スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おトメさん-第6話のあらすじとネタバレ

片岡信和が出演するテレビ朝日の嫁姑ドラマ「おトメさん」の第6話「もう私のもの…嫁の勝利宣言」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


ドラマ「おトメさん」の第5話のあらすじとネタバレは「おトメさん-第5話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■おトメさん-第6話のあらすじ
警察を訪れた水沢李里香(相武紗季)は刑事・林真彦(片岡信和)に「どうして、福本さんが私の客だと分ったんですか?主人の母(黒木瞳)が垂れ込んだんじゃないですか?私のバッグにこれがあったから」と言い、福本章介の名刺を出しだした。

刑事・林真彦(片岡信和)は「どういう関係なんだ。家族は愛人だと言っている」と尋問すると、水沢李里香(相武紗季)は「愛人ではありません。関係は一言では言えません」と答えた。

すると、同席していた呉竹次郎(大地康雄)は「アンタは何しに来たんだ。捜査に協力するなんて言って、捜査状況を探りに来ただけじゃないか。お帰りください」と激怒した。

水沢李里香(相武紗季)は「やっときてくれましたね。私は刑事さん(大地康雄)と話したかったんです。私のことをよく調べてくれたから。福本さんと私の間にあった事を書いてあります」と言い、手紙をテーブルに置いた。

一方、水沢麻子(黒木瞳)は自宅で梶原美由紀(鈴木砂羽)に、梶原美由紀(鈴木砂羽)が目撃した男性は倉島岳彦(渋川清彦)だった事を打ち明け、相談していた。

水沢麻子(黒木瞳)は警察へ電話しようとするが、梶原美由紀(鈴木砂羽)は「抱き合ったところを見たわけじゃないから。証拠が無いと」と止めた。

水沢麻子(黒木瞳)は「証拠ならあるわ」と言ったが、カバンと一緒に福本章介の名刺も無くなったことを思いだして口をつぐんだ。

すると、梶原美由紀(鈴木砂羽)は「何か隠し事をしているわね。私が信用できないの」と言って帰ろうとすると、水沢麻子(黒木瞳)は「そんな事無いわ。信用できるのは美由紀(鈴木砂羽)だけよ」と言い、必死に止める。

しかし、そこへ、水沢博行(石田純一)が帰宅したため、梶原美由紀(鈴木砂羽)が帰宅する。

水沢麻子(黒木瞳)は水沢博行(石田純一)に「私は嘘なんてついてません」と花井を蒸し返そうとすると、水沢博行(石田純一)は「似合ってるじゃないか。銀婚式だから奮発したんだ。映画のタイタニックでヒロインが海に投げ込んだのと同じなんだ」と、プレゼントしたペンダントを褒めた。

夫はいつもこうなんです。聞きたくない事は逃げれば、誰かが解決してくれるとでも思っているのでしょうか。

そこへ水沢優太(郭智博)と水沢李里香(相武紗季)の2人が一緒に帰ってくる。

水沢李里香(相武紗季)は「お母さん、素敵なペンダントですね。銀婚式のプレゼントですか?海の色。そうだ。それを着けて、2人で一緒に海へお出かけしません?」と言い、水沢麻子(黒木瞳)を海に誘った。

水沢博行(石田純一)は「ちょっと寒いんじゃないかな。暖かくなってから、みんなで一緒に行こうよ」と告げたが、水沢李里香(相武紗季)は「私はお母さんと2人で行きたいんです。もっともっと仲良くなりたいから」と答えた。

すると、水沢麻子(黒木瞳)は「いいわね。行きましょう」と答えた。これは嫁からの果たし状です。私は夫のように逃げません。

約束の日の朝、水沢麻子(黒木瞳)は、水沢李里香(相武紗季)が運転する車に乗り込み、海へと向かう。

一方、男どもは、出勤前に立ち寄る喫茶店で水沢麻子(黒木瞳)らの事を話していた。

水沢博行(石田純一)が「楽しく海を見て終わりって訳にはいかないでしょうな」と、ため息をつく。隣人・梶原卓(大浦龍宇一)は「水際の戦は戦況を決定する歴史がありますからね」と唸った。

すると、水沢優太(郭智博)は「いっそ、勝ち負けが決まった方が良いんじゃないですか?仲良くやってもらおうと思って、一生懸命やってきたけど、最近のお母さんを見てると、それは無理だと思う。どちらか上かハッキリした方が、上手くいくんじゃないかな」と話した。

そこへ、コーヒーを注ぎに来た店員が「血を見なきゃいいけど。確か、源氏もナポレオンも、負けて滅亡への道を歩んだんじゃないの?」と告げた。

そこで、水沢博行(石田純一)の携帯電話が鳴る。社長・北村満智子(奈美悦子)からの呼び出しで、水沢博行(石田純一)は会社へと急いだ。

その後、水沢博行(石田純一)が社長室へ行くと、早瀬まるみ(臼田あさ美)と一条真哉(神保悟志)の2人が社長室に居た。

早瀬まるみ(臼田あさ美)は「体の関係を強要された」と訴え、一条真哉(神保悟志)は「玉井事務所から金品を貰って、仕事を発注していた」と告発しており、社長・北村満智子(奈美悦子)は水沢博行(石田純一)に不正を追求した。

水沢博行(石田純一)は「340万円を受け取ったが、1円も使っていない。相手に恥を欠かせない為で、次期を見て返すつもりだった。明日中に全額返金します」と釈明した。

おトメさん-第6話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイトおトメさん-第6話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。