スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


中川大志が父親の殺害を告白

中川大志が出演するTBSの湊かなえ原作小説ドラマ「夜行観覧車」の第8話「殺された父の本性!許し合えない親子」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


このページは「夜行観覧車-第8話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■夜行観覧車-第8話のあらすじ後編
その日、遠藤真弓(鈴木京香)がスーパーでバイトをしていると、携帯電話に高橋良幸(安田章大)からの電話がかかってきた。

高橋良幸(安田章大)は遠藤真弓(鈴木京香)に、高橋慎司(中川大志)が見つかった事を報告し、「これからのことを考えます」と告げた。

電話を切ると、遠藤真弓(鈴木京香)は、遠藤彩花(杉咲花)に「慎司(中川大志)が見つかったよ。無事だって」というメールを送った。

その日、遠藤啓介(宮迫博之)は遠藤彩花(杉咲花)と昼食を食べながら、「お母さんと喧嘩したんだって」と尋ねると、遠藤彩花(杉咲花)は「殺されそうになった」と話した。

遠藤啓介(宮迫博之)が「お母さんもそう言ってた。でも、大げさに言ってるだけだろ?」と尋ねると、遠藤彩花(杉咲花)は「唐揚げとか詰め込まれた。ラメポ(夏木マリ)が来なければ死んでた」と話した。

そして、遠藤彩花(杉咲花)は「引っ越してこなければ良かった。みんな私なんて居なくなれば良いと思ってる。なんか、もう、よく分からない」と落ち込んだ。

遠藤啓介(宮迫博之)は「お母さんも分からないんじゃないかな。こういう時は言いたいことを言えば良いんだよ。苦手だからって逃げてばかりじゃ駄目なんだよ」と話す。

すると、遠藤彩花(杉咲花)は「一番逃げてばかりなのは自分じゃん」と言い、遠藤啓介(宮迫博之)を軽蔑してリビングを出て行った。
その日の夜、バイトが終わった遠藤真弓(鈴木京香)が公園で時間を潰していると、遠藤啓介(宮迫博之)から電話がかかってきた。

遠藤啓介(宮迫博之)が「遅いから、どうしてるのかと思って」と尋ねると、遠藤真弓(鈴木京香)は「晩ご飯、何作って良いのか分からなくなった。お父さんの気持ちが分かる。家に帰りたくない。私、彩花(杉咲花)の母親で良いのかな」と心境を語った。

遠藤啓介(宮迫博之)は「親は辞めたくても辞められないからな。彩花(杉咲花)に言われたよ、逃げてばっかりだって。1人で辛い思いをさせて御免。借金してた事を隠してて御免。お母さんだけじゃないな。俺もこの街に来て、舞い上がってた。明日は早く帰るよ。彩花(杉咲花)が暴れたら、その時はその時で考えよう。だから、帰っておいで」と話した。

遠藤啓介(宮迫博之)の言葉に安心した遠藤真弓(鈴木京香)は、「うん…うん。帰るね」と言い、闇夜に浮かび上がる夜行観覧車を眺めた。

一方、未だに凶器は見つかっておらず、結城哲也(高橋克典)は取調室で高橋淳子(石田ゆり子)から話を聞いたが、高橋淳子(石田ゆり子)は「私がゴミ置き場に捨てました」の一点張りだった。

らちがあかず、結城哲也(高橋克典)は話題を変え、「慎司君(中川大志)は自宅で見つかったみたいですね。所持金の1万円を使い切ったのかな」と話す。

高橋淳子(石田ゆり子)が「1万円?」と尋ねると、結城哲也(高橋克典)は「あの日、慎司君(中川大志)はお金を持ってなかったんです。たまたまコンビニに居た遠藤さん(鈴木京香)がお金を貸したんです」と教えた。

そして、結城哲也(高橋克典)は「慎司君(中川大志)は近所からの信用されているお子さんなんですね。貴女も、『あんな良い母親は他に居ない』とみんな言ってますよ」と話した。

すると、高橋淳子(石田ゆり子)は「良い母親じゃないんです」と言い、事件翌日の事を思い出した。

事件の翌日、高橋淳子(石田ゆり子)は遠藤啓介(宮迫博之)を喫茶店へ呼び出し、遠藤啓介(宮迫博之)からお金を借りた。

そのとき、遠藤啓介(宮迫博之)は「昨日、渡された物って、あれってアレですか?実はまだ捨ててないんですよね。凶器を隠すのって罪になるんですよね。私には家族が居ます。大した家族じゃないけど、守りたいんです」と話していた。

(シーンは現在に戻る)事件から7日後、結城哲也(高橋克典)が高橋家へ高橋慎司(中川大志)らを迎えに行くと、情報が漏れたらしく、大勢のマスコミが高橋家の前に集まっていた。

高橋慎司(中川大志)ら兄弟3人が高橋家から出てくると、マスコミは一斉にフラッシュをたき、「お前が殺したんじゃないのか」と罵声を浴びせた。

マスコミからの罵声が飛び交うなか、高橋慎司(中川大志)ら兄弟3人は、固く手を握り合い、結城哲也(高橋克典)の車へと乗り込んでいく。

母は僕たちに言っていた。兄弟は仲良くしなさい。1人で乗り越えられない事も、3人なら乗り越えられる。いつか兄弟のありがたさを噛み締める日が来る。…その「いつか」は、たぶん今日だ。

警察に着いた高橋慎司(中川大志)は車を降りると、結城哲也(高橋克典)の前へ歩み出て、「母を返してくさい。父を殺したのは僕です」と言い、頭を下げたのであった。

ドラマ「夜行観覧車」の第8話の感想と犯人の予想は「夜行観覧車の犯人と真犯人の予想」をご覧ください。

第9話のあらすじとネタバレは「夜行観覧車-第9話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「夜行観覧車」の原作や主題歌は「夜行観覧車の原作と主題歌」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト中川大志が父親の殺害を告白へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。