スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


おトメさん-第7話のあらすじとネタバレ

大地康雄が出演するテレビ朝日の嫁姑ドラマ「おトメさん」の第7話「うちの嫁を逮捕しないで」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


おトメさん-第6話のあらすじとネタバレは「おトメさん-第6話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■おトメさん-第7話のあらすじ
福本章介の行方を追っていた刑事・呉竹次郎(大地康雄)は、福本章介が奥多摩の旅館に福本章介が滞在していたことを突き止めるが、既に福本章介は宿泊費を払わず、姿を消していた。

呉竹次郎(大地康雄)は警察犬を導入して旅館の周囲を探すと、旅館の近くで血の付いた携帯電話を発見した。

東京へ戻った呉竹次郎(大地康雄)は、水沢家を訪れ、水沢李里香(相武紗季)に「福本章介が奥多摩の旅館に滞在していたことが分りました。『カオリと会う約束をしている』と話していたそうです。カオリというのは貴女が店で使っていた名前ですよね。お時間頂けませんか」と尋ねた。

しかし、水沢李里香(相武紗季)は「お断りします。知りません。連絡も取っていません」と答えて家に入った。

水沢李里香(相武紗季)は立ち聞きしようとしていた水沢麻子(黒木瞳)に、「立ち聞きしなくても全てお話しします。福本章介が私と会う約束をしてたそうです。私は知ったこっちゃありませんけど」と話した。

水沢麻子(黒木瞳)は「信じるわ」と話すと、水沢李里香(相武紗季)は「だったら、警察が来た事は、優太さん(郭智博)とお父さん(石田純一)には秘密にしておいてください。新しい仕事を始めたばっかりだし、心配をかけたくないんです」と頼むんだ。

すると、水沢麻子(黒木瞳)は「そうしましょう。言えばいいってものじゃない。仕事を支えてこそ妻よね」と言い、警察が来た事は2人だけの秘密にした。

一方、警察が発見した血の付いた携帯電話は、福本章介本人の者であることが判明していた。

過去のメールは全て消えていたが、携帯電話には「なぜ来てくれないんだ。約束から2時間も待っているのに。まだ愛しているって言ったじゃないか」というカオリへの未送信メールが残っていた。

捜査員は「もう殺されてるんじゃないですか」「引っ張ってもいいんじゃないですか」と声を上げたが、呉竹次郎(大地康雄)は「状況証拠に過ぎん。とにかく証拠だ。最後のツメを怠るな」と捜査員に檄を飛ばした。

その日、水沢博行(石田純一)が帰宅すると、水沢麻子(黒木瞳)と水沢李里香(相武紗季)が仲良く夕食を作っており、「何かあったの?」と驚く。

水沢麻子(黒木瞳)は「李里香さん(相武紗季)来てから1ヶ月になるでしょ。色々とあったけど、仲良くやっていこうと思うの。他の人同士なんだから、最初は上手くいかないわよね。でも、たった今から、良い嫁と姑になります」と宣言した。

翌日、刑事・林真彦(片岡信和)が梶原家を訪れ、聞き込みをするが、梶原美由紀(鈴木砂羽)は警戒して「特に変わったことは無い」と答えた。

しかし、そこへ梶原うめの(冨士眞奈美)が現れ、「お隣のお嫁さんの事を聞きたいんでしょ。お隣のお嫁さんは、男関係が…」と話し出した。

梶原美由紀(鈴木砂羽)は慌てて、「母は刑事ドラマの見過ぎで、現実とごっちゃになっているんです」と釈明する。

刑事・林真彦(片岡信和)が呆れて聞き込みを打ち切り、車へ戻ると、近所に住む主婦が「失踪事件を調べてるんでしょ」と言い、駆け寄ってきた。

そして、主婦は林真彦(片岡信和)に「思い出したんだけど、この人見たことあるの。水沢さん家の前でジーッと立ってたの。確か、息子さんの結婚式の日よ。泥棒だったらどうしようと思ってたの」と話した。

一方、水沢李里香(相武紗季)が水沢麻子(黒木瞳)に、「ここからここまで、どうして家計簿を書いてないんですか?他のページは細かく書いてるのに」と尋ねると、水沢麻子(黒木瞳)は「さぁ、忘れちゃった」と答えた。

水沢李里香(相武紗季)は「2年前ですよ。怪しい。前から思ってたんですけど、お母さんも何か隠してるんじゃないですか?自分に秘密があるから、私を疑ったんじゃないですか?」と追求する。

しかし、水沢麻子(黒木瞳)は「まさか。私なんてづっと家に居るのよ。今日は雪が降るから、早くお肉を買いに行ってきて」と名無しを打ち切り、水沢李里香(相武紗季)をスーパーへ買い物へ行かせた。

水沢李里香(相武紗季)が買い物へ行き、自宅に残った水沢麻子(黒木瞳)が家計簿を閉じた後、1人で仏壇を眺めていると、梶原美由紀(鈴木砂羽)がやってきた。

梶原美由紀(鈴木砂羽)は「ウチに例の刑事が来たわよ。捜査が進んでるみたい。大丈夫?何かあったんでしょ。誰にも言わないから、打ち明けてよ」と話した。

しかし、水沢李里香(相武紗季)は「何も無いわ。李里香(相武紗季)さんとじっくり話したの。私、李里香さんを誤解してたみたい。だから、そっとしておいて」と答えた。

すると、梶原美由紀(鈴木砂羽)は「何よ。私が引っかき回してるみたいじゃない。もう泣きついてきても相手にしませんからね」と言い、怒って出て行った。

怒って帰宅した梶原美由紀(鈴木砂羽)は、姑・梶原うめの(冨士眞奈美)に「おばあちゃん、ごめんなさい」と頭を下げ、「告げ口するのは良くないと思ったの。でも、市民としては警察に協力した方が良いのかも。おばあちゃんタレコミをしてみたらどうかしら」と言い、刑事・林真彦(片岡信和)から受け取っていた名刺を渡した。

名刺を受け取った梶原うめの(冨士眞奈美)は、喜んで電話に駆け寄り、警察に電話した。梶原美由紀(鈴木砂羽)はその様子をみて、ほくそ笑んだ。

一方、買い物に出た水沢李里香(相武紗季)は、水沢優太(郭智博)の職場を訪れ、「2年前って、お母さんに何かあったの?家計簿に何も付けてない期間があって」と尋ねたが、水沢優太(郭智博)は「何もないよ。忘れてただけじゃないの」と答えた。

そこへ倉島岳彦(渋川清彦)が現れ、水沢李里香(相武紗季)に「旦那の授業参観か?大変だよ、苦労知らずのお坊ちゃんを仕込むのは」と話すと、水沢李里香(相武紗季)は「よろしくお願いします。邪魔にならないうちに帰るわ」と言い、スーパーへと向かった。

水沢李里香(相武紗季)が出て行くと、水沢優太(郭智博)が倉島岳彦(渋川清彦)に「僕だって何も苦労をしていないわけじゃありません」と抗議する。

しかし、倉島岳彦(渋川清彦)は「共同経営の金を親から借りたんだろ。その金な、李里香(相武紗季)が返したらしいぞ。親と女房のスネをかじっているのに一端の口を利くな。成果を出してからにしろ」と叱った。

おトメさん-第7話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイトおトメさん-第7話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。