スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


佐藤健のゲイ(ホモ)疑惑

佐藤健が出演するTBSの親子鷹ドラマ「とんび」の第3話「父と子の反抗期」の感想とゲイ疑惑です。


ドラマ「とんび」の第3話のあらすじは「とんび-第3話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■とんび-第3話の感想とゲイ
ドラマ「とんび」で市川旭(佐藤健)にゲイ(ホモ)疑惑が浮上している。会社の同僚の間で、市川旭(佐藤健)はゲイ(ホモ)だという噂が流れているのだ。

第2話で市川旭(佐藤健)が連れていた子供・健介(黒澤宏貴)は、市川旭(佐藤健)の子供ではなく、出版社で働く同僚・坂本由美(吹石一恵)の子供だった。

ドラマ「とんび」は「鳶(市川安男)が鷹(市川旭)を生んだ」という親子鷹ドラマであるが、市川旭(佐藤健)がゲイであれば、「鳶(市川安男)がゲイ(市川旭)を生んだ」ということになる。

さて、ドラマ「とんび」の第3話も感動した。恥ずかしくて息子・市川旭(福崎那由他)に素直に接することが出来ない不器用な市川安男(内野聖陽)と、市川安男(内野聖陽)のためにピッチャーを目指した市川旭(福崎那由他)の不器用さがよく現れていた。

また、ピッチャーに拘って故障した市川旭(福崎那由他)と、高校時代にピッチャーに拘ってベンチ入り出来なかった照雲(野村宏伸)のエピソードが重なった。

市川旭(福崎那由他)がピッチャーに拘ったように、照雲(野村宏伸)にもピッチャーに拘るべき理由があったのだろうか。

最近は「拘る(こだわる)」を「拘りの料理」などというように良い意味で使うことがあるが、本来は「拘る」というのは「細かなことにとらわれる」という悪い意味である。

拘ってはいけないと分っているが、私はどうでもよい所に拘る性分があるため、やはり、市川旭(佐藤健)がゲイ(ホモ)なのかゲイじゃないのか、というところに拘ってしまう。

市川旭(佐藤健)は早くに両親を亡くし、大勢の「二葉(周囲の大人)」によって育てられた。

ドラマ「とんび」では、二葉によって育てられことが感動のエピソードのように表現されていたが、何には毒を持った二葉も居るかも知れい。

市川旭(佐藤健)がゲイ(ホモ)という視点から見ると、いつもニヤニヤしている坊主の照雲(野村宏伸)が怪しい。市川旭(福崎那由他)は照雲(野村宏伸)から野球を教わったが、教わったのは野球だけだったのだろうか。

その答えはもう直ぐ出るだろう。なんと、坂本由美(吹石一恵)がゲイ(ホモ)疑惑について、市川旭(佐藤健)に触接、尋ねたのだ。

市川旭(佐藤健)がゲイなのか、ゲイでないのか。その真相は、坂本由美(吹石一恵)のゲイ疑惑追及で明らかになるだろう。

ドラマ「とんび」の原作や主題歌については『「とんび」の原作や主題歌』をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト佐藤健のゲイ(ホモ)疑惑へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。