スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


大奥-第9話のあらすじとネタバレ

多部未華子が出演するTBSの男女逆転ドラマ「大奥-誕生(有功・家光篇)」の第9話「あなたの身も心も私のものに」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


第8話のあらすじは「大奥-第8話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「大奥」の原作や主題歌については『大奥-誕生(有功・家光篇)の原作と主題歌』をご覧ください。

■大奥-第9話のあらすじとネタバレ
春日局(麻生祐未)の死後、徳川家光(多部未華子)は江戸城に大名を集め、女将軍への就任を宣言し、女性の家督相続を認めた。

これまで秘密にされていた徳川家光(多部未華子)は、公の存在となると、これまでは影武者役の稲葉正勝(平山浩行)が行っていた公務をすることとなり、激務に追われるようになる。

一方、頭巾を被って、死んだ徳川家光の影武者となっていた稲葉正勝(平山浩行)は、お役御免となっていた。

ある日の夜、澤村伝右衛門(内藤剛志)は酒を持って稲葉正勝(平山浩行)の部屋を訪れ、「長い間、ご苦労でございました」と、稲葉正勝(平山浩行)の事を労った。

澤村伝右衛門(内藤剛志)は酒を飲みながら、「この頃、しきりに、あの時のことを思い出します。あのお方をさらった時のことでござる。今思えば、ようも、あのような事をやってのけたことだ」と話した。

稲葉正勝(平山浩行)は「あの母上、春日局(麻生祐未)でなければ、あのような荒技はやりますまい。さらに、家光公の死を隠し、息子に影武者をやらせるなど」と答えた。

すると、澤村伝右衛門(内藤剛志)は正座をして、「有功様(堺雅人)からの伝言があります。どうかこの先も、上様の行く先を見守ってくださいますよう、と」と告げた。

稲葉正勝(平山浩行)は「死ぬな、ということでございますな」と答えた。

翌年の正月、諸大名は江戸城に登場し、徳川家光(多部未華子)に元日の挨拶を行う。

年始御礼義が終わり、松平信綱(段田安則)が廊下を歩いていると、稲葉正則(山本舞香)が「新年明けましておめでとうございます。稲葉美濃守正則でございます」と挨拶した。

松平信綱(段田安則)は「正勝殿(平山浩行)の娘子か。立派になられた。兄上に代わり、家督を継いだと聞いた。正勝殿も…。いや、亡き正勝殿も草葉の陰でお喜びであろう」と答えた。

その後、稲葉正則(山本舞香)が帰宅すると、雪(南沢奈央)は稲葉正勝(平山浩行)のことについて尋ねた。

稲葉正則(山本舞香)が、松平信綱(段田安則)から「亡き正勝殿も草葉の陰でお喜びであろう」と言われたことを話すと、雪(南沢奈央)は「まだそのようなことを。女の公方様となった今、正勝様(平山浩行)が家光公の影武者であった事は、誰の目から見ても明らかであるのに」と悔しがった。

すると、稲葉正則(山本舞香)は「もう、父上のことはお忘れなさいませ。父上はお婆様・春日局(麻生祐未)に無理強いされたのではなく、徳川の家の御為、喜んで影武者に成られたのではございませぬか」と話した。

雪(南沢奈央)はうなだれながらも、「分りました。当主であるそなたが、そう思うなら。ただ、母はあのような別れをしたのが悔やまれてならないのです」と答えた。

雪(南沢奈央)は稲葉正勝(平山浩行)を送り出した日、つまらないことで喧嘩したのだという。

そして、雪(南沢奈央)は「殿(平山浩行)が『上様の影となるぞ』と打ち明けてくださいましたなら、笑顔でお別れしたものを」と悔やんだ。

ある日、公務に取り組む徳川家光(多部未華子)は、幕府の財政難を解決するため、万里小路有功(堺雅人)に大奥の男100人の口減らし(リストラ)を命じた。

万里小路有功(堺雅人)は「では、その者には十分な暇金を与えます」と口減らしを引き受けるが、徳川家光(多部未華子)は「ならぬ。幕府に余分な金は無いのじゃ」と禁じた。

そして、徳川家光(多部未華子)は「その者らには役目がある。とても大事な」と言い、話し始めた。

徳川家光(多部未華子)はお忍びで町を視察したさい、若い男は信じられないほど高額で売られており、女達は子が欲しくても男が居らずに困っていた。にもかかわらず、頼りの吉原には健康な男は1人も居ない。

徳川家光(多部未華子)は「このままでは子が出来ず、この国が滅びるであろう」と言い、口減らしをした大奥の男を吉原に監禁し、男が逃げ出さぬよう、腕の立つものを監視役に付けるように命じた。

さらに、徳川家光(多部未華子)は「女将軍が立つことがあれば、女将軍と最初にちぎりを結ぶものは大奥から選ぶこと。そして、その者は必ず内々に死罪といたせ」と命じた。

初めてちぎりを結ぶものは女将軍の体を傷つける事と成る。一瞬でも将軍の上に立つことは認めない。それが、徳川の威光を守ることになるのだという。

万里小路有功(堺雅人)が「仰せのままに。では、その方を『御内証の方』と呼ぶように致しましょう」と答えると、徳川家光(多部未華子)は「そなた、変わったな」と告げた。

そして、徳川家光(多部未華子)は「6人衆と同じく、もはや将軍となったワシを諫めることは出来ぬと申すか。みな『御意』と答える。将軍とはつまらぬものだな」と話した。

万里小路有功(堺雅人)は「それは異を唱える必要がないからでしょう。今よりも大奥の春日殿で息を潜めて一生をお暮らしになる方が良かったとでも?」と尋ねた。

徳川家光(多部未華子)は「そうではない。ただ、何かを失った気がするのじゃ。ワシにとってかけがえのない者であった。分らぬか?そなたじゃ。いつでも有功(堺雅人)が一緒に死んでくれると思っていたからこそ、子を産み、生きてこれたのじゃ」と弱音を漏らした。

すると、万里小路有功(堺雅人)は「上様。1つだけ申し上げておきます。上様のお立場がいかに変わられようと、私の心はあの頃と少しも変わりません」と告げた。

徳川家光(多部未華子)は「まことか?有功(堺雅人)」と尋ねたが、万里小路有功(堺雅人)は何も答えなかった。

大奥-第9話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイト大奥-第9話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。