スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


杉咲花が清修学園の入試に失敗

石田ゆり子が出演するTBSの湊かなえ原作ドラマ「夜行観覧車」の第1話「高級住宅街の殺人!渦巻く悪意…家族崩壊」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「夜行観覧車-あらすじとネタバレ」からの続きです。

■夜行観覧車-あらすじとネタバレ後編
ある日、小島さと子(夏木マリ)は遠藤家を訪れ、小島家で開催する毎年恒例の音楽会に遠藤彩花(杉咲花)を誘った。

遠藤彩花(杉咲花)は何かの音楽を聴くだけだと思って気軽な気持ちで音楽会に参加したが、音楽会は子供達による演奏会だった。

子供達が次々と演奏していき、最後に遠藤彩花(杉咲花)の順番がやってくる。

遠藤彩花(杉咲花)は「何も弾けません」と落ち込んだが、小島さと子(夏木マリ)は「何でも良いのよ。自己紹介だと思って聞かせて頂戴」と言い、拍手で遠藤彩花(杉咲花)を出迎え、強引にピアノを演奏させた。

演奏会で恥辱された遠藤彩花(杉咲花)は、演奏会が終わってもふてくされており、迎えに来てくれた遠藤真弓(鈴木京香)をも無視して帰ろうとする。

しかし、遠藤真弓(鈴木京香)は「どうしたの?ちゃんと小島さん(夏木マリ)に挨拶しなさい」と言い、遠藤彩花(杉咲花)を連れて小島さと子(夏木マリ)の所へ行く。

すると、小島さと子(夏木マリ)は遠藤真弓(鈴木京香)に「ごめんなさい。私、どこのお家でも習い事をするものだと思ってたの。ピアノが弾けないというのも冗談かと思ってたの」と話した。

さらに、小島さと子(夏木マリ)は「何にも習い事をしてないの?伸び伸びお育てになってるのね。やっぱり違うわ」と笑い、皆の前で遠藤真弓(鈴木京香)を辱めた。

すると、それを聞いていた高橋淳子(石田ゆり子)が「私も子供の頃は何も習い事をしていませんでした。彩花ちゃん(杉咲花)は素直で優しい子です。大事なことはお母様から学んでいるじゃないでしょうか」と助け船を出した。

小島さと子(夏木マリ)が「そうよ。彩花ちゃん(杉咲花)は素直で良い子よ。だから、正直に『猫踏んじゃった』を弾いてくれたのよね。いつもと違う音楽会で楽しめたわ」と答えると、高橋淳子(石田ゆり子)は「ピアノをお借りしても良いですか」と頼んだ。

高橋淳子(石田ゆり子)は遠藤彩花(杉咲花)を隣に座らせると、簡単にピアノの指導する。そして、数分後、遠藤彩花(杉咲花)は高橋淳子(石田ゆり子)の伴奏をして見事に曲を演奏した。

遠藤彩花(杉咲花)は気分を良くして帰ると、小島さと子(夏木マリ)は臍をかみ、電話で「マー君。聞いてちょうだい。例の人。坂の下から来た人。高橋さん(石田ゆり子)を味方に付けて刃向かってくるの」と愚痴った。

一方、小島家を出た遠藤真弓(鈴木京香)は高橋淳子(石田ゆり子)に「どうして、そんなに優しくしてくれるの」と尋ねると、高橋淳子(石田ゆり子)は「私、気軽に話せる年の近い友達が居ないの」と答えた。

遠藤真弓(鈴木京香)は「じゃー、何かお礼をさせてください」と頼むと、高橋淳子(石田ゆり子)は「カップラーメンが食べたい」と頼んだ。

その後、2人は丘にある公園へ行き、一緒にカップラーメンを食べた。高橋淳子(石田ゆり子)は「おいしーい」と喜んでカップラーメンを食べる。

遠藤真弓(鈴木京香)が不思議そうに「どうしてカップラーメンが食べたいの?」と尋ねると、高橋淳子(石田ゆり子)は「半年に1度は、どうしても食べたくなるの。でも子供に『体に良い物を食べなさい』って言ってるから、食べられないの」と話した。

高橋淳子(石田ゆり子)は子供の頃、ぼろアパートに住み、ら名以後ともしていなかった。両親がお店を経営していたから、週末はいつもラーメンを作り、妹と一緒食べていた。ラーメンに卵やカレーを入れたりして、食べるのが楽しみだったのだという。

遠藤真弓(鈴木京香)が「ラーメンを食べるようには見えないわ。セレブかと思ってた」と驚くと、高橋淳子(石田ゆり子)は「私がそう見えるとしたら、それは主人のおかげね」と答えた。

夫の高橋弘幸(田中哲司)は整形外科医で小さな病院で院長をしており、高橋淳子(石田ゆり子)が高級住宅街「ひばりヶ丘」へ来たのも結婚後だった。

一方、遠藤真弓(鈴木京香)の夫・遠藤啓介(宮迫博之)はサラリーマンで、35年ローンを使って無理をして「ひばりヶ丘」に自宅を購入していた。

遠藤真弓(鈴木京香)は「背伸びしているのは分っているけど、背伸びしなければ、何も手が届かない。それでも、こんな町に住めるなんて、私は幸せなの」と話した。

高橋淳子(石田ゆり子)も「私も幸せ」と言い、カップラーメンをすする。そして、高橋淳子(石田ゆり子)は「このことは誰にも秘密ね」と言い、2人は意気投合した。

次の休日、遠藤一家は高橋一家に招かれ、高橋淳子(石田ゆり子)の手料理をご馳走になる。

遠藤一家には子供が3人居た。長男の高橋良幸(安田章大)が京都大学の医学部を目指す受験生で、長女の高橋比奈子(宮﨑香蓮)は清修学院に通う中学生だった。

次男の高橋慎司(中川大志)は、遠藤彩花(杉咲花)と同じ清修学院を目指す小学生だった。

夫・高橋弘幸(田中哲司)は、親の病院を引き継いだのではなく、自分で独立開業して病院を経営する整形外科医だった。お金持ちだが、釣り付きな気さくで優しい人だった。

高橋家の人はみんな優しく、親子共々親しくなり、高橋家と遠藤家とは家族ぐるみの付き合いが始まった。

やがて、清修学院の受験日が訪れる。保護者として付き添っていた高橋淳子(石田ゆり子)は、緊張のあまり、体調を崩してしまう。遠藤真弓(鈴木京香)は「きっと2人とも上手くいくから」と言い、高橋淳子(石田ゆり子)を励ました。

しかし、合格発表の掲示板に遠藤彩花(杉咲花)の名前は無かった。高橋淳子(石田ゆり子)と高橋慎司(中川大志)は掲示板を見て抱き合って喜んでいたが、掲示板の前で落ち込んでいる遠藤真弓(鈴木京香)に気付き、戸惑うのであった。

ドラマ「夜行観覧車」の原作や主題歌は「夜行観覧車の原作と主題歌」をご覧ください。

ドラマ「夜行観覧車」の感想は「夜行観覧車の感想と犯人の予想」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト杉咲花が清修学園の入試に失敗へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。