スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サキ-第6話のあらすじとネタバレ

仲間由紀恵が出演するフジテレビの自殺スイッチドラマ「サキ(美しい隣人2)」の第6話「弱者の逆襲-追い詰められた悪女」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


ドラマ「サキ」第5話のあらすじは「サキ-第5話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「サキ」の原作や主題歌については「サキの原作と主題歌」をご覧ください。

■サキ-第6話のあらすじ
網浜サキ(仲間由紀恵)の周りで2人の男が自殺している…。新田隼人(三浦翔平)が網浜サキ(仲間由紀恵)の部屋を訪れると、クーラーを修理した本田典史(岡田義徳)が出て行くところだった。

本田典史(岡田義徳)が帰ると、新田隼人(三浦翔平)は網浜サキ(仲間由紀恵)に、「前に患者さんだって言ってた中川(姜暢雄)って人、死んでた。どうして、姉ちゃんの周りで2人も死んでんだよ」と疑問をぶつけた。

すると、網浜サキ(仲間由紀恵)は「そっか。私の周りで2人も死んでるということは、疑われても仕方が無いことなのね」と落ち込んでしまい、新田隼人(三浦翔平)は「ごめん。ちょっと混乱してて」と謝り、部屋を出た。

翌日、病院で須藤繁之(高嶋政伸)が妻・須藤恵(富田靖子)と送り出していると、看護婦が噂した。須藤繁之(高嶋政伸)は訳ありのバツイチで、前妻との離婚の原因は須藤恵(富田靖子)にあるのだという。

妻・須藤恵(富田靖子)が帰ると、須藤恵(富田靖子)の弟が須藤繁之(高嶋政伸)に「姉が変わった」と話した。

今は貞淑な妻だが、昔の須藤恵(富田靖子)は気が強く、思ったことは何でも口に出す女性だったのだという。

須藤繁之(高嶋政伸)も昔の須藤恵(富田靖子)を知っており、弟は「どちらの姉が好きでした?」と尋ねた。

一方、自殺した中川肇(姜暢雄)の記事を気にしていた新田隼人(三浦翔平)は、濱田直美(内田有紀)に「偶然の出来事が、2度続くことがあると思いますか?」と尋ねた。

濱田直美(内田有紀)は「2度までならあるんじゃない?でも3度の偶然は無いと思う。もし、3度目があったら、そこにはきっと、誰かの意図や思惑があるんじゃないかな」と答えた。

ある日の夜、本田典史(岡田義徳)は網浜サキ(仲間由紀恵)と一緒に炉端焼きの店を出ると、「俺なんてお洒落なお店を知らないし、俺なんかと食事して楽しいのかなって」と謝った。

すると、網浜サキ(仲間由紀恵)は「もう『俺なんて』って言っちゃ駄目。今の貴方は周りに押さえつけれて、自分を『出来ない』と思い続けてるけど、貴方は出来る人よ。思う事があれば、言ってみたら?きっと、周りは貴方の価値に気付く。貴方の代わりは居ないのよ」と告げた。

翌日、須藤繁之(高嶋政伸)が病院の食堂でラーメンを食べていると、網浜サキ(仲間由紀恵)に「お好きなんですか?ラーメン」と声をかけられた。

須藤繁之(高嶋政伸)は「塩分を取り過ぎると体に悪いから、控えるように言われてるんだけどね。甘い物も妻に禁止さえてるんだ。でも、禁断の物に惹かれてしまうんだよね」と話した。

須藤繁之(高嶋政伸)が「サキさん(仲間由紀恵)、昼ご飯は?」と尋ねると、サキ(仲間由紀恵)は「最近、食欲が無くて。良くある話しです。仕事そのものに悩んでるんじゃなくて、人間関係というか」と答えた。

すると、須藤繁之(高嶋政伸)は「他の科に移りますか?僕が言えば大丈夫ですよ」と尋ねた。

しかし、網浜サキ(仲間由紀恵)は「理事長も違う世界に生きている方だったんですね。仕事ってそういうものじゃないでしょ。権力とか立場とか、そういうものを使っても何の解決にもなりません」と怒って立ち去った。

一方、本田典史(岡田義徳)らが空調の修理をしていると、先輩が咲いての社長に「すみません。部品の在庫が無いので、最短で明日じゃだめですか?」と謝罪した。

社長が「駄目に決まってるだろ。俺の顔を潰す気か」と激怒すると、本田典史(岡田義徳)は「在庫は在りますよ。取ってきます。在庫はチェックしているので、注文して置いたんです」と言い、車から在庫を持ってきて、先輩に渡した。

すると、社長は本田典史(岡田義徳)を褒め、修理している先輩を「お前ら、たるんでるんじゃないか」と罵倒した。

その日、仕事が終わると、先輩は「普段は何の役にも立たないのに。雑魚は雑魚らしくしてろ。給料泥棒が」と言い、本田典史(岡田義徳)に殴る蹴るの暴行を加え、本田典史(岡田義徳)の顔は晴れ上がった。

顔面を腫らした本田典史(岡田義徳)が網浜サキ(仲間由紀恵)に会い、「最後にあえて良かった。勇気出すとか、俺には性に合わない。俺なんて、生きてる意味が無い」と嘆いた。

しかし、網浜サキ(仲間由紀恵)は「そんな風に思ってはいけない。だってこれからなんだから。この世に貴方の代わりは居ない」と説得すると、本田典史(岡田義徳)はうなずいた。

偶然、2人の様子を見ていた新田隼人(三浦翔平)は、網浜サキ(仲間由紀恵)の周りで2人が自殺していることは誤解だと悟り、「姉ちゃん」と声をかけた。

翌日、須藤繁之(高嶋政伸)は網浜サキ(仲間由紀恵)を呼び出し、昨日の事を謝罪し、「久しぶりに叱ってもらえた。立場が偉くなると、誰も叱ってくれないんだ。そうやって自分を見失っていくのかな。これからも、サキさん(仲間由紀恵)の意見を聞きたい」と頼んだ。

網浜サキ(仲間由紀恵)は「素敵ですね。私、そういう男性が好きです」と微笑むと、須藤繁之(高嶋政伸)は鼻の穴を膨らませた。

サキ-第6話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイトサキ-第6話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。