スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


杉咲花が吉田里琴に虐められる理由は鈴木京香だった

吉田里琴が出演するTBSの虐めドラマ「夜行観覧車」の第7話「事件の夜夫が見たモノ…狂った母2人」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「夜行観覧車-第7話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■夜行観覧車-第7話のあらすじ後編
一方、ひばりヶ丘では、自治会が開かれていた。小島さと子(夏木マリ)は自治会長に「この前の件はどうなりました?犯罪に関わった者は、ひばりヶ丘から出て行く。婦人会全員の意見です」と迫り、婦人会の仲間に同意を求めるが、婦人会の仲間は「私は別に」と反旗を翻した。

自治会が終わると、小島さと子(夏木マリ)はマー君(小泉孝太郎)の会社を訪れ、「あの人達は何にも分っていない。マー君が幸せに名暮らせるように、ひばりヶ丘を守るの」と愚痴をこぼした。

すると、マー君(小泉孝太郎)は「リナの実家で世話になるって言っただろ。2世帯住宅を建ててくれてるし」と答えた。

小島さと子(夏木マリ)は「我が家だって2世帯住宅にしたのよ」と話すと、マー君(小泉孝太郎)は「やらなくていいって言ったのに、勝手にやったんだろ。そうやって何でもかんでも、先回りして、勝手にやるでしょ。家に帰ったら、くつろぎたいんだ」と答えた。

小島さと子(夏木マリ)は「何が行けないの?殺人事件があったから?」と訴えると、マー君(小泉孝太郎)は「違う。母さんがいると、くつろげないんだ」と言い、タクシーに乗り込み、立ち去った。

一方、遠藤真弓(鈴木京香)は街で村田志保(吉田里琴)ら3人を見かけて声をかけ、「最近、彩花(杉咲花)は学校ではどう?一昨日、彩花(杉咲花)がおばさんの務めてるスーパーへ来たけど、一緒だった?」と尋ねた。

村田志保(吉田里琴)は「あの日、彩花(杉咲花)は早退したよ。もう行って良いですか?」と言い、立ち去った。

他方、高橋家のアルバムを見ていた刑事・結城哲也(高橋克典)は、高橋家を訪れ、写真に写っているトロフィーが無くなっていることに気付いた。

その日、遠藤啓介(宮迫博之)は田舎の民家の修繕に訪れたが、警察に見張られていることに気付くと、作業員に「ちょっとトイレに行ってきます」と言い、節制図を入れる筒(アジャスターケース)を持って民家の裏口から裏山へ入った。

そして、竹藪に入った遠藤啓介(宮迫博之)は一心不乱に地面を掘ると、設計図を入れる筒(アジャスターケース)から、血の付いたとタオルを取りだし、タオルに包まれていたトロフィーを埋めた。

一方、遠藤彩花(杉咲花)は、いじめっ子グループの村田志保(吉田里琴)ら3人に呼び出され、カラオケボックスに居た。

村田志保(吉田里琴)は「親に万引きの事を話した?私達このこと、親に話したよね?彩花のママは『ウチの彩花に何してくれてんの』的な言い方だったよ。中学受験の時も『ウチの彩花はアンタ達と格が違う』的な言い方だったよね」と罵倒した。

罵倒され続けた遠藤彩花(杉咲花)はめまいを起こして倒れたが、村田志保(吉田里琴)は「万引きがバレて、高校行けなくなったらどうするのよ。謝れ」と罵倒し続けた。

他方、取調室を訪れた結城哲也(高橋克典)は、高橋淳子(石田ゆり子)に、リビングからトロフィーが無くなっていることを指摘すると、高橋淳子(石田ゆり子)は「違います。違うんです。何も覚えてないんです」と取り乱した。

その日、遠藤真弓(鈴木京香)が自宅に居ると、ガラスの割れる音がした。遠藤真弓(鈴木京香)が道路へ出ると、お向かいの高橋家の窓が割れており、高橋家の前に遠藤彩花(杉咲花)が立っていた。

その日の夜、遠藤真弓(鈴木京香)は遠藤彩花(杉咲花)と夕食を食べながら、「明日、病院へ行かない?具合が悪いんでしょ」と声をかけた。

すると、遠藤彩花(杉咲花)は「具合が悪かったら、唐揚げなんて食べられるわけないでしょ。どうせ冷凍でしょ。手抜きメニューを並べて置いて、心配してるような言い方するな」と答えた。

遠藤真弓(鈴木京香)が「今日ね、志保ちゃん(吉田里琴)たちに会ったの」と話すと、遠藤彩花(杉咲花)は「死ねばいいのに。余計な事ばっかり言ってんじゃないぞ、糞ババア。アンタのせいで迷惑してんだよ」と言い、テーブルをひっくり返して暴れ出した。

遠藤啓介(宮迫博之)は玄関まで帰宅していたが、家の中から遠藤彩花(杉咲花)の罵声が聞こえてきたため、きびすを返して立ち去った。

遠藤彩花(杉咲花)は「ひばりヶ丘に家を建てて、娘が私立に通っていれば、アンタは満足なんだろ。アンタが見栄を張って、こんな所に家を建てるから、私は馬鹿にされてるんだよ」と罵る。

遠藤真弓(鈴木京香)は「穏やかな町で幸せに暮らしたかった。見栄じゃないよ。夢みただけじゃない」と釈明するが、遠藤彩花(杉咲花)は「くだらない夢に私を入れるな。お前のせいなんだ糞ババア」と罵倒し、皿を割り、鉢植えを割り、暴れ続ける。

遠藤彩花(杉咲花)が物を投げて窓ガラスを割り、近所中に遠藤彩花(杉咲花)の罵声が響き渡る。

遠藤真弓(鈴木京香)は、小島さと子(夏木マリ)に嫌みを言われたことを思い出し、壊れていく我が家を目の当たりにして、自分を見失ってしまった。

すると、自分を見失った遠藤真弓(鈴木京香)は遠藤彩花(杉咲花)を押し倒して馬乗りになり、「お願い。黙って。もう黙って」と言い、遠藤彩花(杉咲花)の口に、床に散乱していた唐揚げやレタスを詰め込んだのであった。

夜行観覧車-第7話の感想と犯人の予想は「夏木マリは引っ越せおばさんだった」をご覧ください。

ドラマ「夜行観覧車」の第8話のあらすじとネタバレは「夜行観覧車-第8話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「夜行観覧車」の原作や主題歌は「夜行観覧車の原作と主題歌」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト杉咲花が吉田里琴に虐められる理由は鈴木京香だったへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

冷や汗(;o;)(;o;)

白玉 : 2013年03月16日(土)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。