スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ダイヤモンド・リリーの花言葉のネタバレ

仲間由紀恵が出演するフジテレビの白い彼岸花ドラマ「サキ(美しい隣人2)」の第9話「セレブ妻を狂わす疑惑の真珠」の感想と予想です。


ドラマ「サキ」の第10話のあらすじとネタバレは「サキ-第9話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■サキ-第9話の感想
ドラマ「サキ」に登場する白い彼岸花の正体は、ダイヤモンド・リリーだった。

実母・新田明美(朝加真由美)家の庭で「ダイヤモンド・リリー」を育てており、娘の網浜サキ(仲間由紀恵)もテーブルにダイヤモンド・リリーを飾っている。

ドラマ「サキ」に登場するダイヤモンド・リリーの花言葉は「また会う日を楽しみに」である。

実母・新田明美(朝加真由美)は工場経営が傾いたときに捨てた網浜サキ(仲間由紀恵)の事を思い続けていたため、再会に願いを込めて、花言葉が「また会う日を楽しみに」であるダイヤモンド・リリーを育てていたのだろうか。

さて、6年前に実母の新田明美(朝加真由美)が死んだとき、網浜サキ(仲間由紀恵)は既に看護婦だった。

網浜サキ(仲間由紀恵)は平成14年3月に清水医科大学保険看護学部看護学科を卒業し、平成14年4月に明和大学付属病院で勤務している。

実母の新田明美(朝加真由美)が死んだ平成22年は、網浜サキ(仲間由紀恵)は大田中央総合病院で勤務していた。

実母・新田明美(朝加真由美)が倒れたとき、網浜サキ(仲間由紀恵)は看護婦歴8年のキャリアを積んでいるわけだから、倒れた実母・新田明美(朝加真由美)を救命したのだろう。

網浜サキ(仲間由紀恵)は「母親は5人の男に殺された」と言っている。この点も看護婦としての医学的な知識に基づくものだろうか。

新田隼人(三浦翔平)によると、実母・新田明美(朝加真由美)の死因は心不全だった。

正確に言うと、心不全は心臓が止まって死亡した事を表すだけで、死因そのものは表していない。つまり、心不全は「死因不明」と同じ意味である。

外傷などの不審点がなければ、司法解剖は行われず、「心不全」として処理されることが多い。日本は死因不明大国なのだ。

では、毒を使って殺された場合はどうだろうか。毒殺なら外傷が無いため、司法解剖が行われないケースも多いという。

実母・新田明美(朝加真由美)が育てているダイヤモンド・リリーは英語名で、和名を「ネリネ」と言う。ダイヤモンドリリーはヒガンバナ科ネリネ属の植物で、彼岸花の親戚だ。

彼岸花には毒があるため、ダイヤモンド・リリーは彼岸花の親戚なので、ダイヤモンドリリーにも毒があるのかと思って調べてみたら、ダイヤモンドリリーもアルカロイド系の毒をもっていた。

実母・新田明美(朝加真由美)は、ダイヤモンドリリーの毒によって殺されたという可能性はあるのだろうか。

さて、須藤恵(富田靖子)が網浜サキ(仲間由紀恵)と対決するようである。

須藤恵(富田靖子)は以前から、明らかに網浜サキ(仲間由紀恵)よりも危険な香りが漂っていた。

精神の異常さで言えば須藤恵(富田靖子)の方が上のような気がする。網浜サキ(仲間由紀恵)が須藤恵(富田靖子)の攻撃をどのようにかわすのだろうか。ドラマ「サキ」の第10話を楽しみにしたい。

ドラマ「サキ」第10話のあらすじとネタバレは「サキ-第10話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「サキ」のノベライズや原作については「サキの原作と主題歌」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイトダイヤモンド・リリーの花言葉のネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。