スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


三浦翔平が仲間由紀恵をラブホテルに連れ込む

三浦翔平が出演するフジテレビの姉萌えドラマ「サキ(美しい隣人2)」の第6話「弱者の逆襲-追い詰められた悪女」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


このページは「サキ-第6話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■サキ-第6話のあらすじ後編
その日、網浜サキ(仲間由紀恵)は仕事が終わると、ワイン店へ立ち寄り、店員・和繁(庄野崎謙)に「この間はごめんなさい。仕事がバタバタしてたから。これお詫びにと思って」と言い、紙袋を差し出した。そして、網浜サキ(仲間由紀恵)は1981年の赤ワインを購入した。

和繁(庄野崎謙)が帰宅すると、母・須藤恵(富田靖子)にお土産を差し出した。須藤恵(富田靖子)が箱を開けると、中からロールケーキが出てきた。

それれは、須藤繁之(高嶋政伸)がナースステーションに差し入れたロールケーキと同じロールケーキだった。

母・須藤恵(富田靖子)はロールケーキに喜び、須藤繁之(高嶋政伸)に「今日はちょっとだけ頂く?」と言って、須藤繁之(高嶋政伸)にもケーキを許可し、家族3人でロールケーキを食べた。

須藤繁之(高嶋政伸)はロールケーキを食べながら、網浜サキ(仲間由紀恵)の事を想いだし、鼻の穴を膨らませた。

一方、網浜サキ(仲間由紀恵)に励まされた本田典史(岡田義徳)は、本屋でファッション誌を読みあさっていた。

翌日、本田典史(岡田義徳)は、ど派手は服で出社し、同僚は、いつもと様子の違う本田典史(岡田義徳)に驚く。女性事務員の遠藤里香(石井香帆)は驚きながらも、「今日はどうしたですか?素敵ですね」と服を褒めた。

その日の本田典史(岡田義徳)は、いつもとは違い、新規顧客5社と契約を取り付けた。先方が本田典史(岡田義徳)の仕事を認め、本田典史(岡田義徳)に仕事を頼みたいと言うのだという。

すると、先輩は本田典史(岡田義徳)に「おめでとう」と言い、花束を渡した。本田典史(岡田義徳)が驚くと、先輩は「頑張って第2の人生を歩め。知らないのか?お前がリストラ対象だって。滑稽とはこのことだ。お前の代わりなんて、いくらでも居るんだよ」と告げた。

他方、新田隼人(三浦翔平)はレストランで網浜サキ(仲間由紀恵)と会い、野村康介(萩原聖人)らの自殺について疑ったことを謝罪した。

新田隼人(三浦翔平)は、網浜サキ(仲間由紀恵)が食べてるサラダの人参に気付くと、「子供の頃は人参が嫌いだったけど、母さんが作った肉じゃがに入っていた人参は食べられた。だから、母さんが何食べたいって訊くと、いつも肉じゃがって答えてた。入学式とか、誕生日とか」と話した。

そのとき、テーブルの上にあった網浜サキ(仲間由紀恵)の皿が床に落ちて割れる。店員が「お怪我はありませんか」と言い、皿を片付けると、網浜サキ(仲間由紀恵)は席を立ってトイレへと向かった。

そして、網浜サキ(仲間由紀恵)はトイレに入ると、洗面所にあった石鹸の容器を鏡に投げつけた。

席に戻った網浜サキ(仲間由紀恵)は、「今夜は飲もうね」と言い、新田隼人(三浦翔平)に酒を勧めた。

そのころ、先輩の「お前の代わりなんていくらでも居る」という言葉に切れた本田典史(岡田義徳)は、工具で先輩の頭を殴り、事務所を血の海にしていた。

その後、酔っ払った新田隼人(三浦翔平)が気付くと、そこは知らない部屋のベッドの上だった。どうやら、ラブホテルらしい。

新田隼人(三浦翔平)は恐る恐る布団を捲ると、隣には網浜サキ(仲間由紀恵)が寝ていた。新田隼人(三浦翔平)は慌てて網浜サキ(仲間由紀恵)を起こす。

新田隼人(三浦翔平)が「なんでこんな所に」と驚くと、網浜サキ(仲間由紀恵)が「隼人(三浦翔平)が誘ったのよ。覚えてないの?」と教えた。

シャワーを出た新田隼人(三浦翔平)が「こんな所に。ゴメン」と謝罪すると、網浜サキ(仲間由紀恵)は「私は平気。兄弟って言っても、ずっと離れてたんだから、そうなっても仕方が無いじゃない」と答えた。

新田隼人(三浦翔平)は「そんな、おかしいだろ」動揺すると、網浜サキ(仲間由紀恵)は「冗談よ」と笑って新田隼人(三浦翔平)の頭を愛撫した。

すると、新田隼人(三浦翔平)は網浜サキ(仲間由紀恵)の腕を掴んで、網浜サキ(仲間由紀恵)に迫るもであった。

そのころ、工具で先輩を殴り倒した本田典史(岡田義徳)は、事務所から逃げ出し、物陰に潜んで網浜サキ(仲間由紀恵)に電話をかけ続けていたが、網浜サキ(仲間由紀恵)が電話に出ることはなかった。

ドラマ「サキ」第7話のあらすじとネタバレは「サキ-第7話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「サキ」の最終回と結末の予想は「サキ-最終回と結末の予想」をご覧ください。

ドラマ「サキ」の原作や主題歌については「サキの原作と主題歌」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト三浦翔平が仲間由紀恵をラブホテルに連れ込むへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

毎週見ています!すごく面白いです

サキ : 2013年03月16日(土)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。