スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


臼田あさ美の不倫相手は石田純一

臼田あさ美が出演する嫁姑ドラマ「おトメさん」の第1話「姑デビューは地獄の始まり」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


このページは「おトメさん-あらすじとネタバレ」からの続きです。

■おトメさん-あらすじとネタバレ後編
そのとき、玄関のチャイムが鳴る。水沢麻子(黒木瞳)が応対に出ると、昨日来た刑事・呉竹次郎(大地康雄)らだった。

行方不明の捜査が公開捜査になり、昨日は不在だった家族にも話しを聞きに来たのだという。行方不明になっている男性は、東京都庁に勤務する福本章介(55歳)で、家族に行方不明になる心当たりは無いのだという。

福本章介の写真を見た水沢博行(石田純一)は、「駅で見かけた事はあるが、話は為たことはない」と答えた。

水沢優太(郭智博)は福本章介の写真を見て、「記憶にありません。妻は昨日から住み始めたので知らないと思います」と答えた。

呉竹次郎(大地康雄)は水沢家を出ると、若手の刑事に「1人が行方不明になった日に、1人が増えた。この家を調べておけ」と命じた。

一方、部屋に戻って身支度を整える水沢博行(石田純一)が「来たばっかりなのに、李里香さん(相武紗季)も不安だろうな」と告げると、水沢麻子(黒木瞳)は「大丈夫よ、あんな強かな女」と答えた。

水沢博行(石田純一)は「なんだかトゲがある言い方だな。俺が配給する映画の試写会があるから、見て、一緒にご飯でも食べてこいよ」と言い、試写会のチケットを渡した。

その後、水沢麻子(黒木瞳)は、水沢博行(石田純一)や水沢麻子(黒木瞳)を送り出し、映画に誘うため水沢李里香(相武紗季)の部屋を訪ると、部屋から笑い声が聞こえてきた。

水沢李里香(相武紗季)は電話の相手に「私も会いたいですよ。でも、私、今、ロスなんです。帰国したらデートしましょう」と話している。

水沢麻子(黒木瞳)は驚いて階段から転落しそうになるが、電話を終えて部屋から出てきた水沢李里香(相武紗季)に助けられた。

水沢李里香(相武紗季)が「何か用だったんですか」と尋ねると、水沢麻子(黒木瞳)は「映画に誘うと思って」と言い、試写会に誘った。

その日、2人で試写会へ行き、映画を見ていると、水沢李里香(相武紗季)は携帯電話にメールが着信する。

沢麻子(黒木瞳)がコッソリと、水沢李里香(相武紗季)の携帯電話の画面を盗み見るとメールに「今から会いたい」と書いてあった。

水沢李里香(相武紗季)はメールを見ると、こっそりと席を立ち、映画館の外へ出て電話をかけた。そして、電話の相手に「30分だけよ」と告げた。

水沢李里香(相武紗季)が電話を切って席に戻ろうとすると、ちょうど映画が終わり、沢麻子(黒木瞳)が出てきた。

その後、2人は喫茶店へ行く。水沢李里香(相武紗季)に「結末はどうだったんですか?」と尋ねると、沢麻子(黒木瞳)は「お嫁さんが姑を殺した」と結末を教えた。

水沢李里香(相武紗季)が「やっぱり、嫁いびりですか?」と尋ねると、沢麻子(黒木瞳)は「違うわよ。嫁は不倫を暴かれて口止めしたの」と答えた。

水沢李里香(相武紗季)が動揺すると、沢麻子(黒木瞳)は「嘘よ。一目見たときから嫌いだったんだって」と本当の結末を教えた。

やがて、映画の話が終わると、水沢李里香(相武紗季)は「私は買いたい物があるので、ミッドタウンに寄って帰って良いですか?」と尋ねた。

沢麻子(黒木瞳)は「私も1人でぶらっとしたかったの」と言い、2人が喫茶店で別れたが、沢麻子(黒木瞳)は水沢李里香(相武紗季)を尾行した。

しかし、沢麻子(黒木瞳)は裏路地で水沢李里香(相武紗季)を見失ってしまったうえ、道に迷い、迷路のように入り組んだ裏路地から出られなくなってしまった。

沢麻子(黒木瞳)は疲れてへたり込むと、男性に声をかけられた。沢麻子(黒木瞳)が振り向くと、刑事の呉竹次郎(大地康雄)が立っていた。

呉竹次郎(大地康雄)は沢麻子(黒木瞳)を尾行していたのだが、「近くでお見かけしたもので」と言い、パトカーで沢麻子(黒木瞳)を自宅まで送った。

沢麻子(黒木瞳)はパトカーで帰宅するが、水沢李里香(相武紗季)はまだ帰宅していなかった。

沢麻子(黒木瞳)は家庭を守るため、意を決して水沢李里香(相武紗季)の部屋に忍び込み、部屋を物色すると、100万円はするバッグが段ボールの中から出てきた。

さらに、バックの中から大勢の男性の住所を書いた手帳や大量の名刺が見つかった。

沢麻子(黒木瞳)は「男の人ばっかり」と困惑していると、玄関から「ただいま戻りました」という水沢李里香(相武紗季)の声がした。沢麻子(黒木瞳)は慌ててバッグを片付ける。

帰宅した水沢李里香(相武紗季)は怪しんで自分の部屋のドアを開けると、沢麻子(黒木瞳)が部屋のカーテンを閉めていた。

沢麻子(黒木瞳)は「暗くなってきたかカーテンを閉めてたの。迷惑だったかしら」と言い、部屋を出ると、水沢李里香(相武紗季)は「ありがとうございました」と不気味な笑みを浮かべたのであった。

一方、帰宅したくない水沢博行(石田純一)は部下の早瀬まるみ(臼田あさ美)と飲みに行き、早瀬まるみ(臼田あさ美)から誘惑されていたのであった。

ドラマ「おトメさん」の感想は「おトメさん-感想と犯人の予想」をご覧ください。

ドラマ「おトメさん」の第2話のあらすじは「おトメさん-第2話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト臼田あさ美の不倫相手は石田純一へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。