スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


高校入試-最終回と真犯人(黒幕)の予想

中村倫也が出演する採点ミスドラマ「高校入試」の最終回の真犯人(黒幕)の予想です。


第12話の犯人予想は「長澤まさみは公務員の特殊採用枠で教師になる」をご覧ください。

ドラマ「高校入試」の原作や主題歌については『ドラマ「高校入試」の原作や主題歌』をご覧ください。

■事件までの経緯の予想
5年前の3月、兄・田辺光一(中村倫也)は橘第一高校を受験したが、受験に失敗し、楢沢学園へと進学した。

4年前の4月、第1志望の高校を落ちて私立高校へと進学した少年が、自宅で首を吊って自殺した。

4年前の8月、新聞で開示請求を知った兄・田辺光一(中村倫也)が開示請求を行い、採点ミスが発覚する。一時は落ち込んだものの、高校入試の不備を指摘するドキュメンタリー番組を制作する。

4年前の11月1日、兄・田辺光一(中村倫也)が制作したドキュメンタリー番組が、全国大会のドキュメンタリー部門で銀賞に選ばれる。

兄・田辺光一(中村倫也)は部活の企画で「名も無い個人のブログが世間にどれだけ影響を与えるか」というHPを開設しており、同HPでドキュメンタリー番組を公開する。

4年前の11月、自殺した少年の両親が、兄・田辺光一(中村倫也)が制作したドキュメンタリー番組を見て、開示請求を行い。その結果、採点ミスがあったことが判明する。

自殺した少年の両親が採点ミスを抗議した結果、採点に関与した寺島俊章(姜暢雄)が死んだ。

一方、兄・田辺光一(中村倫也)はドキュメンタリー番組が切っ掛けとなり、批判が殺到してHPの掲示板が炎上。やがて、父親の仕事にも影響が出るようになり、家庭が崩壊し、兄・田辺光一(中村倫也)は引きこもりとなる。

その後、春山杏子(長澤まさみ)は特殊推薦枠で教員試験に合格し、橘第一高校の教師となった。

春山杏子(長澤まさみ)は新人研修のレポートをコピペで済ませようと思い、インターネット上で教育問題に関する論文を探していたところ、高校入試の採点方法の問題を指摘するHPを発見した。

それが、兄・田辺光一(中村倫也)のHPであった。春山杏子(長澤まさみ)はHPに公開されたいたドキュメンタリー番組を観て、寺島俊章(姜暢雄)の死に疑問を抱き、HPの掲示板にコメントを残したのであった。

■春山杏子(長澤まさみ)の犯行
春山杏子(長澤まさみ)は主犯格。春山杏子(長澤まさみ)は答案用紙を1枚補充し、共犯者である田辺淳一(柾木玲弥)に2枚配布した。また、試験後に携帯電話を鳴らすため、携帯電話を提供した。

春山杏子(長澤まさみ)の動機は、採点ミスによる被害者を増やさないため、高校入試の問題点を指摘すること。

春山杏子(長澤まさみ)は、第1話で新人研修のレポートで英語教育の問題点を指摘したが、小西俊也(徳山秀典)に赤ペンで添削されている。

■田辺淳一(柾木玲弥)
田辺淳一(柾木玲弥)は主犯格。田辺淳一(柾木玲弥)は清煌学院に合格しているにもかかわらず、橘第一高校を受験し、試験官・春山杏子(長澤まさみ)と共謀して答案用紙2枚事件に及んだ。

兄・田辺光一(中村倫也)は高校入試の採点方法の不備を指摘するドキュメンタリー番組を作成し、その番組が全国大会で銀賞に選ばれた。

しかし、ドキュメンタリー番組が問題となり、逆恨みによる批判を浴びて、家庭崩壊し、兄・田辺光一(中村倫也)は引きこもりになった。

田辺淳一(柾木玲弥)は「兄の復讐」ではなく、兄・田辺光一(中村倫也)がドキュメンタリー番組で訴えた主義主張が正しいことを証明するため、犯行に及んだ。

■滝本みどり(南沢奈央)の犯行
滝本みどり(南沢奈央)は一部共犯者。滝本みどり(南沢奈央)は、インディゴリゾートの費用と引き替えに、掲示板を発見する役割を引き受けた。

滝本みどり(南沢奈央)は、黒幕からインディゴリゾートと「社会科の5問目の答え」を一緒に検索しろなどという、という指示を受けており、指示通りに検索して掲示板を発見した。

■徳原優介(倉貫匡弘)の犯行
徳原優介(倉貫匡弘)は修学旅行の受注と引き替えに、インディゴリゾートを2部屋予約し、ゴールドカードを2枚用意していた。

インディゴリゾートのゴールドカードが紛失することは、真犯人(黒幕)の予定通りで、ゴールドカードを再発行することも予定通りだった。

インディゴリゾートはゴールドカードを発行するほどセキリティーが厳重である。ゴールドカードの再発行を頼んだのは入試当日であり、同日正午に北海道にあるインディゴリゾートからゴールドカードが届くとは考えにくい。予め2枚用意されていた可能性が大きい。

■村井祐志(篠田光亮)の犯行
村井祐志(篠田光亮)は一部共犯者。村井祐志(篠田光亮)は試験会場2の試験官で、46番・田辺淳一(柾木玲弥)が提出した白紙の回答を見逃した。

洞察力の鋭い村井祐志(篠田光亮)が、白紙の答案用紙を見逃すとは考えにくい。

■水野文昭(阪田マサノブ)の犯行
水野文昭(阪田マサノブ)は一部共犯者。水野文昭(阪田マサノブ)は前年度の注意事項をそのまま使用し、白紙の解答用紙を見逃した。
几帳面な性格の水野文昭(阪田マサノブ)が、前年度の張り紙をまま使用するとは考えにくい。また、水野文昭(阪田マサノブ)が白紙の答案用紙に気付かないとは考えにくい。

■石川衣里名(山崎紘菜)の犯行
石川衣里名(山崎紘菜)は共犯者。石川衣里名(山崎紘菜)はインターネット上に校内の様子を実況したり、入試の問題を実況した。

石川衣里名(山崎紘菜)の動機は相田清孝(中尾明慶)らのインディゴリゾート行きを阻止するためというものであった。

■沢村幸造(入江雅人)
沢村幸造(入江雅人)は犯行に利用された人間。沢村幸造(入江雅人)は犯人側から息子の答案の情報を得て、学校か側に抗議するなどした。

沢村幸造(入江雅人)が答案用紙を発見することは、春山杏子(長澤まさみ)にとっては予定外の出来事だったが、真犯人(黒幕)にとっては予定通りの行動である。

息子・沢村翔太(清水尋也)はシェイクスピアの問題が答えられなかった事を話していないが、沢村幸造(入江雅人)はシェイクスピアの問題が解けなかった事を知っており、犯人側から情報を得ているとしか考えられない。

■松島崇史(羽場裕一)
坂本多恵子(高橋ひとみ)は女子トイレには行ったとき、答案用紙を洗面台に置いていた。

この事実を知っているのは、荻野正夫(斉木しげる)と坂本多恵子(高橋ひとみ)の2人だけであるはずだが、松島崇史(羽場裕一)も知っていた。

よって、松島崇史(羽場裕一)は女子トイレに侵入したか、犯人側から情報を得た可能性が大きい。

■高校入試の真犯人(黒幕)
高校入試の真犯人(黒幕)は、教頭・上条勝(清水一彰)か入試部長・荻野正夫(斉木しげる)のどちらかである。

主要受験生4人の答案用紙の状況を整理すると、55番・沢村翔太(清水尋也)の答案用紙が2枚あり、46番・田辺淳一(柾木玲弥)の答案用紙が無い。

そして、77番・芝田麻美(美山加恋)の答案用紙は、シェイクスピアのスペルが改竄されている。

さらに、告発文を書いた59番・松島良隆(高杉真宙)の答案用紙は、採点後に別の答案にすり替えられている。

46番・田辺淳一(柾木玲弥)を除く3人の合計点数は合格ライン付近あり、誰かが受かれば誰かが落ちる、という状況にある。

これらのことを考えると、真犯人(黒幕)は答案を改竄したり、すり替えたりして、3人の点数を合格ライン付近に集めたと考えるのが自然である。

答案の改竄・すり替えが出来るのは、入試本部に居た上条勝(清水一彰)ら3人で、特に上条勝(清水一彰)と荻野正夫(斉木しげる)の2人が怪しい。

時間が無いので、上条勝(清水一彰)と荻野正夫(斉木しげる)の内のどちらかが真犯人(黒幕)かを絞り込むことは難しい。上条勝(清水一彰)と荻野正夫(斉木しげる)による共犯という可能性も残る。

真犯人(黒幕)の予想は「高校入試の真犯人(黒幕)は教頭の上条勝(清水一彰)」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト高校入試-最終回と真犯人(黒幕)の予想へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

管理人さんが言うように、村井先生、水野先生が答案回収の際、白紙に気付かないのは不自然な気がします!
この際大胆に、Mの付いてる先生が全員一枚かんでると予想します!笑 多分有り得ないでしょうが、、笑

あかさた : 2012年12月24日(月)

やっぱり黒幕は荻野先生ですかね。
12話での行動が怪しすぎました。
村井先生も次回予告で「尊敬してたのに」と言っていました。
動機はまだ分かりませんが。

姫じゅん : 2012年12月24日(月)

入試前日に準備のため春山先生水野先生が揃って教室へ向おうと鍵を取ろうとした際すでに村井先生がそれを持っていたという場面がありましたよね

今回の証言である
教室の鍵がないことに気づく春山先生の誰もいない教室での怪しい行動を目撃職員室に戻ると鍵発見
という一連の行為のに鍵を持ち出して何かしたのでしょうか?

a : 2012年12月24日(月)


入試前の教室の割り当てなどの発表があった
先生方の会議のとき
村井が遅れてきて時計確認した件とか
思い返せばまだまだ村井の怪しい点が
たくさんあります(T_T)

前回、今回と
あたかも村井がシロであるようにリードされてきましたが
それもミスリードなのでは、と
わたしは思います!

\(^o^)/ : 2012年12月24日(月)

田辺兄が受賞したドキュメンタリー番組とは入試の開示請求のものだということは確定してるんでしょうか。
録画しておらず見逃したのかな、と気になっています。

そして松島息子のテスト、すり替えられてましたか…?全く気づきませんでした!どうすり替えられていたのか…確認できません。教えていただけたら幸いです。

管理人様の予想もこれで最後だと思うと淋しいです。

M生徒 : 2012年12月25日(火)

別のサイトで最後の場面の撮影にいたのは、校長、松島先生、小西先生だと書いてありました。
その事を考えるとこの3人は絡んでいるのかなー。
松島先生は、入試をぶっつぶす。という目的ではなく沢村を不合格にさせる為に動いていた。小西先生はかなり意外なきがしますが、年齢的に寺島と同級生?寺島と小西先生との間でなにかがあったとすると、小西先生にも反抗動機があることになる。

えみ : 2012年12月25日(火)

「尊敬していたのに…」という予告の言葉からすると、松島先生かなあという気もするけど(寺島俊章が松嶋先生の教え子だったとか?)

黒幕は荻野先生なのかなあ。
みどり先生もチョコチョコ動いているし、よく居なくなるし、どうなんだろ。

寺島俊章はほんとうに自殺?
殺されたってのが予想外の結末になったりして。
マスコミにリークしようとしてたとか。
入試をぶっつぶすことで犯人探し?!



通りすがりの主婦 : 2012年12月25日(火)

犯人は荻野先生でしょう。
注意事項を書いた筆と墨で『入試をぶっ潰せ!』を書いた。
学校側の悪事を誘導尋問で暴こうとしたが「そんな力は無い」という校長の発言を受け、思い違いをしていた事に気づく。
教頭は尊敬されるような人柄じゃない。

不合格で自殺した高校生と関わりがあるのかな?

名無し : 2012年12月25日(火)

私は荻野先生が真犯人だと思います。動機は…はっきりしませんが。(^_^;)
校長先生と話していて、「合否には関係なかったじゃないか」と言った時、嫌がっていたというか…採点ミスに関係していたと思うんです 
春山先生と田辺淳一を同じ試験会場にするのと、貼り紙、掲示板の書き込み をしていたと思います。
12話で結構あやしいところがありましたよね。春山先生の肩をたたいたり、春山先生が話している時にどこか遠いところをみていたり…次回予告の村井先生が言う「尊敬していたのに…」は、荻野先生のことを言っているんだと思います。もし松島先生が犯人だと知ったら、もっと落ち込んだり、大きな声で言ったりすると思います。

いよいよ最終回ですね!このサイトをみて犯人予想をするのももう終ると思うと寂しいです。(>_<) あともう少しですが、管理人さん、書き込みを頑張ってください!楽しみにしています!

みかん : 2012年12月25日(火)

荻野先生が、犯人では阪田まさのぶさんがtwitterでつぶやいていた意外な人が犯人と書いてあったので荻野先生は単純すぎると思う。but荻野先生以外ゎほとんど考えられないですね、物理的にも、このまま犯人は荻野先生なのでしょうか?
エンディングで、職員室の棚の上から入試をぶっつぶすの紙が落ちてきたのをみるとやはり犯人わ本部にいる先生すなわち荻野先生になるのではないかと僕は推察致しました。松島先生も、怪しいと思ったのですが石川とともに自宅へ帰宅したので可能性から除外して考えてました。最終回、すべての伏線が回収されることそして事件のすべてが明らからになり、犯人はなぜこの計画に加担したのがどこでどう田辺とかかわったのかそしてどのように関わったのかすべての動機が最終回で判明そして納得する形でドラマ高校入試を締めくくってほしいと期待します。

矢部 : 2012年12月25日(火)

前、見させていただいたとき、推理が、嘘のようにマッチしていたので、今回も

予習させていただきました。                        
                                     みなさんの意見を参考にして考えましたが、
     
水野先生ではないでしょうか?                       
                                     違うかも・・・しれません。

今までで、都合がいいと私は思ったからです。

絶対違う推理を書いて、すいません。失礼しました。                       

ぷるぺーり : 2012年12月25日(火)

いつもこのサイト見ています☆
管理人さんの推理とみなさんのコメント見るのが日課になってきました。
もうすぐ最終回 楽しみです
いつも管理人さんの推理大好きです。

ちほまる : 2012年12月25日(火)

黒幕はみどり先生だと予想します。
荻野先生は計画が上手くいくように
サポートしていただけ。
みどり先生と何か特別な関わり(いやらしい意味でなく)があるのでは?
かなりの思いつきなので多分当たらないな(笑)

はなまお : 2012年12月25日(火)

高校入試、いよいよ最終回ですね。
私はずっと荻野先生と春山先生が犯人だと思っていたので、ここまで来たらもう変えません(笑)つまり、荻野先生も関わっていると思います。
「今年の桜はいつ咲くと思いますか」←セリフあやふやです(笑)。
と、聞いたのは、春山先生や小西先生だけでは無いのですかね。田辺淳一は、春山先生ともう一人いる協力者を探していたのですかね?で、いろんな人にこのセリフを言って、小西先生が違う答えだったからまた他の人に聞いた?みたいな…違いますかね(笑)
私の予想です。

きむらゆうあ : 2012年12月25日(火)

■あかさたさんへ
なるほど、Mの付いた先生が全員、犯人だったというオチも面白いですね。

■姫じゅんさんへ
荻野正夫(斉木しげる)が黒幕だとしても、動機が思いつかないのが難点です。最終回は良い意味で予想を裏切って欲しいです。

■aさんへ
鍵は春山杏子(長澤まさみ)が持っていたのだと思います。春山杏子(長澤まさみ)は各教室の黒板の上にメモを残すため、鍵を使って各教室に入りました。その時には、既に黒板に張り紙がしてあった、という解釈になると思います。

別の犯人が合い鍵を使って教室に入り、黒板に張り紙をしたのだと思います。

■\(^o^)/さんへ
村井祐志(篠田光亮)もクロであって欲しいです。

■M生徒
確定はしていませんが、田辺光一(中村倫也)はドキュメンタリー番組で橘第一高校の受験に失敗したことを話しているので、開示請求をテーマにしていると解釈して良いと思います。

松島良隆(高杉真宙)の答案用紙のすり替えは、採点時の答案用紙と、入試本部で松島崇史(羽場裕一)に見せたときの答案用紙の告発文の筆跡が違っていました。告発文の筆跡が微妙に違うだけなので、見比べなければ分らないと思います。

■えみさんへ
「最後の場面」というのが、犯人と関係あるかどうかは分らないので、なんとも言えないです。

■通りすがりの主婦さんへ
寺島俊章(姜暢雄)は橘第一高校の教師ではないと思うので、さすがに殺人ではないと思います。ただ、私は殺人事件だった方が好きですが。

■名無しさんへ
注意事項はマジックで書いていたような気がします。

■みかんさんへ
ほぼ同じ予想です。ただ、私は教頭・上条勝(清水一彰)の黒幕説を捨てきれません。誰が黒幕にしても、動機に注目したいです。

■矢部さんへ
そうですね。荻野正夫(斉木しげる)では単純過ぎる感じがするので、教頭の上条勝(清水一彰)も気になります。

■ぷるぺーりさんへ
共犯が荻野正夫(斉木しげる)で、黒幕が水野文昭(阪田マサノブ)なら可能性はあると思います。ただ、動機は見当も付きません。

■ちほまるさんへ
ありがとうございます。来期も頑張りますので、よろしくお願いします。

■ちほまるさんへ
滝本みどり(南沢奈央)は石川衣里名(山崎紘菜)を送っていきましたが、携帯電話を持って行ったので怪しいですね。石川衣里名(山崎紘菜)を送れば戻ってくると行っていたし。

■きむらゆうあさんへ
春山杏子(長澤まさみ)が「合い言葉を決めていたの」と話していたとき、小西俊也(徳山秀典)だけ「確かに聞かれたな」と言っており、他の人は無反応でした。

そうすると、田辺淳一(柾木玲弥)が合い言葉を確認したのは、春山杏子(長澤まさみ)と小西俊也(徳山秀典)だけだったのかもしれません。

管理人 : 2012年12月25日(火)

ちょっとずれますが


小西もみどり、石川、相田の関係を知っていたと思います。
小西は知らなかったとは確か言ってません。

関係ないとは思いますが

名無し : 2012年12月25日(火)

杏子先生と小西先生に、桜はいつ咲くと思いますか?という暗号を田辺弟からいわれましたよね?

小西先生は杏子先生からそれを暴露されて反応しましたが、他の先生方はそれを聞いて無反応でしたよね?

他の先生方が反応しなかったのは実際は何人か聞かれていて、実行犯のうちの一人だったのではないかとおもいます。

だから、杏子先生から桜はいつ咲くと思いますか?という暗号に周りの先生達も反応しなかったのだと思います。

話は変わりますが、恐らく、黒幕の意図を他の先生方は途中で知って手助けをしていた、もしくは、最初からの協力者だと思います。
途中で知って手助けをしていたのは、自分達に何らかの利益があったのかもしれません。だから、結論ほぼみんなが犯人なのかもしれません。

ゆうき : 2012年12月25日(火)

第11話の最後の次回予告で村井先生が「尊敬してたのに」って言ってましたよねー。それは今までの話の流れから松島先生がやったと思えます。しかしそれならドラマの最終回の前次回予告でほぼ答えを言ってしまっているのではないのでは? 松島先生もやっているのであれば複数犯つまり教頭、松島先生の2人での犯行、もしくは教頭1人での犯行だと思います。

名無し : 2012年12月26日(水)

水野先生が犯人だ 教頭も怪しい
あと、緑先生は確実に犯人

内緒さん : 2012年12月26日(水)

普通にいけば
黒幕は荻野先生なんだろう。

「尊敬してたのに」は
次回予告の時点で
松島先生?と思わせる
せめてものミスリードかと。

ただ、12回の荻野先生の動き・表情・台詞が
あからさますぎて逆に、もう一捻りを予想させる。


大ドンデンがあれば
寺島先生が交通事故で亡くなったのが
“ヤキモチ優ちゃん”の仕業。

試験の黒幕も杏子センセを教師辞めさせるため
(もしくは杏子センセの入試ぶっつぶす計画に協力するがため)の
優ちゃんの仕業ってのに期待しちゃおう。

乳鉢乳棒 : 2012年12月26日(水)

初めまして。いつも楽しく予想を読ませてもってます。一つだけ皆さんが触れてなくて気になったので書かせてください。
春山先生は当初田辺から答案を受け取る予定だったけど、芝田の携帯騒ぎで回収出来なかった。春山先生が田辺の教室担当になったのは偶然とは思えません。これは入試担当の荻野先生が春山先生をこの教室に選んだと考えてます。そうすると荻野先生は少なくても犯人の一人なのでは?最回楽しみですね!

pooh : 2012年12月26日(水)

初めまして!いつも楽しく見させていただいています。

私も、一番の黒幕は、荻野先生だと思います。(試験担当の割振りの件から)

そして、村井先生の「尊敬していたのに!」は、やはり、今までの流れから松島先生に対しては無いでしょうか。

たぶん、松島先生は、沢村息子を試験違反で不合格にさせるために、沢村父に答案を発見させた(渡した?)のではないでしょうか。

ドラマ上では、最初からずっと、沢村父は松島先生のことを自分の味方だと思っている風でしたので、松島先生が「〇〇に満点の答案がある」とメールを送って沢村父が答案をありがたく受けとったのかも・・・。(笑)

2枚目の答案 : 2012年12月26日(水)

いよいよ今週最終回。管理人さんと皆さんとの予想しあいっこも今週で最後になると思うと、今からとても寂しいです。参加者がどんどん増えてきて、回答も大変だと思いますが、管理人さん最後までよろしくお願いします。(管理人さんが何か担任の先生みたいですね)
ところで、私の予想ですが、みかんさんと同じ理由で、荻野先生犯人説です。
前にも書いたのですが、英語の先生をしている頃に採点ミスに荻野先生が関わっていて、それがもたらした問題・・誰かの人生を狂わせてしまった・・その責任を感じて問題提起のために今回の事件を起こしている(協力している)んだと思います。
それが「田辺兄のこと」なのか、「報道で自殺した子がいることを知り教師が考えるべきだと思った」のか、「何かしら接点があって大切に思っていた寺島が責任を感じて廃人になってあげくの果てに亡くなってしまったのに自分は普通に生きていることへの後ろめたさから」なのか・・・いろいろ考えられますけど。
田辺兄が引きこもりになったのは、彼が作成したドキュメントを寺島が見て、田辺とやりとりしていた。お互いに信頼関係を作っていたのに、あろうことか寺島自身が採点ミスをしてたことがわかり、自分を責め、あんな風になってしまった。それを知った田辺兄は、自分のドキュメントが寺島を追いつめてしまったんじゃないかと思い、ひきこもりになった・・。みたいな流れもありかなと思ってます。
とまぁ、予想しだすといろんなことが考えられますよね。
最後どういう決着になるのか、あと数日皆さんと楽しみたいと思います。

おでん : 2012年12月26日(水)

僕はこの事件を振り返り疑問点が多々出てきました。まず、春山先生はどのようにして田辺と知り合ったのでしょうか?しかも、当日までお互い顔も知らなければ名前も知らないしかし合言葉を決めている。しかし、もし春山先生の試験監督の教室が田辺と違う教室だったらこの事件をどうなっていたのでしょうか?これは、ただの偶然と考えるのは僕は、可笑しいと思います。根拠は、幾つかある教室で偶然お互い共犯者の顔も分からない状態で違う教室になっていた場合この事件を実行されていたのでしょうか?しかし、この二人が、同じ教室に必然としてなった場合この計画の犯人は、絞られてくるのではないかと考えました。つまり、犯人は入試本部にいて、自由に座席配置、教師の担当を決めれる入試本部長荻野に縛られてくると僕は思いました。しかし、僕はあれだけ頭のよく、計画性の高い田辺が同じ教室、担当になるように頼んでやっていたのでしょうか?もし、暗号を答えられても違う教室だったらどうなっていたのでしょうか?入試の潰す計画は、こんなにリスクのあるものだったのでしょうか?

パンサー : 2012年12月26日(水)

こんばんは。初めて投稿させていただきます。
私も毎週楽しく「高校入試」を見ています。一体誰が犯人なのか。誰がどんな思惑で行動しているのか。毎回しっかりと、画面に食い入るように見ているのですが、いっこうに誰がからんでいるのか解りません・・・12話では、ついに春山先生が関わっていたことが明らかになりましたね。さすがの私も、だんだん回を重ねていくごとに、主人公という立場で一番近くにいる春山先生が、あえての犯人なんじゃないかという予想を立てていました。しかし、首謀者ではありませんでした・・・私の予想は、半分当たって半分外れてしまいました。ま、それはいいとして、この事件に関わっているのは、少なくとも春山先生と田辺弟の2人は確実ですよね。でも、13話の予告で、またさらに事件に関わっている人物がいるということでした。私は最初、村井先生の、「尊敬してたのに・・・」という言葉から、直球で松島先生が犯人だと思い込んでいました。しかし、皆さんの意見を読んでいるうちに、それではあまりにも簡単だし、単純すぎる、と思い直しました。で、私は必ず荻野先生は関わっていると予想します。ですが、それだけではやはり単純すぎますよね。なのでここは、やはり最終話のネタばらしにふさわしい、「えーーーー!!」っていう人だと思うんですよね。うーん、誰だろう・・こう考えると、本当にみんなが怪しく思えるんですよね。笑 実はみんなが、大小はあれども、なんらかの形でぶっつぶし計画に参加していた、という考えに一票を投じておきます。笑
あ、一つ質問があります。例の教室にいた、松島先生の息子と、沢村さんの息子は、今回の事件には関わっていないのでしょうか?ただカンニングをし、それを告発しただけ?
すみません。今一度教えていただけると嬉しいです。

ドラマっ子 : 2012年12月26日(水)

田辺(兄)への批判は、取り上げたテーマ自体ではなく、(結果として)寺島を死に追いやったことへだと思います。
また、寺島は責任を負えなかったとのことから、採点ミス自体は寺島がしたのに対し、実際に責任を負ったのは、4年前の4月に橘一高に転勤していた荻野先生だったのでは。
そして荻野先生も寺島の死の責任を感じ、同様の採点ミスがあった橘一高では大した処分や改善もなく事件が風化していくことに憤りを感じ…

柚子胡椒 : 2012年12月26日(水)

やはり、ポスターの見方は、春山先生のコメントでしたね。
あとひとりは、荻野先生だと思いますが、芝田さんのシェイクスピア。その伏線回収はされるのでしょうか?なんか、点数を近づける為に変えたというのは、無理があるのではないかとおもいます。後、沢村同窓会長が見つけた答案用紙ですが、あれは同窓会長が、55と書いたのですよね。教室の田辺弟と春山先生を一緒にするというのは、もしそれが操作によってされたのなら、春山先生は気づくだろうから、関わってるのは推測できるはず。ということで、割り振りに関しては、ご都合よくなっちゃってたのかと思います。ここ回収したら、本当震えるぐらい、ビックリします。

名無し : 2012年12月27日(木)

■名無しさんへ
そうですね。相田清孝(中尾明慶)が2股をかけていることは、小西俊也(徳山秀典)と宮下輝明(小松利昌)も知っていたでしょうね。

■ゆうきさんへ
小西俊也(徳山秀典)は途中で春山杏子(長澤まさみ)の犯行に気付いたと思います。何となく、小西俊也(徳山秀典)は春山杏子(長澤まさみ)をフォローしているように感じました。

■名無しさんへ
私も黒幕は上条勝(清水一彰)だと思います。

■内緒さんさんへ
滝本みどり(南沢奈央)が格好に戻ってきてから、どういう展開になるのか気になりますね。滝本みどり(南沢奈央)が田辺淳一(柾木玲弥)を連れて学校へ戻ってくれば、役者が全員そろいますね。

■乳鉢乳棒さんへ
徳原優介(倉貫匡弘)が黒幕なら、歴史に残るドラマになるでしょうね。

■poohさんへ
試験会場の割り振りをする必要があるので、入試幹部3人の誰かは確実に事件に関わっていると思います。

■2枚目の答案さんへ
松島崇史(羽場裕一)が松島崇史(羽場裕一)に答案用紙を渡したという可能性はありますね。

■おでんさんへ
私も、ほぼ同じ予想をしました。ただ、私は答案改竄がどうしても気になったので、最終的に教頭の上条勝(清水一彰)を黒幕に予想しました。

■パンサーさんへ
犯人グループは、石川衣里名(山崎紘菜)と同じように、インターネット掲示板やHPを介して知り合ったのだと思います。

田辺淳一(柾木玲弥)が全てを計画したのでなく、黒幕的な存在が入試幹部の中に居るのだと思います。

■ドラマっ子さんへ
沢村翔太(清水尋也)と松島良隆(高杉真宙)の2人は、「入試後に掲示板の存在を知った」ので、入試をぶっつぶす計画に参加していないと思います。ただ、犯人側のターゲットとなり、利用されていた可能性はあると思います。

■柚子胡椒さんへ
なるほど。寺島俊章(姜暢雄)が一高の教師なら、そういう動機になると思います。寺島俊章(姜暢雄)がどこの高校の教師だったか、というのも大きなポイントだと思います。

■名無しさんへ
答案改竄の伏線は回収すると思います。55番と書いた人は確定していません。答案改竄の伏線と一緒に回収されると思います。割り振りの件も、偶然とは考えにくいので、最終回で明らかになると思います。

管理人 : 2012年12月27日(木)

管理人さんの鋭い推察力に脱帽です。
他の先生の犯行については、管理人さんの予想に同感です。
あと小西先生も何か知っているまたは加担していると思います。
田辺(弟)が杏子先生と小西先生に桜の質問をしましたが、先に杏子先生に聞いているために、もし共犯者の確認がとれているならなら小西先生に聞く必要はないと思います。

黒幕予想ですが、荻野先生が黒幕の重要な協力者(杏子先生が中心人物といってるのは、荻野先生。協力者への連絡は荻野先生が行っており、杏子先生は、荻野先生が黒幕だと思っている。)だが、黒幕ではないと思います。(これで荻野先生が黒幕だと、どうしても単純すぎる気がします。)

動機については、4年前の事件が絡んでくるのでしょうがちょっと説得力のある同
期が見つかりませんが以下が一応予想です。
関係する描写に欠ける予想ですが、田辺(兄)が合格発表の時に一緒にいた学生(自己採点平均88点しかなかったが合格していた生徒)が上条勝の息子であり、田辺(兄)のドキュメンタリー公開がきっかけで、一高の採点ミスが明らかになった。(裏で現校長/現教頭が採点の操作し、この代わりに田辺(兄)は不合格となった。)このことを教頭の息子(4年前なので卒業済みか)が知り、自戒の念から田辺(弟)と協力して、学校に復讐をしてほしいと教頭に話した。教頭はこの時、息子が受験するということで松島先生と同じように採点から外れており、責任をとることなく昇進コースからはずれなかった。後に教頭に昇進。採点入試の担当だった荻野先生は昇進コースからはずれ情報の先生となった。
教頭は荻野先生に事実を話した。荻野先生はこの不正を知り、世間に公開するのではなく内部で復讐をしようと協力を決めた。
最終回予告で辞表を出していたのは、人物(杏子先生が責任をとってくれた)という人物は、校長と予想です。

最終回とても楽しみです^^

イパ : 2012年12月27日(木)

今回の事件の黒幕が田辺弟ではない、彼はただ本当の黒幕から指示を受けていただけ、ということならば、やはり黒幕は、入試当日の教師たちの配置や答案をいろいろ操作できる人ということになりますよね。ならば、教頭か荻野先生(校長はさすがに違うと思う。名前を公表もしないでただ口々に騒ぎ立てている掲示板に対して疑問を抱いているというのは本当だろうから、そんな人間がわざわざ掲示板を利用して今回の作戦を立てるとは思えない。)ですかね、黒幕は。その人が何かしらの形で田辺弟とつながりがあり、彼に加担を依頼した。で、田辺弟は兄がかつて高校入試に採点ミスで失敗している過去を思い出し、その復讐の意味で参加を承諾した。みたいな?
ところで、田辺弟が実行したことって、杏子先生の携帯を後ろのロッカーに隠したことと、杏子先生と暗号でつながったことと、2枚の解答用紙を受け取り、一枚を100点でバッチリの状態で保管し、もう一枚の白紙を出したこと、ですよね。では、自分が書いた100点の答案は、どういう経緯で校舎の窓に貼られることになったのでしょうか?受験生である自分が自ら貼ったというのは考えにくいです。あまりにもリスクがあるし、自分の下には杏子先生もいるし、そういう教師にわたせば貼ってもらえるからです。でも、杏子先生の自白の中には、そのことは含まれていませんでした。だとしたら、誰が?
あと、沢村さんは、たまたま窓に貼ってあった満点の答案を見つけ、それを自分の息子のものにしたかったから、受験番号55番と自分で書き、「あったぞ!」と得意げに持ってきたと考えるのが普通ですかね?
あともうひとつ、逆に、今回の事件に100%関わっていないと言い切れる人物はいますか?

まめペン : 2012年12月27日(木)

あの、どこかの書き込みで、「芝田麻美の英語の答案が一部付け加えられていた」という情報を目にしたんですが、それって本当ですか?
芝田麻美の答案用紙が2度も、画面にアップになったときってありましたっけ?

KIMURA : 2012年12月27日(木)

春山先生が田辺弟の教室の試験監督になるように割り振れた人が首謀者で、荻野先生と教頭が怪しいと思っていたのですが、試験当日の割り振りが発表された入試会議があったのは試験1週間前ですよね。みどり先生がインディゴリゾートに行くのは来週の土曜日って言ってるので。
なので、春山先生が田辺弟の教室担当だったから、答案用紙を二枚配る役目になった、という可能性はないでしょうか?
入試をぶっつぶすには色々な手があるけど、置かれた状況で実行可能なものを選ぶというか・・。
また、会議で配られた冊子は、番号をふって試験終了後に回収、外部への持ち出しも禁止、って言ってたけど、実は紛失・流出してたとか。
会議後に春山先生は机の引き出しに入れてたけど、試験当日にみどり先生が引き出しあけた時には入ってなかったし・・。まぁ1週間同じとこに入れっぱなしってこともないか。
気になるポイントはいっぱい出てくるけど犯人には全く近づきません!早く最終回が見たい!!

きむ : 2012年12月27日(木)

こんにちは!はじめまして。ほぼ毎日のようにこのサイトを見ています!ですが、その割にはまだ1度もコメントしていません・・。なのでもうすぐ最終回ですし、初コメントします!
早速質問です!管理人さんの予想では石川衣里名が試験問題の実況をしていたとありますが、それはどうやってやったのでしょうか?職員室にはみどり先生がいるので職員室では無理ですし・・・みどり先生と石川衣里名がグルなら話は別ですが。教えてください。
それから黒幕についてです。私は12話までを見ると荻野先生っぽいと思います。しかし、それだとあまりにも単純すぎるのでおそらく違うと思います。また、田辺淳一は黒幕ではないと思います。頭いいとはいってもまだ中学生ですからここまでは考え付かなかったと思います。誰かにこの話を持ちかけられてそれに乗っかった形ではないかと思います。その誰かが分かればいいのですが・・私の頭では無理なようです・・いい意味での裏切りを期待します♪最終回まで後1日だ~!
管理人さんの予想を来期も楽しみにしております♪長いこと失礼いたしました

哀 : 2012年12月28日(金)

■イパさんへ
なるほど。そういう動機でも面白いですね。やはり、ドキュメンタリー番組と4年前の採点ミスが動機になりそうですね。

■まめペンさんへ
「窓に貼ってあった」というのは、沢村幸造(入江雅人)の証言なので、私は完全には信用していません。

田辺淳一(柾木玲弥)が「拾いました。55番って、お宅の息子さんのじゃないですか。全問正解ですね」などと言って、答案を沢村幸造(入江雅人)に渡したというケースも予想できます。

完全に事件に関わっていない人については、難しいです。利用されたというケースを除き、自分の意志で入試妨害に荷担していない人に限定すると、坂本多恵子(高橋ひとみ)や的場一郎(山本圭)は事件に関わっていないと思います。

■KIMURAさんへ
本当です。確かシェイクスピアの英語の綴り改竄されていました。スペルの最後の1文字が消されていたか、書き加えられていました。

確か、試験後に教卓から答案用紙を取り出した時と、採点時にアップになっていたはずです。

■きむさんへ
確かに、入試の担当が決まった後に、入試をぶっつぶす計画が考えられた、という可能性はあると思います。

担当場所が決まった後に計画したのだとしても、それは春山杏子(長澤まさみ)だけだと思います。入試本部に居なければ出来ないような犯行もあるので、黒幕は入試幹部に居ると思います。

■哀さんへ
入試問題の実況については、石川衣里名(山崎紘菜)が実況していたことを自白しています。共犯者から入試問題の一部がメールで送られてきて、それを石川衣里名(山崎紘菜)が掲示板に書き込んでいました。

共犯者が誰なのかは分りません。これも最終回で明らかになると思います。

管理人 : 2012年12月28日(金)

みなさん!!すごいことを発見してしまいました!ここの書き込みにも以前書かれてあったことなのですが、今日、改めて自分の目でもう一回確かめてみたんです。
なんと、松島先生の息子さんが答案用紙に書いたカンニングの告発文についてなんですが、初めて宮下先生が発見してみんなで囲んで確認した時の告発文の筆跡と、教師が校長室に全員集合して、初めて松島先生が告発文のことを知った時に改めて映ったときの筆跡が、違うんです。よーーく見てみれば簡単に分かりますよ、あれは。「んなことあるかよ~」って最初は半信半疑だったんですけど、本当だったんですね。

ってことは、松島先生の息子の答案用紙は2枚存在するということなんですか?あとで誰かが、松島息子が実際に書いた解答とまったく同じことを、違うもう一枚の解答用紙に書き写し、採点も同じようにして、告発文もそれっぽく書いておいたが、筆跡の一致にミスが出てしまった、と。で、本当の紙をどこかで抜き、自分が偽造したやつに入れ替えた。

それとも、最初に実際に本人が書いた方の答案用紙をこっそり持ち出し、告発文のところだけ書き直したのか?

絶対に前者ですよね。だって、後者は、やる意味がないですから。

でも、松島息子の答案を、採点が終わった後にいじるのでは意味がないです。結局点数は変えられないからです。
となると・・・松島息子の答案がすり替えられたのは、採点の後、としか考えられません。

採点前の答案と、採点後の答案の筆跡が違うのですから。

でも、一体誰が、何のために?っていうのは分からないですよね・・・
あと、付け足しですが、松島先生のトイレでのシーンが非常に怪しいですよね。
だって、荻野先生が行った事情聴取のとき、荻野先生は、ただ女子トイレに坂本先生が入っていた、としか言っていなかったのに、そのあとで村井先生と仲良く煙草を吸っているときには松島先生は、「坂本先生が洗面台に答案用紙を置いていたそうだ」って言ってましたからね。
でも、女子トイレで松島先生が自分の息子の答案用紙をこっそり抜いて、自分が自作自演したもう一枚のやつと入れ替えた、というのであれば、矛盾はあります。だって、それは採点前の出来事ですから。入れ替わったのは、あくまでも採点後です。


うーん。こうなると、松島先生は確実にどこかには関わっている気がしますが、松島息子の答案すり替え事件は、一体誰が何のためにしたのでしょうか。
やる動機が分かりません。

明日が楽しみです!

二次試験 : 2012年12月28日(金)

いつも楽しく拝見させていただいております。
あの、意外と水野先生が怪しくないですか?なんか隠している気がするんです。
宮下先生や小西先生はシロっぽい顔して本当にシロ、っていう感じだけど、水野先生は、シロっぽい顔して実はクロっていう感じがしませんか?なんとなくですけど。坂本先生も怪しいですよね。村井先生と滝本先生はどうなんでしょう?散々怪しまれて疑われて、一時は彼らが犯人か?って感じがしたけど、それが逆にミスリードっぽいのは否めませんね。

インディゴリゾートへ : 2012年12月28日(金)

いったいだれが犯人なの~~~!!
毎回じっくり見ているんですけど、ぜんっぜん分かりません。
宮下先生は、相田先生と石川の関係には前から気づいていた様子でした。
村井先生も、かつて2人が一緒にいるのを目撃していますから、知っています。
知っていたのはこの2人だけでしょうか?
でも、相田先生が二股をかけていることがみんなの前でばらされてしまったときに、宮下先生は、「知らなかった」と言いました。嘘をついています。
宮下先生と村井先生以外の先生も、相田先生と石川の関係に気づいていたとしたら・・・
厄介になってきますね。
ところで、石川に、「君の彼氏のセンセは、音楽のセンセと二股かけてるよ。だから思いっきりジャマしちゃって」とメールを送ったのは、このことを知っていて、なおかつ今回の事件に関わっている教師なのでしょうか?
これを送る意味って何ですか?

わーい。 : 2012年12月28日(金)

わかった!
松島は、女子トイレに忍び込んで、
芝田麻美の答案のシェイクスピアのつづりを一部改ざんしたんですね!!
坂本先生がトイレに行っている間だから、あまり時間はないはず。
だけど、スペルを少し書き換えることくらいは
出来るのではないでしょうか。
誰かから指示を受けたんですよ、きっと。
だから、松島先生は首謀者ではありません。
首謀者は、荻野先生です!それか教頭先生だ!

名浜 : 2012年12月28日(金)

まだ12話時点で犯行が解決されていない点は
・石川への問題転送
・黒板への貼り紙
・坂本先生のロッカーに入っていた紙
・田辺淳一の正規解答用紙の行方
・芝田と沢村の解答改ざん
・B組だけ入試の注意事項は昨年のを使った。
といったところでしょうか。

回収されていなくて気になる伏線
・同窓会長が前日に学校に来て荻野先生に会っていた件
・水野先生が音楽室にわざわざ行ってみどり先生に会っていた件
・みどり先生が石川を送っていくと自ら手を上げた、それに水野が賛同した件

おそらく主犯田辺と繋がっていたのは春山先生、石川、水野先生。
水野の目的は管理職。他を蹴落としてなるものでないと言っていたが本当はその逆。
もうひとつの目的は水野先生がみどり先生に対して好意を抱いていて、石川を利用して相田先生とみどり先生の間を引き裂こうとした。

・石川への問題転送は水野先生。教卓の机の中から送っていたのでしょう。
・田辺淳一の正規解答を受け取ったのも水野先生。村井先生が携帯を取りに行くと言った際、「私が取りにいく」とクラスのリーダーが教室を離れるのはおかしい。あの際、後ろの引き戸の隙間から田辺が水野に渡したと考えられます。
・坂本先生のロッカーの紙、解答用紙の改ざんは別の先生が協力しているもしくはうまく利用したのではないか。

以下の犯行は誰のものかが不明。
①黒板の貼り紙は教師皆犯行可能。
②坂本先生のロッカーの件は犯行可能なのは坂本・春山・みどり
③改ざんが出来たのは村井・教頭・みどり・坂本・松島・英語採点教員。おそらく改ざん目的は芝田と沢村を合格ライン前後に持ってきて学校側が誰を合格させるのか。
④注意事項のすり替えが出来たのは荻野・村井

水野と組んでいるのはみどりか坂本が怪しい。

いよいよ今日ですね。楽しみです。

なら : 2012年12月29日(土)

わたしも黒幕は荻野先生だと思います。


気になるのはその動機ですが、育児休暇をとるための運動に参加したことから、
子どもがいることになるので、その子どもが寺島だった・・・という結末もあるのかなぁ?と思います。


ちょっとブッ飛んでいるかもしれないですね・・・(笑)
でも荻野先生が離婚して、子どもを妻が引き取ったとなれば、あり得ない話ではないのかなあとも思ったりします。

いよいよ今日で最終回ですね。
管理人さんの鋭い推理がもう見られなくなるのはとても寂しいです・・・。

高校入試大好き : 2012年12月29日(土)

なるほど。ならさんの意見、素晴らしいですね!
やっぱり水野先生ですよね。段々怪しくなってきました。
水野先生が「いや、俺が携帯回収袋を取りに行く」って言っていたのはあきらかに意図的でしたもんね。それに、そのあと、村井先生が受験生から答案用紙を回収したとき、少し不満そうというか、めんどくさそうだったので、純粋に、なんで僕が・・・って思っていたんだと思います。だから、村井先生は今回の事件には関わっていないと思いました。
あと、前日に水野先生が音楽室にいたのも不思議でした。やっぱり水野先生はみどり先生に好意を抱いていたのかもしれません。で、みどり先生と相田先生を引き離すために問題を起こした、と。
ところで、水野先生が春山先生に言っていた、「(村井先生の方を見て)ああいうタイプには気を付けた方がいい。春山先生に秘密があるならね」という意味深な言葉は、一体何の意味を持つのでしょうか。

和子 : 2012年12月29日(土)

水野みたいな人が、一番何をたくらんでいるのか分からなくって、厄介なんですよ。
逆に、坂本みたいな人は単純明快で分かりやすいです。それに、頭が固いので、今回のような事件はまず思いつかないでしょう。

今日の夜が楽しみです。

SYUUU : 2012年12月29日(土)

そうか。答案用紙が校舎の窓に貼ってあった、というのは、あくまで沢村さんの証言にすぎないので、本当にそうだったかは分からないんですね。
本当は犯人から手渡しでもらったかもしれませんよ。ふふ。

紅白歌合戦 : 2012年12月29日(土)

はじめまして。いよいよ今夜最終回ですね。

私の予想は・・・。
まず、寺島先生は三高だと思います。なぜなら春山先生が三高ってボランティアがどうとか放送部がどうとか、三高について詳しかったからです。

確か松島先生は3年前に赴任してきたので、その事件の関係者ではないでしょうか。
そして、自殺に追い詰めたのはもしかして、彼では?
そして、黒幕のターゲットは「M先生」だとすると・・・。

私は「ゆうちゃん」が怪しいと思います。
えりなが学校に残っている理由は「旅行会社の人が来たから」と言っていましたが、見ただけで旅行会社の人とは判らないはず。きっとゆうちゃんと接触があったのだと思います。
ゆうちゃんはみどり先生とも会っているので、誰がインディゴリゾートに行くのかも知っていますよね。
4年連続営業成績No1であるということは、4年前の事件の影響が彼にとって大きかったのでは?
それから、もしゆうちゃんが一高OBだったら、坂本先生のことも相田先生のことも知っていますね。

えりな、みどり先生、松島先生が真相を知らないまま帰ると言うのはストーリー的におかしいと思います。
私的には、3人の前にゆうちゃんが現れ、真相を明かす展開になるのではないかと思います。
みどり先生はコンビニに付いて来たりと、なにかと松島先生のそばに居ようとしていたので、何かに感づいているのでしょうか・・・。
えりなに付いて来た理由も実はえりなを守るためだったら、見直しちゃいますね。

怪しかった荻野先生は、きっと田辺兄のHPを見て犯行が行われるということを知っていたのではないでしょうか?
兄が落ちたのは自分のせいだと思い、自分への復讐が行われると怯えていたとしたら。
そして、先生方に注意を促すために、張り紙をした!

55番の答案2枚については、同窓会長が答案を見つけたシーンは杏子先生の想像でしかなかったので、本当は46番が直接55番に渡したんじゃないかなと思っています。

携帯少女については、やっぱりアクシデントと思います。
でも、水野先生か村井先生が彼女を合格させるために細工していそうな気はします。
水野先生だったら、県の職員だから県会議員の娘を合格させて自分の株をあげたい。
村井先生だったら、少女は村井先生の彼女とか?大事な女の子なのかな・・・

「犯人は少なくとも・・」と言っていたのは杏子先生だけど、杏子先生は下っ端なわけだから、それは杏子先生のただの推測。
本当は教師に協力者なんておらず、みんなそれぞれの目的で勝手に行動してたから、事件が大きくなっちゃったのかな~って思います。

y : 2012年12月29日(土)

■二次試験さんへ
答案用紙の改竄やすり替えは、最終回の注目ポイントですね。どういう状況で改竄やすり替えが発覚するのかが見物です。

■インディゴリゾートさんへ
水野文昭(阪田マサノブ)も怪しいですよね。水野文昭(阪田マサノブ)は県会議員の妻・芝田昌子(生田智子)の信頼を得ており、今回の入試で唯一利益を得た人間です。何らかの形で、犯行に加わっている可能性はあると思います。

■わーい。さんへ
メールは、「怖くなって実況を中止した石川衣里名(山崎紘菜)を焚き付けるため」だったのではないだしょうか。

■名浜さんへ
そうですね。私も首謀者は荻野正夫(斉木しげる)か上条勝(清水一彰)だと思います。かなり悩みましたが、最終的には上条勝(清水一彰)が首謀者と予想しました。

■ならさんへ
ありがとうございます。こうやって、伏線をまとめて頂けると分りやすいですね。

水野文昭(阪田マサノブ)が滝本みどり(南沢奈央)に恋愛感情を持っていれば、インディゴリゾート行きを阻止する理由も説明が付きますね。面白い予想だと思います。

■高校入試大好きさんへ
荻野正夫(斉木しげる)が離婚して名字が変わっていれば、寺島俊章(姜暢雄)の父親という可能性はあると思います。

■和子さんへ
村井祐志(篠田光亮)の秘密と言えば、中学校時代に虐められ、家庭の事情で一高を受験できなかったことですが、水野文昭(阪田マサノブ)はそれを知っていたということなのでしょうか?よく分りません。

■SYUUUさんへ
そうですね。坂本多恵子(高橋ひとみ)には、緻密な計画を練られないでしょうね。

■紅白歌合戦さんへ
沢村幸造(入江雅人)に答案用紙が渡った経緯も、最終回の注目ポイントですね。

管理人 : 2012年12月29日(土)

もう一ついいですか?

筆跡の違う答案用紙について。
あれは坂本先生の「開示請求されたときにコーヒーのシミでもついていたら・・・」のセリフにヒントがありそうです。
もしかして、彼女はトイレに置いたときに汚してしまい、複製したんじゃ・・・。

y : 2012年12月29日(土)

みなさんはどう思っているのでしょうか?第1話の最後に出てきた『入試をぶっつぶす』の文字の字体が全く異なることを。性別も、年齢も、性格も、仕事も違う人間が書いたように見えませんか?一人の人間が書いたようには思えない…。これは何を意味するのだろうか?

名無し : 2012年12月29日(土)

高校入試最終回なう!!
全国の高校入試ファンのみなさん、見てますか?
ドキドキ、ワクワク
「だからね、高校入試なんて、ぶっつぶしてやる」

PARTY : 2012年12月29日(土)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。