スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サキ-第8話のあらすじとネタバレ

庄野崎謙が出演するフジテレビの悪女ドラマ「サキ(美しい隣人2)」の第8話「母のための復讐-真夜中の誘惑」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


ドラマ「サキ」第7話のあらすじは「サキ-第7話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「サキ」のノベライズや原作については「サキの原作と主題歌」をご覧ください。

■サキ-第8話のあらすじ
ある日、須藤恵(富田靖子)は自宅で食事をしながら、須藤繁之(高嶋政伸)に「サキさん(仲間由紀恵)はどういう方?ご実家は何されてるの?」と尋ねると、須藤繁之(高嶋政伸)は「確か、静岡で開業医をやってるって」と答えた。

須藤繁之(高嶋政伸)が「どうしたの?」と尋ねると、須藤恵(富田靖子)は「私、やっぱり、よく考えたらどうかなって。カズ君(庄野崎謙)とは年も離れてるし」と答えた。

須藤繁之(高嶋政伸)が「良い経験になるんじゃないか?」と告げると、須藤恵(富田靖子)は「カズ君(庄野崎謙)は私達が思っている以上に…」と結婚を心配した。

一方、新田隼人(三浦翔平)は呆然と夜の街を歩いていると、サラリーマンにぶつかったが、謝罪もしないで立ち去ろうとしたため、サラリーマンにボコボコに殴られてしまった。

翌日、濱田直美(内田有紀)が仕事をしていると、新田隼人(三浦翔平)が資料を取りに来ていないという電話がかかってきた。

濱田直美(内田有紀)は、新田隼人(三浦翔平)に電話してみたが、携帯電話は電源が入っていなかった。最近、新田隼人(三浦翔平)の様子がおかしいため、連絡が無ければ、部屋に様子を見に行くことにした。

一方、網浜サキ(仲間由紀恵)が病院で子供の相手をしていると、須藤恵(富田靖子)がやってきた。須藤恵(富田靖子)は網浜サキ(仲間由紀恵)を喫茶店へ誘う。

須藤恵(富田靖子)は「和繁(庄野崎謙)のことなんだけど、サキさん(仲間由紀恵)はどう思ってるんですか?」と尋ねると、網浜サキ(仲間由紀恵)は「お母さんはお名前はなんて言うんですか?」と尋ね返した。

須藤恵(富田靖子)は「え?恵よ」と答えると、網浜サキ(仲間由紀恵)は「恵さんって呼んでいいですか?お母さんて呼ぶのは申し訳ないですし」と言い、年上の女友達の事を話し始めた。

網浜サキ(仲間由紀恵)の年上の女友達は、最近、離婚した。年上の女友達は、若い旦那さんと結婚して幸せに暮らしていたのだが、旦那さんに若い愛人と子供まで出来てしまったため、離婚したのだという。

そしで、網浜サキ(仲間由紀恵)は「和繁さん(庄野崎謙)とは、年齢のことで戸惑っている部分があって、私の方が年齢が10歳も上だし。焦らずにゆっくりとやっていこうかなって」と話した。

さらに、網浜サキ(仲間由紀恵)は「恵さん(富田靖子)は略奪した方の若い奥さんが幸せになれると思います?愛人のために奥さんを捨てるような男性ですよ。幸せを勝ち取った瞬間から、いつか自分も捨てられるのではないか、と疑うようになって、自分で幸せを壊す様なことをしてしまう。それって不幸なことですよね」と話した。

須藤恵(富田靖子)は、自分と須藤繁之(高嶋政伸)の事を言われてるような気がして動揺した。

一方、編集部には雑誌の読者からFAXが届いていた。その中の1つに、IT企業の社長・中川肇(姜暢雄)の元婚約者からのFAXがあり、濱田直美(内田有紀)は直ぐに元婚約者に連絡を取った。

そして、濱田直美(内田有紀)らが元婚約者から話を聞くと、元婚約者は「自殺する3ヶ月前に、彼は別人みたいになったんです。好きな人が出来たって。彼はそのころ、入院してて、本当の幸せを考えるようになったって」と話した。

逮捕された本田典史(岡田義徳)も女性と知り合ってから変わったという証言があるため、濱田直美(内田有紀)は中川肇(姜暢雄)が入院していた病院を調べてみることにした。

一方、新田隼人(三浦翔平)は静岡県静岡市にある網浜サキ(仲間由紀恵)の実家・網浜病院を訪れていた。

新田隼人(三浦翔平)は「こちらは網浜サキさん(仲間由紀恵)の?以前、サキさん(仲間由紀恵)にお世話になったもので」と話すと、医師は「あぁ、養護施設で。サキ(仲間由紀恵)は東京なんですよ」と答えた。

他方、網浜サキ(仲間由紀恵)は食事に招かれ、須藤家を訪れる。網浜サキ(仲間由紀恵)は食事中に、和繁(庄野崎謙)の腕に大きな傷があることに気付き、「どうしたの?」と尋ねた。

すると、和繁(庄野崎謙)は「昔、悪いことに憧れててさ、万引きして逃げた途中に、自転車で階段から転げ落ちちゃって」と話す。

網浜サキ(仲間由紀恵)が「いつごろの話し?」と尋ねると、須藤繁之(高嶋政伸)は「高校生のころだから、5~6年前じゃないか?」と教えた。

階段から落ちた和繁(庄野崎謙)は意識不明になり、救急車で須藤繁之(高嶋政伸)へ運ばれた。須藤繁之(高嶋政伸)は最悪の事態を想像して動揺していたが、CTをとっても異常は無く、ただの脳しんとうだったのだという。

和繁(庄野崎謙)が怪我の事を話していると、雨が降ってきたことに気付き、「今日は泊まっていけば?」と誘う。

須藤恵(富田靖子)はやんわりと反対したが、和繁(庄野崎謙)に押し切られ、網浜サキ(仲間由紀恵)を須藤家の客間に泊めることにした。

サキ-第8話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイトサキ-第8話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。