スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


信長のシェフ-最終回のあらすじと結末ネタバレ

kis-My-Ft2の玉森裕太が出演するテレビ朝日の戦国ドラマ「信長のシェフ」の最終回(第9話)「運命の料理対決!平成に帰れるのか」のあらすじと結末ネタバレの最終回のあらすじ編です。


■信長のシェフ-最終回のあらすじ
石山本願寺の顕如(市川猿之助)と対立していた織田信長(及川光博)は、将軍・足利義昭(正名僕蔵)に「料理の御前試合で負けた方が買った方の条件を飲む」という料理対決を提案した。

このため、織田信長(及川光博)の料理人を務めるケン(玉森裕太)は、顕如(市川猿之助)の料理人・瑤子(香椎由宇)と戦うことになってしまった。

2人が御前試合で勝負すると言うことは、ケン(玉森裕太)が勝てば、瑤子(香椎由宇)が殺され、瑤子(香椎由宇)が勝てば、ケン(玉森裕太)が殺されるということだ。

ケン(玉森裕太)が瑤子(香椎由宇)と勝負することに悩んでいると、明智光秀(稲垣吾郎)に「元気が無いな。早く平成に帰りたいと思ってるんだろ」と声をかけられた。

ケン(玉森裕太)が明智光秀(稲垣吾郎)に「どうすれば平成に帰られるのでしょうか?」と相談すると、明智光秀(稲垣吾郎)は京都の瞳山にある黄泉の祠の言い伝えを教えた。

そして、明智光秀(稲垣吾郎)は「日食が起きた日の夜に子供が居なくなったり、現れたりする。お主の言う平成と結ぶ道があるのかもしれぬ」と言い、7日後の御前試合の日に日食が起こることを教えた。

翌日、御前試合を承諾した石山本願寺の顕如(市川猿之助)が、「菓子勝負」「材料は3種類」という条件を出したため、御前試合は菓子勝負となった。

おそらく、瑤子(香椎由宇)は洋菓子を作る。洋菓子のインパクトに勝つためには…。あの菓子しか無い。

ケン(玉森裕太)は木下藤吉郎(ゴリ)に「1つ入手して欲しいものがあります。琉球焼酎です。おそらく、京へ行けば手に入ると思います」と頼んだ。

明智光秀(稲垣吾郎)の話しを盗み聞きしていた夏(志田未来)は「京」と聞き、「俺も行く。京は俺の地元だ。猿なんかに任せられない」と言い、木下藤吉郎(ゴリ)と共に京都へ向かった。

やがて、木下藤吉郎(ゴリ)が京都で琉球焼酎を購入して戻ってくるが、戻ってきたのは木下藤吉郎(ゴリ)だけだった。

ケン(玉森裕太)が「夏さん(志田未来)は?」と尋ねると、木下藤吉郎(ゴリ)は「お主が頼んだのではないのか?京に残って準備をし、当日、京で合流すると言っておったぞ」と答えた。

御前試合の前日、京へ入ったケン(玉森裕太)は夏(志田未来)の元を訪れ、御前試合で作るタルトの味見を頼んだ。タルトを食べた夏(志田未来)は「これなら絶対に勝てる」と太鼓判を押した。

翌日、正親町天皇(森本レオ)の前で双方の和睦案が読み上げられた後、御前試合が始まる。

ケン(玉森裕太)はタルトの準備に取りかかろうとするが、瑤子(香椎由宇)は既に焼き上げたタルトレットを用意していた。

さらに、瑤子(香椎由宇)は、この時代には存在しない口金式の絞り袋を用意しており、あっという間にタルトを仕上げ、正親町天皇(森本レオ)にタルトを献上した。

一方、記憶を失っていたケン(玉森裕太)は、菓子を作る瑤子(香椎由宇)の姿を見て、平成の時代に瑤子(香椎由宇)と過ごした時の事の記憶を蘇らせていた。

ケン(玉森裕太)は我に戻るが、既に瑤子(香椎由宇)はタルトを献上している。ケン(玉森裕太)は、寒い中で正親町天皇(森本レオ)を待たせており、同じタルトを出しても勝ち目は無い。

ケン(玉森裕太)は「他の物を作らなければ」と悩んでいると、夏(志田未来)が水の入った桶を落としてしまった。

ケン(玉森裕太)は桶に張っていた水が波紋を広げるのを観て、「これだ。夏さん(志田未来)、ミカンの皮をむいて、実を房取りしてください」と頼んだ。

ケン(玉森裕太)は「ただ美味しい物を作るだけではいけない」と言い、クレープ作りに取りかかった。

足利義昭(正名僕蔵)が「なんじゃ、その質素な物は」と呆れると、ケン(玉森裕太)は「まだ仕上げがあります」と言い、仕上げに取りかかる。

そのとき、辺りが急に暗くなった。明智光秀(稲垣吾郎)が言っていた通り、日食が起きたのだ。

織田信長(及川光博)は「さすがワシの料理頭じゃ。天まで味方にするとはな。いざ、まいらん」とケン(玉森裕太)を激励する。

ケン(玉森裕太)は、琉球焼酎にミカンをつけ込んで作ったグラン・マルニエに火を付けてクレープに注いでフランベすると、暗闇に炎が浮かび上がった。

会場の一同が度肝を抜かれるなか、ケン(玉森裕太)のクレープシュゼットが完成し、正親町天皇(森本レオ)に献上された。

毒味役の木下藤吉郎(ゴリ)がクレープシュゼットを食べて舌鼓を打つと、足利義昭(正名僕蔵)は「食べたい。何故、私は毒味役を買って出なかったのだ」と後悔した。

瑤子(香椎由宇)は「目・耳・鼻・舌・唇、五感の全てを使っている。製菓の技術では勝っても、炎の使い方は料理人である貴方の方が上ね。ケンイチロウ」と敗北を認めた。

信長のシェフ-最終回のあらすじと結末ネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイト信長のシェフ-最終回のあらすじと結末ネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。