スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


関ジャニ∞安田章大安田章大の彼女は滝裕可里

滝裕可里(たき・ゆかり)が出演するTBSの家庭崩壊ドラマ「夜行観覧車」の第4話「夫の秘密と嘘…兄妹たちの残酷な現実」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


このページは「夜行観覧車-第4話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■夜行観覧車-第4話のあらすじ後編
事件当日の朝、高橋比奈子(宮﨑香蓮)は父・高橋弘幸(田中哲司)に車で学校へ送ってもらった。

そのとき、高橋比奈子(宮﨑香蓮)は「建築学科は難しいのかな?パパのもう1つの夢を私が叶えようかなと思って」と尋ねると、父・高橋弘幸(田中哲司)は「じゃー、比奈子に家を建てて貰おうかな、頑張れよ」と笑った。

その日の夜、高橋比奈子(宮﨑香蓮)は友達の家に泊まり、友達数人と雑談した。高橋比奈子(宮﨑香蓮)が、「嘘泣きをする時は親を殺すと涙が出るの」と話すと、友達も「私も」と同調した。

そのとき、高橋比奈子(宮﨑香蓮)の携帯電話が鳴った。知らない電話番号だが、出てみると警察だった。高橋弘幸(田中哲司)が病院へ運ばれたという。

インターネット掲示板に公開された高橋弘幸(田中哲司)を見ていた高橋比奈子(宮﨑香蓮)は、「パパごめんなさい。パパごめんなさい」と泣き崩れた。

事件の2日後、高橋比奈子(宮﨑香蓮)は学校の会議室で担任らと話す。

教師は「これまで通りの学校生活が送れるようにサポートするから」と告げたが、高橋比奈子(宮﨑香蓮)は「そんなこと出来るんでしょうか。私は普通の人生が送れるんでしょうか。教えてください」と嘆いた。

その後、高橋比奈子(宮﨑香蓮)は校内で友達に会うが、友達は余所余所しかった。

一方、村田志保(吉田里琴)らが「付き合わなくて良かった。良い子のふりして家では悪魔か」と笑っていると、遠藤彩花(杉咲花)は「そんな子じゃない」と反論する。

その後、遠藤彩花(杉咲花)が坂を上がって帰宅していると、坂の途中で高橋比奈子(宮﨑香蓮)と出会い、声をかけた。

そして、遠藤彩花(杉咲花)は「知りたくありませんか?あの夜何があったのか?」と言い、高橋比奈子(宮﨑香蓮)を坂の下にあるカラオケボックスへと向かった。

カラオケボックスに着くと高橋比奈子(宮﨑香蓮)は「何を知ってるの?早く言ってよ」と迫ると、遠藤彩花(杉咲花)は「がっかりだな。比奈子さん(宮﨑香蓮)は礼儀を知っていると思ったのに」と笑った。

しかし、遠藤彩花(杉咲花)は「でも、そっちは大変な時だから、ここは私が大人になりますよ」と言い、事件の直前に高橋家から叫び声が聞こえて来た事を教えた。

高橋比奈子(宮﨑香蓮)が「どうして止めてくれなかったの?」と怒ると、遠藤彩花(杉咲花)は「比奈子さん(宮﨑香蓮)はウチにそういう事してくれたことあります?」と笑った。

そして、遠藤彩花(杉咲花)は「その制服だっていつまで着られるか分らないでしょ。記念撮影しましょう」と言い、高橋比奈子(宮﨑香蓮)とのツーショット写真を携帯電話で撮影した。

その日の夜、帰宅した遠藤啓介(宮迫博之)が玄関のドアを開けようとすると、家の中から遠藤彩花(杉咲花)の「糞ババァ」という声が聞こえてきたため、再び車に戻った。

一方、田中家にも居づらい高橋比奈子(宮﨑香蓮)は、京都に居る兄・高橋良幸(安田章大)と連絡が取れないため、メールを送り、夜行バスに乗った。

そのころ、兄・高橋良幸(関ジャニ∞安田章大)の部屋では、京都弁の彼女・野上明里(滝裕可里)が料理を作りながら高橋良幸(安田章大)の帰りを待っていた。

そのとき、部屋で携帯電話が鳴る。高橋良幸(安田章大)は部屋に携帯電話を置き忘れていたのだ。

彼女・野上明里(滝裕可里)が高橋良幸(安田章大)の携帯電話を見ると、比奈子(宮﨑香蓮)からのメールを受信していた。

彼女・野上明里(滝裕可里)は女性の名前を怪しみ、メールをチェックして、愕然とする。殺人犯の家族って、どういうこと…。

一方、遠藤彩花(杉咲花)がカンシャクを起こして家を飛び出すと、遠藤真弓(鈴木京香)も後追って家を出たが、遠藤彩花(杉咲花)は自転車で走り去ってしまった。

遠藤真弓(鈴木京香)は諦めて家の中に入ろうとすると、車の中に潜む人影に気付いて驚く。…お父さん?

遠藤真弓(鈴木京香)は車の中に居た遠藤啓介(宮迫博之)を家の中へ連れ込み、「お願い。1000万円の借金について正直に話して」と悲鳴を上げた。

すると、遠藤啓介(宮迫博之)は「独立資金なんだ。高橋さん(田中哲司)が応援してくれて。でも、そう簡単じゃなかった」と打ち明けた。

遠藤真弓(鈴木京香)が「そのお金はもう返したのよね」と尋ねると、遠藤啓介(宮迫博之)は「今、銀行だ。応援してくれている手前、返しづらくて。事件が落ち着いたら全額返す」と答えた。

遠藤真弓(鈴木京香)は一安心したが、高橋淳子(石田ゆり子)の事を思い出し、「淳子さん(石田ゆり子)は今どこに居るの?昨日、お父さんの会社まで行ってきたの。そしたら、喫茶店から淳子さん(石田ゆり子)が出てきて、その後、お父さんが出てきたの」と尋ねた。

遠藤啓介(宮迫博之)は「偶然だろ。俺は、お得意さんと打ち合わせをしてたんだ。淳子さん(石田ゆり子)が居たなんて気付かなかった」と答えた。

遠藤真弓(鈴木京香)は「事件の晩、高橋さんの家から出てくるお父さんを見たって人が居るの」と告げると、遠藤啓介(宮迫博之)は「タイルの貼り替えをしたんだ。それに夜じゃ無い。昼だ。職人も連れて行った」と答えた。

遠藤真弓(鈴木京香)が「本当に?」と尋ねると、遠藤啓介(宮迫博之)は「疑うのだったら、調べれば良いだろ。誰なんだ、そんなデマカセを吹き込んだのは」と声を荒げた。

遠藤真弓(鈴木京香)が「小島さん(夏木マリ)がそう言ったから」と答えると、遠藤啓介(宮迫博之)は「出てきたのはアッチだからな。あの日の夜、高橋家から出てきたのは小島さん(夏木マリ)なんだ」と明かしたのであった。

ドラマ「夜行観覧車」の原作や主題歌は「夜行観覧車の原作と主題歌」をご覧ください。

ドラマ「夜行観覧車」の第4話の感想は「夜行観覧車-第4話の感想と真犯人の予想」をご覧ください。

ドラマ「夜行観覧車」の第5話のあらすじは「夜行観覧車-第5話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト関ジャニ∞安田章大安田章大の彼女は滝裕可里へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。