スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


蓮佛美沙子が木村拓哉と破局

蓮佛美沙子が出演するフジテレビの魔法瓶ドラマ「PRICELESS(プライスレス)あるわけねえだろ、んなもん」の第8話のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


このページは「PRICELESS(プライスレス)-第8話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■プライスレス-第8話のあらすじ後編
接待の日、金田一二三男(木村拓哉)らはシン社長をレストランへ案内するが、受付で「予約は受けていません。本店をお間違えではないですか?」と言われてしまった。広瀬瑤子(蓮佛美沙子)の予約ミスだった。

本店へ行く時間が無く、金田一二三男(木村拓哉)らが次の店を探していると、シン社長が「金田一さんが一番美味しいと思っている店に連れて行ってください。私は料理には興味が無い。貴方に興味があります」と告げた。

少し考えた金田一二三男(木村拓哉)は、シン社長を公園の炊き出しに連れて行った。

炊き出しを手にしたシン社長が「これですか?」と尋ねると、金田一二三男(木村拓哉)は「俺にとっては特別なんです」と言い、会社をクビになり、家も希望も失ったときに炊き出しを食べて助けられた事を話した。

炊き出しを食べるシン社長は「私は貧乏な家に生まれ、家族はいつもお腹を空かせていました。ある日、屋台のおばさんがフーをご馳走してくれました。あの時の思い出は今も忘れません。この炊き出しは、懐かしくて暖かい。金田一さん、本当にありがとう」と喜んだ。

その日の夜、シン社長は日本一の料亭で大屋敷統一郎(藤木直人)の接待を受ける。

シン社長は「お昼は炊き出しを食べました。少なかったので助かります」と喜び、一流料亭の味に舌鼓を打った。

秘書として接待に加わっていた二階堂彩矢(香里奈)は、トイレに立ったイン社長に「炊き出しを食べさせた人って金田一って人ですよね」と尋ねた。

シン社長は「彼は変わってますね。でも、とても素晴らしい人だと思います」と話すと、二階堂彩矢(香里奈)は「よく知ってます」と笑った。

一方、広瀬瑤子(蓮佛美沙子)は父・広瀬遼一(草刈正雄)に「彼のことがもっと好きになった。より好きになった事で、色んな事を知るようになった。彼の心の中には別の人が居るということも。でも後悔はしていない」と話した。

翌日、財前修(イッセー尾形)が社長室に飛び込んできた。財前修(イッセー尾形)は大屋敷統一郎(藤木直人)に「裏情報を入手しました。シン社長が業務提携先を決めました。ハピネス魔法瓶です」と報告した。

すると、大屋敷統一郎(藤木直人)は国会議員に電話して、ハピネス魔法瓶との業務提携に圧力をかけるように頼んだ。

その後、シン社長はハピネス魔法瓶を訪れ、金田一二三男(木村拓哉)に「私の力不足でした。本当は貴方たちと仕事がしたかった」と謝罪した。

模合謙吾(中井貴一)は「ビジネスの世界には色々とありますから、諦めます」と答えた。金田一二三男(木村拓哉)も「お土産に持って行ってください」と言い、シン社長に究極の魔法瓶を渡した。

そのころ、社長室に怒鳴り込んできた二階堂彩矢(香里奈)は「裏工作でひっくり返したんですか」と言い、大屋敷統一郎(藤木直人)に文句を言っていた。

そして、二階堂彩矢(香里奈)は「経営者としては社長のやり方が正しいのかもしれません。でも、私はやっぱり、あの人のやり方が好きです。短い間ですが、お世話になりました」と言い、社員証を置いて立ち去った。

その日、金田一二三男(木村拓哉)は広瀬遼一(草刈正雄)の元を訪れ、「申し訳ありませんでした。チャンスを頂いたのに」と報告すると、広瀬遼一(草刈正雄)は「気にすることはない。向こうも貴方と仕事をしたがっていた」と答えた。

そこで、電話が鳴る。広瀬遼一(草刈正雄)は所用で退室し、金田一二三男(木村拓哉)と広瀬瑤子(蓮佛美沙子)が2人きりになる。

すると、広瀬瑤子(蓮佛美沙子)は「4畳半に3人で住んでいるような二三君なんて無理。私はエリートでちゃんとした人を探すから。それに二三君が一番よく分っているでしょ。これから行くべき所」と言い、別れを切り出した。

金田一二三男(木村拓哉)は広瀬瑤子(蓮佛美沙子)に「ありがとう」と言い、部屋を出て行った。

その後、広瀬遼一(草刈正雄)が戻ってくると、広瀬瑤子(蓮佛美沙子)は「彼の事を振りました。嘘。振られたの」と報告した。

そして、広瀬瑤子(蓮佛美沙子)が「彼の会社はどうなるの?」と尋ねると、広瀬遼一(草刈正雄)は「安心しなさい。それにしても不思議な男だ。振ったばかりの相手にこんな事を言わせるなんて」と関心した。

一方、金田一二三男(木村拓哉)は路上で二階堂彩矢(香里奈)と出会っていた。

金田一二三男(木村拓哉)が「あんまり居ないんじゃないの?同じ会社を2回もクビになった人」と告げると、二階堂彩矢(香里奈)は「今回は違います。自分から辞めたから」と答えた。

金田一二三男(木村拓哉)が「飯、行く?」と誘うと、二階堂彩矢(香里奈)は「どうせホットドッグでしょ」と答え、2人は一緒に歩き出した。

翌日、金田一二三男(木村拓哉)は二階堂彩矢(香里奈)をハピネス魔法瓶の新事務所にへ連れて行く。

新事務所に入って驚いた二階堂彩矢(香里奈)は、「何なんですか、無駄の巣窟みたいなオフィスは。貧乏企業が備品にこれだけお金をかけるなんて許されませんよ。これからは私がキッチリと締めます」と宣言した。

そして、二階堂彩矢(香里奈)が「これは必要無い」と次々と無駄を指摘していくと、1組の机に気付いた。

金田一二三男(木村拓哉)が二階堂彩矢(香里奈)の机だと教えると、二階堂彩矢(香里奈)は「これは、このままでいいですね」と涙ぐんだ。

金田一二三男(木村拓哉)が「お帰り」と告げると、二階堂彩矢(香里奈)は「ただいま」と言い、椅子の座り心地を噛み締めた。

一方、財前修(イッセー尾形)は大屋敷統一郎(藤木直人)に「ハピネス魔法瓶を潰す方法を思いつきました。魔法瓶そのものですよ」と報告したのであった。

原作や主題歌については『ドラマ「PRICELESS(プライスレス)」の原作と主題歌』をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト蓮佛美沙子が木村拓哉と破局へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。