スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


PRICELESS(プライスレス)第9話のあらすじとネタバレ

木村拓哉が出演するフジテレビの魔法瓶ドラマ「PRICELESS(プライスレス)あるわけねえだろ、んなもん」の第9話「最後の戦い、それぞれの思い」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


第8話のあらすじは「PRICELESS(プライスレス)-第8話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

原作や主題歌については『ドラマ「PRICELESS(プライスレス)」の原作と主題歌』をご覧ください。

■プライスレス-第9話のあらすじ
金田一二三男(木村拓哉)は広瀬遼一(草刈正雄)から融資を受けて事業を盛り返していた。究極の魔法瓶は飛ぶように売れ、ハピネス魔法瓶はビルに事務所を移転していた。

金田一二三男(木村拓哉)が広瀬遼一(草刈正雄)に挨拶に行くと、広瀬遼一(草刈正雄)は「瑤子(蓮佛美沙子)に聞いたんだけど、君は広島ファンなんだって」と尋ねた。

金田一二三男(木村拓哉)は「オヤジがファンだったんです。オヤジには1回しか会ったことがなくて、そのとき、野球を見て、オヤジが北別府のサインボールを貰ってくれたんです」と話した。

一方、大屋敷統一郎(藤木直人)は財前修(イッセー尾形)に、ハピネス魔法瓶をたたきつぶすように命じた。

ある日の朝、金田一二三男(木村拓哉)がアパート「幸福荘」で朝食を食べていると、男が尋ねてきた。男はミラクル・エレクトロニクスの顧問弁護士だという。

男は金田一二三男(木村拓哉)は「今日は特許権侵害に対してお話に伺いました。究極の魔法瓶の技術はミラクル・エレクトロニクスが所有しています。貴方にあの魔法瓶を取り扱う権利はありません」と言い、裁判を起こすことを伝えた。

その後、知らせを聞いた辻(志賀廣太郎)が驚くと、模合謙吾(中井貴一)は「ミラクルは辻さんが試作品を作った段階で、特許を申請していたようです」と説明した。

さらに、ミラクル・エレクトロニクスは買収話を持ちかけ、町工場を切り崩しにかかっているのだという。

やがて、究極の魔法瓶が販売差し止めになり、ハピネス魔法瓶は収入が断たれた。

そのようななか、金田一二三男(木村拓哉)は広瀬遼一(草刈正雄)に呼び出されてオフィスへ向かうと、大屋敷統一郎(藤木直人)もオフィスに来ていた。

広瀬遼一(草刈正雄)は特許権侵害の裁判について、仲裁しようとするが、大屋敷統一郎(藤木直人)は徹底的に戦うと言い、帰ってしまった。

金田一二三男(木村拓哉)は「すみません。せっかく、こういう場をもっていただいたのに」と謝ると、広瀬遼一(草刈正雄)は「いいんだ。ところで、君はどうしてミラクル魔法瓶に入ったんだね」と尋ねた。

金田一二三男(木村拓哉)は「就職氷河期の全盛で、ダメ元で受けた1社だったんです。それが最終面接までトントン拍子に進んで」と答えた。

広瀬遼一(草刈正雄)が「最終面接は誰が?」と尋ねると、金田一二三男(木村拓哉)は「大屋社長(中村敦夫)です」と答えた。

すると、広瀬遼一(草刈正雄)は、大屋敷巌(中村敦夫)から聞いた話を思い出した。

大屋敷巌(中村敦夫)は、妻以外の女性との間に子供が生まれていた事を知り、経済支援を申し出たが、断られていた。ただ、子供を野球に連れて行くことが出来た。

その試合が広島カープの試合で、大屋敷巌(中村敦夫)が北別府の三ボールを貰ったてあげたら、子供は「一生、広島カープを応援する」と喜んだのだという。

ある日、収入を断たれた金田一二三男(木村拓哉)らは、新事務所を引き払い、飲み屋「キングス・コート」の隣にある旧事務所へと移転した。

金田一二三男(木村拓哉)は「裁判で戦う」と宣言したが、模合謙吾(中井貴一)が諭した。裁判沙汰を抱えた工場と取引する会社は無く、工場は魔法瓶以外の仕事も途絶えているのだという。

そして、工場の事を考えて走り回っていた模合謙吾(中井貴一)は金田一二三男(木村拓哉)を諭すと、そのまま倒れ込んで入院してしまう。

PRICELESS(プライスレス)第9話のあらすじとネタバレの後半」へ続く。

コメント

スポンサーサイトPRICELESS(プライスレス)第9話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。