スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


原田佳奈に欲情する萩原聖人

富田靖子が出演するフジテレビのドラマ「サキ(美しい隣人2)」の第3話「禁断へ導く女」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「サキ-第3話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■サキ-第3話のあらすじ後編
翌日、網浜サキ(仲間由紀恵)が病院で働いていると、院長・須藤繁之(高嶋政伸)が妻・須藤恵(富田靖子)を連れていた。

網浜サキ(仲間由紀恵)は挨拶し、「この方が噂の。理事長がとっても愛妻家だって病院中の噂なんですよ。理事長はナースにも優しくしてくださって、とっても良い旦那さんですよね」と話した。

妻・須藤恵(富田靖子)は気分を良くして帰ると、須藤繁之(高嶋政伸)は網浜サキ(仲間由紀恵)に「妻は外来の帰りなんだよ」と釈明する。

網浜サキ(仲間由紀恵)は「理事長の家族は安心ですよね。病気になっても怪我をしても、絶対にこの病院で手当を受けられるじゃないですか」と話した。

一方、新田隼人(三浦翔平)は裁判のコンメントを貰うため、浦ヶ浜法律事務所を訪れると、野村康介(萩原聖人)は「サキさん(仲間由紀恵)の誕生日はもうすぐだと言ってましたよね。いつなんですか?」と尋ねた。

新田隼人(三浦翔平)が「明日ですけど」と答えると、野村康介(萩原聖人)は「聞いて良かった。ありがとうございます」と頭を下げた。

その日、網浜サキ(仲間由紀恵)は祐樹(原田佳奈)と会い、話を聞いた。

野村康介(萩原聖人)は祐樹(原田佳奈)の結婚式に遅れてきたため、祐樹(原田佳奈)は野村康介(萩原聖人)と一緒にバージンロードを歩けなかったのだという。

その後、網浜サキ(仲間由紀恵)がワインショップへ行くと、店員・和繁(庄野崎謙)は「おめでとうございます。明日、お誕生日ですよね。会員登録の時にみたんです」と話した。

すると、網浜サキ(仲間由紀恵)は「ありがとう。そうだ、73年の赤をお願いしたいの。シャトー・ムートン・ロシュフォール。来週末までに」とワインを注文した。

翌日、網浜サキ(仲間由紀恵)は、駅で新田隼人(三浦翔平)と合流して、新田隼人(三浦翔平)の部屋へ向かう。

新田隼人(三浦翔平)の部屋は誕生祝いの飾り付けがされており、網浜サキ(仲間由紀恵)は喜んで新田隼人(三浦翔平)に抱きついた。

新田隼人(三浦翔平)は網浜サキ(仲間由紀恵)に手袋をプレゼントを渡し、「母さんも、こうして姉ちゃんと一緒に誕生日を祝っているなんて、驚いてるだろうね。会って欲しかったな、姉ちゃんに」と話した。

すると、網浜サキ(仲間由紀恵)は「もうこんな時間、8時までに行かなきゃいけないの。約束があるの、野村さん(萩原聖人)と」と話す。

新田隼人(三浦翔平)が「誕生日を祝ってもらうの?」と尋ねると、網浜サキ(仲間由紀恵)は「それはないわ。野村さん(萩原聖人)には誕生日を言ってないから」と答えた。

新田隼人(三浦翔平)は野村康介(萩原聖人)に誕生日を教えたことを後悔し、「野村さん(萩原聖人)と付き合っているの?」と尋ねた。

すると、網浜サキ(仲間由紀恵)は「うん。でもね、彼は完全に心を開いてくれてるわけじゃないの。何か抱えている問題があるのだと思う。そういうことを話せるようになれたら、本物なんだろうね」と答えて、新田隼人(三浦翔平)の家を出た。

網浜サキ(仲間由紀恵)が帰ると、新田隼人(三浦翔平)の部屋に恋人・野中百合香(黒川芽以)がやってきた。

野中百合香(黒川芽以)が「今、お姉さんとすれ違ったけど」と報告すると、新田隼人(三浦翔平)は「うん。付き合っている人が居るらしい」と力なく答えた。

野中百合香(黒川芽以)は「彼氏ならしょうがないね。ねー、プレゼントは何あげたの?」と尋ねると、新田隼人(三浦翔平)は「手袋。喜んで嵌めて帰った」と教えた。

しかし、野中百合香(黒川芽以)が網浜サキ(仲間由紀恵)を見かけたとき、網浜サキ(仲間由紀恵)は手袋をしておらず、野中百合香(黒川芽以)は首をかしげた。

一方、網浜サキ(仲間由紀恵)が野村康介(萩原聖人)の部屋を訪れウルと、野村康介(萩原聖人)は網浜サキ(仲間由紀恵)の誕生年である1980年のワインを用意して待っていた。

網浜サキ(仲間由紀恵)が「私の誕生日を知ってたの?私からも誕生日プレゼントがあるの。野村さん(萩原聖人)の生まれ年、1978年のワインももうすぐ飲めるわ」と言い、プレゼントを渡した。

野村康介(萩原聖人)は「僕の誕生日は11月だよ」と驚きながらも、プレゼントを開けると、万年筆が入っていた。

網浜サキ(仲間由紀恵)は「私も万年筆を愛用してるの。苦しい重いから卒業したい時に活躍してくれるの。誰にでも苦しい思いはあるでしょ。決して知られたくない秘密の思いとか。だから、私は手紙を書くの。手紙に書いて誰にも見せない。全部、吐き出すの。野村さんも(萩原聖人)も書いてみたら?」と勧めた。

野村康介(萩原聖人)は妹・祐樹(原田佳奈)の事が脳裏をよぎったが、網浜サキ(仲間由紀恵)には「幸か不幸か、僕には卒業したい思いなんて無いよ」と答えた。

翌朝、野村康介(萩原聖人)が起きると、既に網浜サキ(仲間由紀恵)が朝食の準備をしていた。

野村康介(萩原聖人)は「昨日、凄く酔っ払っちゃって、変な事を言ったかな」と尋ねると、網浜サキ(仲間由紀恵)は「変な事って?」と答えた。

野村康介(萩原聖人)は安心して朝食を食べ始めると、網浜サキ(仲間由紀恵)は「行きたくなかったのよね。結婚式。バージンロードを歩きたくなくて、わざと遅れたのよね」と尋ねた。

野村康介(萩原聖人)が「俺がそんなこと?自分でも訳が分らない。駄目だね、酔っ払いは」と動揺した。

その後、野村康介(萩原聖人)の部屋を出た網浜サキ(仲間由紀恵)は、祐樹(原田佳奈)に電話して「お兄さん(萩原聖人)が会うって。来週末、伊豆に来て欲しいの」と告げた。

一方、野村康介(萩原聖人)は便せんを前に、万年筆を手に取ったのであった。

ドラマ「サキ」の原作や主題歌については「サキの原作と主題歌」をご覧ください。

ドラマ「サキ」の第3話の感想と最終回の予想は「萩原聖人は妹ラブ」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト原田佳奈に欲情する萩原聖人へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。