スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


dinner(ディナー)-最終回のあらすじとネタバレ

江口洋介が出演するフジテレビの料理ドラマ「dinner(ディナー)」の最終回(第11話)「これが最後の味」のあらすじとネタバレの最終回あらすじ編です。


ドラマ「dinner(ディナー)」の原作や主題歌は「dinner(ディナー)の原作と主題歌」をご覧ください。

■dinner(ディナー)-最終回のあらすじ
ある日、江崎究(江口洋介)は女性に呼び出され、イタリアの有名レストラン「テレーザ」の料理長への就任を打診された。

かつて働いていたレストラン「テレーザ」がシンガーポルに支店を出すことになり、江崎究(江口洋介)にシンガポール支店の料理長を任せたいのだという。

正式な答えは、テレーザの幹部が日本に来たときに聞かせて欲しい、ということであった。

そのころ、ロカビアンカでは、辰巳沙織(倉科カナ)が客から無理な注文を受けていた。辰巳沙織(倉科カナ)は材料が無いため、注文を断ったのだが、客はどうしても食べたいのだという。

辰巳沙織(倉科カナ)が厨房へ戻って相談すると、セコンドシェフの今井耕助(松重豊)が「材料は代用する」と言い、注文を引き受けた。

ロカビアンカへ戻ってきた江崎究(江口洋介)は、今井耕助(松重豊)が代用で作った料理を食べ、「悪くない」と納得した。

翌日、レストラン「ロカビアンカ」はカーザ・トリーノから予約を受けた。カーザ・トリーノは、世界の料理店を星3つで評価している、イタリアで最も権威あるガイドブックだった。

カーザ・トリーノの評価は厳しく、アジアで星2つ以上の料理店は無く、日本には星1つの料理店が3件しかなかった。

ロカビアンカは、シーザーと呼ばれたカリスマシェフの辰巳日出男(風間杜夫)が1つ星を取得してい数少ない名店で、辰巳日出男(風間杜夫)でもカーザ・トリーノの審査には緊張した程だった。

辰巳日出男(風間杜夫)が取得した星を如何にして守るか。ロカビアンカのメンバーは星を守るために一致団結するが、辰巳沙織(倉科カナ)は「だめだ。江崎さん(江口洋介)は、こういうの嫌いだから」と心配した。

しかし、辰巳沙織(倉科カナ)が恐る恐るカーザ・トリーノの審査員が来ることを報告すると、江崎究(江口洋介)は「それは面白い。舌の肥えた客が居れば、それを超える料理を出す。それが料理人だ」と言い簡単に引き受けた。

ところが、江崎究(江口洋介)は、今井耕助(松重豊)に「星2つ取れば、アジアの頂点だ。ワクワクするだろ」と言い、カーザ・トリーノの審査員に出す料理を今井耕助(松重豊)に任せた。

今井耕助(松重豊)が「私が作って星を落としたらどうするんですか。自分には無理です」と言い、辞退すると、江崎究(江口洋介)は「自分の味で勝負してみたくないのか?アンタは一生、セコンドをやってろ」と呆れた。

閉店後、今井耕助(松重豊)が厨房で、余った酒を飲んでいると、瀬川壮一(ユースケ・サンタマリア)がやってきた。

瀬川壮一(ユースケ・サンタマリア)が「辰巳さん(風間杜夫)が倒れた後、今井さん(松重豊)が料理長を継ぐものと思ってた」と話すと、今井耕助(松重豊)は「辰巳さん(風間杜夫)が倒れて、私が料理長代理を務めたとき、たった1ヶ月で常連は離れていった」と弱音を吐く。

すると、瀬川壮一(ユースケ・サンタマリア)は「今の今井さん(松重豊)には技術もアイデアもある。足りないのは自信だけだ、って江崎さん(江口洋介)が言っているように僕には思えた」と話した。

カーザ・トリーノの審査員がやってくる日が来た。この日、江崎究(江口洋介)は、来日したテレーザの幹部に会い、シンガポール支店の料理長へ就任する依頼を断った。

テレーザの幹部は「ロカビアンカを離れられないのか。相変わらず、律儀な男だ。仕方ない。他をあたるよ」と残念がった。

江崎究(江口洋介)が帰ると、テレーザの女性が「ロカビアンカの料理長を断るだなんて信じられない」と呆れる。

すると、幹部は「江崎(江口洋介)がイタリアンを始めたのは、ロカビアンカで辰巳の料理を食べたのがきっかけなんだ。彼は辰巳に憧れ、辰巳の背中を追いかけて、イタリアへ渡り、テレーザで修業したんだ。ロカビアンカは彼の原点なんだ」と教えた。

その日の夜、カーザ・トリーノの審査員2人が、ロカビアンカにやってくる。江崎究(江口洋介)が料理を作り、審査員が舌鼓を打つ。コース料理は順調に進んでいた。

ところが、審査員はメーン料理の直前になり、メーン料理の変更を求めてきた。子羊を使った2種類の料理を1皿で楽しみたいということだった。

江崎究(江口洋介)は「ポピュラーな食材でアドリブを試したい、ということか。面白い」と言ってメーン料理の変更を引き受けるが、「全てシェフに任せる」ということで審査員からの注文は無く、何を作るかが問題だった。

すると、瀬川壮一(ユースケ・サンタマリア)が「オリーブオイル中心の南イタリアの料理と、生クリーム中心の北イタリアの料理。この2つをベースにすれば、お好みに添えると思います。言葉のアクセントで分かるんです。審査員の1人はシチリア出身の40代男性で、もう1人はピエモンテ出身の30代女性です」と助言した。

アドバイスを受けた江崎究(江口洋介)が、料理に取りかかろうとすると、今井耕助(松重豊)が「まってください。その子羊の1つ、私にやらせてください」と頼んだ。

江崎究(江口洋介)が「アンタが抜けたら、他のお客さんの分はどうする」と問うと、木村数馬(八嶋智人)らスタッフが「大丈夫です。俺達だけでさばけます。江崎さん(江口洋介)に鍛えられたんですよ」と答えた。

江崎究(江口洋介)が「星を失ったらどうするんだ。星を守りたいんだろ」と呆れると、辰巳沙織(倉科カナ)は「だからこそ、今井さん(松重豊)に作って欲しいんです」と答えた。それがスタッフの総意だった。

すると、江崎究(江口洋介)は「負けた方が明日の賄い(まかない)を作る。それでどうだ。勝負だ」と言い、今井耕助(松重豊)に料理の1品を任せた。

dinner(ディナー)-最終回のあらすじと結末ネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイトdinner(ディナー)-最終回のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。