救うにはこれしかありません」と言い、男装させた娘・野乃に家督を継がせることにした。

一方、大奥では6人衆が赤面疱瘡の対策について話し合っていると、松平信綱(段田安則)は「今しかござらぬ」と提案した。他のメンバーも松平信綱(段田安則)の提案に同意する。

他方、病床の春日局(麻生祐未)は村瀬正資(尾美としのり)を呼び、「正資は私に大奥での出来事を報告するために、覚え書きをしておったな。その日記を私の亡き後も続けるよう。この国が、徳川家がどうなっていくか、最後まで見届けるのじゃ」と命じた。

村瀬正資(尾美としのり)が退室すると、春日局(麻生祐未)は万里小路有功(堺雅人)に、「将軍家が栄えれば、戦が無くなるのです。戦が無くなれば、平和な世の中になるのです」と言い、これまでの無礼を詫びた。

万里小路有功(堺雅人)は「恨みませぬ。それどころか、感謝しています。今の私は、病や貧しさに苦しむ人々の心が分ります。これこそが、私が求めていた道であったのかもしれません」と話した。

すると、春日局(麻生祐未)は布団を出て土下座し、「有功殿(堺雅人)、私が死んだ後、上様とこの大奥のこと、お頼み申します。貴方こそ、それにふさわしい。どうか、どうか…」と頭を下げた。

万里小路有功(堺雅人)は「もとより承知しております。この有功(堺雅人)は命が果てるまで、大奥で上様にお仕えいたす所存」と答え、春日局(麻生祐未)を布団に寝かせた。

その後、眠りに就いた春日局(麻生祐未)は、徳川家の乳母になることを決めた時の事を、夢で見ていた。

春日局(麻生祐未)は幼い稲葉正勝(平山浩行)と乳飲み子を置いて、単身で江戸へ行き、将軍家の乳母になろうとしていた。

すると、稲葉正勝(平山浩行)は「母上、私も江戸へ参ります。生まれる子がお世継ぎであれば、私が専従となりましょう。さすれば、少しは母上のお役に立てましょうか」と言い、春日局(麻生祐未)と一緒に江戸へ行くことを決めたのであった。

春日局(麻生祐未)が目覚めると、枕元に稲葉正勝(平山浩行)と徳川家光(多部未華子)が座っていた。

春日局(麻生祐未)は稲葉正勝(平山浩行)に気付くと、「何をしておる。赤面疱瘡で江戸の町は荒れ果ててあろう。早う6人衆の元へ参れ」と命じた。

すると、徳川家光(多部未華子)が「何も案じるでない。もう、何も申すな」と諭すと、春日局(麻生祐未)は「上様、時が参りました。お別れの時が」と告げた。

徳川家光(多部未華子)は「許さぬ。そなたは、ずっと私の側に」と命じたが、春日局(麻生祐未)は「このまま逝かせてください」と言い、目を閉じた。

徳川家光(多部未華子)が春日局(麻生祐未)に寄り添って泣き崩れるなか、春日局(麻生祐未)は65歳で生涯を閉じた。

翌日、万里小路有功(堺雅人)は大奥の男を集め、1人1人に大奥での仕事を割り当て、それぞれに役職名を付けていった。

万里小路有功(堺雅人)は、春日局(麻生祐未)に日記の作成を命じられた村瀬正資(尾美としのり)に、大奥での文章を作成する仕事を割り当て、その役職を「御右筆」と名付けた。

こうして、村瀬正資(尾美としのり)は、江戸城の大奥で起きた出来事を記録する「没日録(ぼつじつき)」を書き続けることになった。

ある日、諸大名が江戸城へ集められた。稲葉正勝(平山浩行)が諸大名に「これより上様より、お言葉がある。心して聞かれよ」と告げると、簾が上がり、徳川家光(多部未華子)が現れた。

徳川家光(多部未華子)は諸大名に向かって、「よう聞け。父、3代将軍・家光は10年前にこの世を去られた。ワシは父上の名代として、この名を借りているに過ぎぬ。あくまでもこれは、男子の人口が増え、男子が家督を継ぐまでも仮の措置。よって、ワシは父上の名である3代将軍・家光の名を継ぐことにする」と宣言した。

そして、徳川家光(多部未華子)は「ワシは徳川の世を永久に繋ぐために生まれてきた人柱である。万が一、このまま男子が減り続け、この世が滅ぶというのであれば、ワシも滅びるまでのこと。誰か、依存があるかえ」と問うた。

誰も声を挙げる者はおらず、諸大名はみな、女将軍・徳川家光(多部未華子)に平伏したのであった。

第8話の感想は「麻生祐未が死去」をご覧ください。

ドラマ「大奥」の登場人物のモデルは「よしながふみ「大奥」で実在するモデルのまとめ」をご覧ください。

ドラマ「大奥」の原作や主題歌については『大奥-誕生(有功・家光篇)の原作と主題歌』をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト西山潤が死去へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。