スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


万里小路有功が大奥総取締役に就任した経緯

平山浩行が出演するTBSの男女逆転ドラマ「大奥-誕生(有功・家光篇)」の第9話「あなたの身も心も私のものに」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「大奥-第9話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■大奥-第9話のあらすじ後編
ある日、万里小路有功(堺雅人)の部屋に稲葉正勝(平山浩行)がやってきた。稲葉正勝(平山浩行)は「上様が、今宵の夜とぎに有功様(堺雅人)をと」と告げた。

その日の夜、万里小路有功(堺雅人)は白装束を着て夜とぎの準備をしていたが、再び稲葉正勝(平山浩行)が来て「上様の体調が優れず、今宵の夜とぎは…」と告げた。

万里小路有功(堺雅人)は「承知いたしました。くれぐれもお大事になさるよう、お伝えくださいませ」と答えると、稲葉正勝(平山浩行)は戸惑いながらも「いずれは分ること。申し上げます。おそらく、ご懐妊であろうと」と告げた。

時は流れる。徳川家光(多部未華子)は長子・千代姫から遅れること3年、2人目を身ごもり、翌年6月に難産の末、姫君・ながこを出産した。父親はお夏(市川知宏)であった。

お玉の方(田中聖)は「お夏(市川知宏)め。お楽の方様(窪田正孝)が亡くなったのをいいことに、千代姫をないがしろにし、すっかり将軍の父親きどりでいる」と怒りを露にした。

万里小路有功(堺雅人)が諫めると、お玉の方(田中聖)は「申し訳ございません。有功様の代わりに上様のお側に上がった私ですのに、未だに1人も。お夏の方(市川知宏)に先を越されました。次こそはお子を成しますので、今少しお待ちくださいませ」と頭を下げた。

ある日、稲葉正勝(平山浩行)が万里小路有功(堺雅人)の元を訪れ、「上様が、今宵の夜とぎに有功様(堺雅人)をということです」と告げた。

その日の夜、万里小路有功(堺雅人)が徳川家光(多部未華子)の寝室へ上がると、徳川家光(多部未華子)は「世継ぎは産んだ。もう誰も文句は言うまい」と言い、万里小路有功(堺雅人)に抱きついて喜んだ。

しかし、万里小路有功(堺雅人)は、そっと徳川家光(多部未華子)の腕を解くと、平身低頭して「上様、どうかお願いでございます。今後一切のおしとねを辞退させてくださいませ」と頼んだ。

徳川家光(多部未華子)は「何人もの男で汚れたワシの体はもう抱きとうないのか」と嘆くと、万里小路有功(堺雅人)は「違います。私は怖いのです。上様のお心という、いつ変わるとも知れぬものにすがって生きていくのが」と答えた。

徳川家光(多部未華子)は「何を馬鹿な。ワシを信じられぬのか?信じてくれぬのか?ワシの心はソナタだけのものじゃ」と、万里小路有功(堺雅人)にすがった。

万里小路有功(堺雅人)は「私は子を成すことができません。ですから、上様はこれからも側に男をお置きになることでしょう。ですが、私も男です。心だけやない。貴女の体も私だけのものにしなければ、我慢できへんのや」と涙を流した。

そして、万里小路有功(堺雅人)は「どうか、私を解き放ってくださいませ。男と女の業から解き放ってくださいませ」と頭を下げた。

徳川家光(多部未華子)は、「そうか…。分った、有功(堺雅人)。ソナタもワシも、なんと遠くまできてしまったことかの」と言い、涙を流した。

その後、徳川家光(多部未華子)が庭に出ると、心配した稲葉正勝(平山浩行)が追いかけてきた。

徳川家光(多部未華子)は「ワシは1人きりじゃ。もやはワシを叱る者も居らぬ。寄り添うて慰めてくれる者もおらぬ。将軍とはそういうものか。正勝(平山浩行)、そなたこそ辛い立場であったの」と話した。

稲葉正勝(平山浩行)は「全ては定めでございます。上様は生まれつき将軍となる器だったのでございます」と告げた。

徳川家光(多部未華子)は「ソナタの嫡男・正則(西山潤)が死んだのも定めか?」と尋ねると、稲葉正勝(平山浩行)は「定めでございます」と答えた。

すると、徳川家光(多部未華子)は「死ぬ事は許さん。ソナタは出家して、赤面疱瘡(あかづらほうそう)で死んだ正則(西山潤)の菩提を弔うのだ。それがソナタの定めと心得よ」と命じて立ち去った。

翌日、徳川家光(多部未華子)は大奥の男を集め、「春日局(麻生祐未)が亡くなって以来、空席となっていた大奥総取締であるが、再びこの役目を置くことにした」と宣言した。

徳川家光(多部未華子)の言葉を聞いていたお玉の方(田中聖)は、「お夏(市川知宏)め。大奥総取締を強請るとは」と臍をかむ。

しかし、徳川家光(多部未華子)は「この役目を万里小路有功(堺雅人)に授けることにする」と言い、万里小路有功(堺雅人)を呼び入れた。

みんなの前に現れた万里小路有功(堺雅人)は「大奥総取締・万里小路有功(堺雅人)である。みな改めて、よろしゅう頼む」と挨拶すると、大奥の男はひれ伏したのであった。

ドラマ・映画「大奥」の登場人物のモデルは「よしながふみ「大奥」で実在するモデルのまとめ」をご覧ください。

ドラマ「大奥」の原作や主題歌については『大奥-誕生(有功・家光篇)の原作と主題歌』をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト万里小路有功が大奥総取締役に就任した経緯へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。