スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


とんび-最終回のあらすじとネタバレ

内野聖陽が出演するTBSの親子鷹ドラマ「とんび」の最終回(第10話)「終幕〜父が息子へ…30年の愛と命の物語が起こす奇跡の贈り物」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


ドラマ「とんび」第9話のあらすじとネタバレは「とんび-第9話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「とんび」の原作や主題歌については『「とんび」の原作や主題歌』をご覧ください。

■とんび-最終回のあらすじ
平成11年の冬、市川安男(内野聖陽)は、葛原鉄矢(音尾琢真)の嫁(橋本真実)が連れて来た孫をかばって倉庫で荷物の下敷きになり、病院へ運ばれが、大した怪我もなく、命に別状は無かった。

しかし、医師が「念のために再検査しますから。みなさん、受けてもらうんです」と告げると、市川安男(内野聖陽)は「なんか無ければ再検査なんてしないだろ」と不安になって落ち込んだ。

そこへ、市川旭(佐藤健)が駆け付けるが、市川安男(内野聖陽)は「このくらいのことで来るんじゃない。まだ帰れるだろ。帰れ」と言い、追い返してしまった。

市川安男(内野聖陽)は「自分は死ぬかも知れない」と思い込み、色々と悩んでいたが、尾藤社長(ベンガル)や照雲(野村宏伸)は笑いを堪えるのに必死だった。

数日後、退院した市川安男(内野聖陽)が仕事に復帰すると、所長から東京勤務の話しを持ちかけられた。現場で采配を振るってきた市川安男(内野聖陽)に東京本社の新人研修を任せたいのだという。

所長は「嫌だって言うだろって答えたんだけど、東京本社の萩本常務(高橋和也)からの指名で、強く言えなくてさ」と申し訳なさそうに話すと、市川安男(内野聖陽)は意外にも「良いかもしれませんね。考えてみます」と答えて立ち去った。

(佐藤健のナレーション)人生最後の場所。生まれた場所と最後の場所。同じという人は、そんなに多くは無いと思う。だけど、オヤジは絶対にあそこを選ぶと思う。あそこにはオヤジの大切なものが全部詰まってるから。俺はそう思ってたんだよオヤジ。

その後、市川安男(内野聖陽)が市川美佐子(常盤貴子)に「最後は息子の側で…」と話しかけると、どこからともなく、市川美佐子(常盤貴子)の「良いじゃないですか、お父さん」という言葉が返ってきた。

その後、市川安男(内野聖陽)の再検査の結果が出る。特に異常は無く、心配は市川安男(内野聖陽)の取り越し苦労だった。

強気を取り戻した市川安男(内野聖陽)は、所長に「東京へは行きません。私、市川安男(内野聖陽)はここに骨を埋める覚悟です」と報告した。

所長は「もう行くって言っちゃったよ。ヤッさんから萩本常務(高橋和也)に直接話してくれる?俺はもう言えないよ」と頭を抱えた。

市川安男(内野聖陽)は萩本常務(高橋和也)に断りの電話を入れたが、萩本常務(高橋和也)が「社長まで話しが進んでるから。自分の一存では決められないから、とにかく一度、東京へ出てこい」と言うため、市川安男(内野聖陽)は東京へ行く事になった。

その後、萩本常務(高橋和也)は市川旭(佐藤健)に電話をかけ、話し合いのため、市川安男(内野聖陽)が東京へ来ることを教えた。

電話を切った市川旭(佐藤健)は、妻・坂本由美(吹石一恵)に「オヤジは、東京転勤の話しは断るらしいけど、その話し合いで東京へ来るらしくて。泊まってもらえるように作戦を考えようか」と話した。

坂本由美(吹石一恵)は「お父さんさ、こっちで同居してもらうことは出来ないのかな?お父さんだっていつまでも健康じゃないだろうし、転勤の話しがあるのなら」と話した。

市川旭(佐藤健)は「無理だと思うよ。東京には行かないって言ってる人だし、よっぽどの理由が無いと」と話すと、坂本由美(吹石一恵)は「あのね。理由になるかどうかは、分からないけど」と言い、ある提案をした。

ある日、市川安男(内野聖陽)は東京本社を訪れ、萩本常務(高橋和也)と再会した。

すると、萩本常務(高橋和也)は「社長は研修センターに居るから、行こうか」と言い、市川安男(内野聖陽)を研修センターへ連れて行った。

研修センターでは新人が荷物の積み卸しのための訓練をしていたが、新人は小さい物を下に積んだり、重い物を上に積んだりして、目も当てられない状態だった。

市川安男(内野聖陽)が新人の様子を観て驚くと、萩本常務(高橋和也)は「社長を探してくるから、ここに居てくれる」と言い、立ち去った。

市川安男(内野聖陽)は我慢できずに、新人が積んだ荷物を蹴ると、荷物が新人の方に崩れ落ちた。

新人が「危ないだろ、馬鹿」と怒ると、市川安男(内野聖陽)は「だから、危ないんだろ、馬鹿」と叱り飛ばし、新人をビシビシとシゴキ始めた。

その様子をドアの隙間から観ていた萩本常務(高橋和也)は、「やっぱりなぁ」と喜んだ。

その後、萩本常務(高橋和也)と市川安男(内野聖陽)の2人はタクシーで次の場所に向かう。

市川安男(内野聖陽)は「あれはなんですか。我が社の死活問題ですよ。ビルを建てる金があれば、もうちっと、まともな社員を雇うべきだと、社長さんに…。あれっ、そういえば、社長さんは?」と尋ねる。

すると、萩本常務(高橋和也)は「だからこそ、ヤッさん(内野聖陽)に講師をして貰いたいんだよ。ヤッさんはこの会社の誰よりも安全の大切さを知ってるよね」と頼んだ。

そして、萩本常務(高橋和也)はタクシーを止め、「ここで降りてくれる?」と言い、市川安男(内野聖陽)を下ろすと、タクシーで走り去ってしまった。

置き去りにされた市川安男(内野聖陽)は「これが常務のすることかよ。ここは何処なんだよ」とオロオロしていると、坂本由美(吹石一恵)が通りかかり、「お父さん、どうしたんですか?」と声をかけた。

市川安男(内野聖陽)は「それがよう、常務が…」と説明しようとしたが、「おい、これは本当に偶然か?」と疑った。

しかし、市川安男(内野聖陽)は坂本由美(吹石一恵)の自宅へ行くと、部屋が整理整頓されていなかったため、「本当に偶然だったみたいだな」と安心した。

実は、市川旭(佐藤健)のアイデアで、疑い深い市川安男(内野聖陽)を信用させるために、あえて部屋を掃除していなかったのだ。

その日の夜、市川安男(内野聖陽)と市川旭(佐藤健)の2人は、酒を酌み交わし、市川旭(佐藤健)が「こっちで一緒にすみませんか?転勤の話しがあるんでしょ」と切り出す。

市川安男(内野聖陽)は「やっぱり、萩本さん(高橋和也)とグルだったのか」と問い詰めると、市川旭(佐藤健)は「そうです」と白状した。

市川安男(内野聖陽)が「みんな東京で住んだ方が良いって言うけどよ。今さら、理屈で住むところなんて決められるかよ」と怒る。

すると、市川旭(佐藤健)は「由美さん(吹石一恵)に子供が生まれるんだ。俺は健介(黒澤宏貴)1人で良いって言ったんだけど、由美さん(吹石一恵)が、どうしてもオヤジとオフクロの血を継いだ子を子を残してあげたいって。由美さん(吹石一恵)も健介(黒澤宏貴)もオヤジと一緒に暮らしたいって言ってるんだよ。考えてくれないかな」と頼んだ。

翌日、市川安男(内野聖陽)が地元に戻ると、葛原鉄矢(音尾琢真)がリストラされることになっていた。

嫁(橋本真実)が事故の原因を作ったため、葛原鉄矢(音尾琢真)はリストラ対象の口実になっていたのだ。

市川安男(内野聖陽)は「萩本さん(高橋和也)に掛け合ってやる。東京はビルを建てて、綺麗な秘書を雇ってウハウハやってんだ。そのくせ、現場で働いてきた奴を切るなんて、こんな筋の通らない話しはあるかよ」と怒った。

しかし、葛原鉄矢(音尾琢真)は「俺が切られなかったら、他の奴が切られる。みんな生活がかかってますし。だったら、俺が切られるのが筋が通りますよね。何とかなりますよ。女房も子供も元気ですから」と答えた。

市川安男(内野聖陽)が小料理屋「夕なぎ」で、葛原鉄矢(音尾琢真)の事を話し、「ここら辺で運転手の再就職は難しいだろう」と話すと、たえ子(麻生祐未)は「出て行くのかねぇ」と寂しがった。

さらに、市川安男(内野聖陽)が東京の研修センターの様子を話し、「旭(佐藤健)は、もう1人、子供が増えるらしくてよ。ありゃ、子守が居ないと廻らないぞ。それを当て込んでか、俺に『一緒に住もう』なんて言い出してな」と話した。

たえ子(麻生祐未)は「だったら、もう行かない理由が無いじゃない」と強がると、動揺した市川安男(内野聖陽)は「けどよ、こっちだって、俺が居なくなると困るだろ」と答えた。

小料理屋「夕なぎ」からの帰り道、照雲(野村宏伸)が市川安男(内野聖陽)に、「たえ子さん(麻生祐未)のことは俺が見取るから。こっちは何とかなるよ。たえ子さん(麻生祐未)だって、ヤスの幸せを邪魔したって負い目は作りたくないと思うよ。行きなよ。向こうで、息子と嫁と孫に囲まれて死になよ。ヤスにはそれが似合ってるよ」と、東京行きを勧めた。

その日、市川安男(内野聖陽)は帰宅すると、市川美佐子(常盤貴子)の写真に相談し、東京行きを決めたのであった。

とんび-最終回のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイトとんび-最終回のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。