スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


幽かな彼女-最終回と結末の予想

杏が出演するフジテレビの地縛霊ドラマ「幽かな彼女(かすかな彼女)」の第1話を見た、終回と結末の予想です。


ドラマ「幽かな彼女」の第1話のあらすじとネタバレは「幽かな彼女-あらすじとネタバレ」をご覧ください。

■幽かな彼女-最終回と結末の予想
アカネ(杏)は小原南中学校の教師だったようだ。生徒との関係が上手くいかず、ノイローゼになって死んだのだという。自殺か他殺かは分からない。

アカネ(杏)自身は、自分がどうして死んだのか、いつ死んだのか、なぜ地縛霊になったのか、などは覚えていないが、教壇に立っていた時の記憶はあるのだという。

■アカネ(杏)が死んだ時期
アカネ(杏)は、いつ死んだのだろうか。林邦彦(北山宏光)が小原南中学校の生徒だった時には、既に幽霊の噂が流れていた。

林邦彦(北山宏光)は26歳なので、10数年前には既にアカネ(杏)は死んでいたことになる。アカネ(杏)は享年25歳という設定なので、生きていれば35歳以上となる。

■アカネ(杏)の秘密
アカネ(杏)は名字を覚えていないため、名字が分からない。登場人物の中で、名字が無いのはアカネ(杏)だけだ。だから、アカネ(杏)の名字には秘密があるだろう。

副校長として赴任してきた霧澤和泉(真矢みき)が42歳で、神山暁(香取慎吾)が34歳である。そして、アカネ(杏)が生きていれば35歳以上である。

あまり捻らずに考えると、副校長として赴任してきた霧澤和泉(真矢みき)がアカネ(杏)の兄弟なのだろう。

おろらく、霧澤和泉(真矢みき)は小原南中学校で広まっている幽霊の噂をきき、地縛霊となったアカネ(杏)と再開するために小原南中学校に赴任してきたのだろう。

神山暁(香取慎吾)が教師を目指す事にした切っ掛けが、アカネ(杏)だった、という説も考えたが、さすがにアカネ(杏)と神山暁(香取慎吾)の間に接点があれば、神山暁(香取慎吾)も気づくだろう。

■幽かな彼女の最終回と結末の予想
神山暁(香取慎吾)はアカネ(杏)のおかげで過去のトラウマを乗り越え、再び熱血教師としての熱意を取り戻す。

霧澤和泉(真矢みき)は神山暁(香取慎吾)からアカネ(杏)の存在を知り、神山暁(香取慎吾)の部屋を訪れる。

そして、霧澤和泉(真矢みき)はアカネ(杏)と再会することができ、アカネ(杏)は成仏して消える。

ドラマ「幽かな彼女」の原作と主題歌は「幽かな彼女-原作と主題歌」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト幽かな彼女-最終回と結末の予想へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

このコメントは管理人のみ閲覧できます

- : 2013年05月10日(金)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。