スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夜行観覧車-最終回のあらすじと結末ネタバレ

石田ゆり子が出演するTBSのドラマ「夜行観覧車」の最終回(第10話)「犯人が語る事件の動機…家族の未来」のあらすじと結末ネタバレの最終回あらすじ編です。


ドラマ「夜行観覧車」第9話のあらすじは「夜行観覧車-第9話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「夜行観覧車」の原作や主題歌は「夜行観覧車の原作と主題歌」をご覧ください。

■夜行観覧車-最終回のあらすじ
マスコミを前にした長男の高橋良幸(安田章大)は、「僕らは、幼い頃から医者になるように言い聞かされていました。あの日、弟は、中学最後の試合があったのに、試合に出ることを禁じられ、何時間も勉強していました」と話し出した。

そして、高橋良幸(安田章大)は「プレッシャーに耐えられなくなった弟は、暴れました。父は、暴れる弟に暴力を振るいました。いつものように、何度も、何度も。いつものことでした。父は家族に暴力を振るっていたんです」とマスコミに打ち明けた。

人殺しの家族として誹謗中傷を受ける家族を守るためには、家族を被害者にするしか方法は無かった。

高橋良幸(安田章大)は、マスコミを利用して、死んだ父・高橋弘幸(田中哲司)が家庭内暴力(DV)を振るっていたことにし、家族を被害者にしたのだ。

高橋良幸(安田章大)が父・高橋弘幸(田中哲司)の家庭内暴力を具体的に話していると、刑事・結城哲也(高橋克典)が駆け付けてきて、会見を止めた。

その日の夜、警察に出頭していた次男・高橋慎司(中川大志)は、釈放され、ひばりヶ丘の自宅へ戻った。

高橋慎司(中川大志)は自宅に戻ると、高橋良幸(安田章大)に掴みかかり、「よく父さんの事をあんな風に言えるよね」と声を震わせた。

すると、高橋良幸(安田章大)は「慎司だって同じじゃないか。警察でお前の言い分が通ったとするよな。刑事裁判になったとしても、未成年だ。大人よりも罪は軽い。そして、母さんは釈放される」と答えた。

高橋慎司(中川大志)が「だから、それで良かったんだ」と叫ぶと、高橋比奈子(宮﨑香蓮)は「ちゃんと話して」と悲鳴を上げた。

やがて、気を静めた高橋慎司(中川大志)は、「僕のせいだ。僕が母さんの期待に応えられなかったから。母さんは学校に呼び出されたんだ。内部進学は諦めるようにって」と言い、事件当日の事を話し始めた。

事件当日の夜、遠藤彩花(杉咲花)のわめき声を聞いた高橋慎司(中川大志)は、言いたいことを言える遠藤彩花(杉咲花)を羨ましく思い、バスケットボールを壁にぶつけ始めた。

すると、直ぐに高橋淳子(石田ゆり子)がやってきて、「止めなさい」と何度も叱ったが、高橋慎司(中川大志)は止めなかった。

怒った高橋淳子(石田ゆり子)がバスケットボールを奪い取ると、高橋慎司(中川大志)は声を出して暴れ出した。

そこへ、父・高橋弘幸(田中哲司)が現れ、高橋慎司(中川大志)を殴り飛ばした。高橋慎司(中川大志)は、生まれて初めて父・高橋弘幸(田中哲司)に殴られ、体に出来たアザはその時に出来た物だった。

その後、高橋弘幸(田中哲司)と高橋淳子(石田ゆり子)の2人は1階へと降りた。高橋慎司(中川大志)は1人で部屋に残ったため、高橋淳子(石田ゆり子)らが1階で何をしているのかは知らない。

しばらくすると、高橋淳子(石田ゆり子)が再び部屋に来て、高橋慎司(中川大志)に「コンビニに行ってきて」と頼んだため、高橋慎司(中川大志)はコンビニと向かった。

その後、高橋慎司(中川大志)が帰ると、家の前に救急車が駐まっていたため、怖くなって逃げたのだという。

高橋慎司(中川大志)は「父さんを殺したのは、たぶん、母さん。でも、そうなったのは、僕のせいだ。僕が悪いんだ。だから、母さんのことを許して」と泣きながら頭を下げた。

話を聞いた高橋比奈子(宮﨑香蓮)は「理由を知りたい。どうして」と動揺した。

一方、警察では、結城哲也(高橋克典)が黙秘を続ける高橋淳子(石田ゆり子)に、「慎司君(中川大志)が言っていました。『母は、父の暴力から僕を守るために罪を犯しました。どうか母を助けてください』と。子供達は貴女を助けたいんだ」と、真相を話すように促した。

しかし、高橋淳子(石田ゆり子)は「子供達の言っている事は事実ではありません。夫は何も悪くありません。償います。本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

事件当日、一階へ降りた高橋淳子(石田ゆり子)は、高橋弘幸(田中哲司)に「慎司(中川大志)に手を上げるなんて」と嘆くと、高橋弘幸(田中哲司)は「勉強、勉強と言い過ぎるな。アイツにはアイツの取り柄がある」と諭した。

しかし、高橋淳子(石田ゆり子)は「慎司(中川大志)はパパと同じ大学へ行きたいと言ってるのに、内部進学試験に落ちたらどうするの」と怒る。

高橋弘幸(田中哲司)は「慎司(中川大志)は言ってない。言ってるのは淳子(石田ゆり子)だろ。親が医者だからって、医者になる必要は無い」と諭した。

高橋淳子(石田ゆり子)は「良幸(安田章大)が大学に受かった時は、あんなに喜んでたじゃない」と反論すると、高橋弘幸(田中哲司)は「良幸は自分で自分の道を選んだんだ」と話した。

高橋淳子(石田ゆり子)は「慎司(中川大志)だって、これからいくらでも頑張れる」と訴えると、高橋弘幸(田中哲司)は「慎司は、もういいって事だ」と答えた。

高橋淳子(石田ゆり子)は「大切に育ててきたのよ。私のやってきたことは、何の意味も無かったって言うの?」と訴えると、高橋弘幸(田中哲司)は「淳子(石田ゆり子)が居るから、家族みんなが幸せにやっていけるんだよ」と諭した。

高橋淳子(石田ゆり子)が「あの人と一緒だった時も、幸せだった?どんな風に幸せだった?」と尋ねると、高橋弘幸(田中哲司)は仏壇にある前妻の写真に目をやり、「死んだ人間と張り合っても無駄だ。死んだ人間には勝てないよ」と答えた。

もういいってことさ。勝てないよ。高橋淳子(石田ゆり子)の頭の中で、高橋弘幸(田中哲司)の言葉が何度も繰り返された。

どうして慎司(中川大志)じゃダメなの?どうして私のこと子供じゃダメなの?

高橋淳子(石田ゆり子)が我に返ると、高橋淳子(石田ゆり子)はトロフィーを手にしており、目の前に、頭から血を流している高橋弘幸(田中哲司)が倒れていた。

高橋淳子(石田ゆり子)は直ぐに高橋慎司(中川大志)の部屋に行き、高橋慎司(中川大志)に「コンビニで飲み物を買ってきて」と頼み、高橋慎司(中川大志)をコンビニへ行かせた。

高橋淳子(石田ゆり子)が凶器を遠藤啓介(宮迫博之)に託した理由は、凶器となったトロフィーは高橋良幸(安田章大)が大切にしていた物だったからだった。

凶器が知られてしまうと、兄弟がバラバラになってしまうと考え、高橋淳子(石田ゆり子)は遠藤啓介(宮迫博之)に凶器の処分を頼んだのだ。

夜行観覧車-最終回のあらすじと結末ネタバレ後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイト夜行観覧車-最終回のあらすじと結末ネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。