スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


高校入試-第12話のあらすじとネタバレ

山本圭が出演するフジテレビの入試妨害ドラマ「高校入試」の第12話のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


第11話のあらすじは「高校入試-第11話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「高校入試」の原作や主題歌については『ドラマ「高校入試」の原作や主題歌』をご覧ください。

■高校入試-第12話のあらすじ
入試本部で的場一郎(山本圭)が掲示板を見て教育現場の現状を嘆いていると、荻野正夫(斉木しげる)は「ぶっつぶしたいのは入試そのものではなく、採点の方法だとは考えられませんか?」と指摘した。

すると、的場一郎(山本圭)は「うちでも4年前に採点ミスが発覚し、処分を受けたが、合否には関係無かったじゃないか」と驚く。

荻野正夫(斉木しげる)が「本当にそうなんですか?」と尋ねると、的場一郎(山本圭)は「学校はそれほど守られた組織ではないよ。本当に合否がひっくり返っていたのなら、マスコミが調べて公表しているよ」と答えた。

そして、的場一郎(山本圭)は荻野正夫(斉木しげる)に「採点ミスに対する抗議ということは十分に考えられる。それなら、どんなに妨害を受けようと、公平にこちらのルールを通すまでだ」と言い、職員を集めるように命じた。

そのころ、応接室では村井祐志(篠田光亮)が熱弁を振るっていた。村井祐志(篠田光亮)は犯行に気付いていたが、入試制度が変わるかも知れないと思い、見守っていたのだという。

そして、村井祐志(篠田光亮)は春山杏子(長澤まさみ)を指さし、「一体何がしたいんですか?ハッキリと皆の前で説明してください。春山先生(長澤まさみ)」と告げた。

そこへ、荻野正夫(斉木しげる)が現れ、松島崇史(羽場裕一)に石川衣里名(山崎紘菜)を送り届けるよう指示し、残りの教師は入試本部へ集まるように命じた。

すると、滝本みどり(南沢奈央)は「私も同行します。石川衣里名(山崎紘菜)は問題をすり替えるために『襲われた』などと嘘をでっち上げる可能性があります」と提案した。

荻野正夫(斉木しげる)は滝本みどり(南沢奈央)の提案通りに同行を頼み、残りの教師を入試本部へ集めた。

教師が入試本部へ集まると、校長・的場一郎(山本圭)は採点についての方針を話し合おうとするが、坂本多恵子(高橋ひとみ)が「村井先生は、犯人は春山先生だと言ったのよ。それを確認しなければ、採点の話し合いなんてできないわ」と言い出した。

春山杏子(長澤まさみ)が「私が何をしたんですか?」と尋ねて応接室での続きを始めると、村井祐志(篠田光亮)は「張り紙です」と言い、当時の状況を話した。

村井祐志(篠田光亮)は入試前日、鍵の用意をしようと思って職員室の鍵置き場を見ると、2年生の全ての鍵が無くなっていた。

村井祐志(篠田光亮)は既に掃除を始めているのかと思い、急いで2年生の教室へ向かうと、教室から出てくる春山杏子(長澤まさみ)を見たのだという。

春山杏子(長澤まさみ)は「張り紙をしているのは私ではありません。でも、事件に荷担していたことは認めます。これから、私の知っている全てを話します」と言い、話し始めた。

事件の中心人物は学校の外部に居り、内部協力者は少なくとも3人居る。断定できないのは、全員が協力し合っているのではなく、中心人物が3人と個別に連絡を取り合っているためだという。

春山杏子(長澤まさみ)は、石川衣里名(山崎紘菜)が黒板の上に坂本多恵子(高橋ひとみ)の携帯電話を置いて現場を目撃し、内部協力者の存在に気付いた。

春山杏子(長澤まさみ)は、生徒を巻き込むのを阻止するため、各教室の黒板の上に「杏子LOVE」などと書いたメモを置いた。その時には、もう「入試をぶっつぶす」の張り紙をしてあったのだという。

黒板の上に置いてあった携帯電話が見つかると、春山杏子(長澤まさみ)は中心人物に「代わりに私の携帯電話を鳴らす」と提案し、廊下に置いた机の中に携帯電話を仕込んだ。

しかし、中心人物は廊下では効果が低いと思ったのか、いつのまにかロッカーの中に移動させられていた。

宮下輝明(小松利昌)は「携帯電話は石川衣里名(山崎紘菜)の担当だったとして、杏子ちゃん(長澤まさみ)の本来の役割はなんだったの?」と尋ねた。

春山杏子(長澤まさみ)は「5時間目の英語のさい、解答用紙を2枚配る。1枚を数あわせのために白紙で提出し、問題を解いた方を別の所から出てくる予定だった」と話した。

春山杏子(長澤まさみ)は、答案用紙が足りないふりをして、解答用紙を1枚補充し、受験番号46番・田辺淳一(柾木玲弥)に解答用紙を2枚配っていた。

小西俊也(徳山秀典)は「中心人物が誰だか分らなんじゃ」と尋ねると、春山杏子(長澤まさみ)は「暗号を決めていたんです」と答えた。「今年の桜は何時咲きますか」という暗号で、お互いを確認していたのだという。

高校入試-第12話のあらすじとネタバレ後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイト高校入試-第12話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。