スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


長谷川博己が木村文乃の子宮外妊娠の手術に成功

木村文乃が出演する日本テレビの無資格医師ドラマ「雲の階段」の第1話「渡辺淳一究極傑作-無資格医背徳のメスを愛し抜く2人の女」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「雲の階段-あらすじとネタバレ」からの続きです。

■雲の階段-あらすじ後編
その日、診療所に子供が運び込まれる。相川三郎(長谷川博己)が子供を診察すると、子供はアッペ(盲腸)だった。

村木英次(大友康平)は相川三郎(長谷川博己)に手術を命じる。相川三郎(長谷川博己)が執刀するのは、これが初めてだった。

村木英次(大友康平)は垂水節子(キムラ緑子)に機械出しを命じるが、無資医師に反対する垂水節子(キムラ緑子)は機械出しを拒否してしまう。

そこで、鈴木明子(稲森いずみ)が代わりに機械出しを買って出た。鈴木明子(稲森いずみ)の協力により、相川三郎(長谷川博己)は初めての執刀を成功させたが、手術後も手の震えが止まらなかった。

震えが止まらない手。無資格医師としての苦悩。その日の夜、相川三郎(長谷川博己)は鈴木明子(稲森いずみ)を抱いた。

翌日、村木英次(大友康平)は、脳卒中で倒れた同僚の医師が死んだため、診療所の事は相川三郎(長谷川博己)に任せて、九州へと向かう。

その日の夜、診療所に急患が運ばれてきた。急患は東京から来た観光客の田坂亜希子(木村文乃)だった。友達によると、急に腹を押さえて苦しみだしたのだという。

天候が悪いため、ドクターヘリも呼べず、村木英次(大友康平)にも電話がつながらない。相川三郎(長谷川博己)が1人で判断しなければならなかった。

鈴木明子(稲森いずみ)は患者の状況を見て、「もしかして、子宮外妊娠、先生、命に関わります」と指摘すると、相川三郎(長谷川博己)は院長室へ飛び込み、医学書で子宮外妊娠について調べた。

そのとき、診療所へ電話がかかってきた。電話の主は、田坂亜希子(木村文乃)の父親・田坂雄一郎(内藤剛志)だった。

田坂雄一郎(内藤剛志)は東京で医師をしていると言い、相川三郎(長谷川博己)に「娘のことをよろしく頼みます」と託した。

相川三郎(長谷川博己)が電話を切ると、所長の村木英次(大友康平)から電話がかかってきた。

状況を聞いた村木英次(大友康平)は、相川三郎(長谷川博己)に「血の塊に包まれた胎児があるから、それを取り出せ。そして結節しろ。出血箇所が分からなければ、とにかく縫え。お前がやらなければ、その子は死ぬぞ」と檄を飛ばした。

意を決して相川三郎(長谷川博己)は手術を始める。開腹したとたん、血があふれ出てきた。相川三郎(長谷川博己)は腹の中に手を突っ込み、必死に血の塊をかき出す。

ただ、出血部分が分からない。出血は止まらず、田坂亜希子(木村文乃)の血圧はドンドン下がっていく。

看護師長の垂水節子(キムラ緑子)は、「もう止めましょう。無ってください。どこでも良いから縫って血を止めてください」と悲鳴を上げた。

手術を終えた相川三郎(長谷川博己)は「終わった。殺した。僕は彼女のお腹を引っかき回したあげく、ただ縫うしか無かった」と言い、絶望していた。

鈴木明子(稲森いずみ)は「かき出した血の塊の中に、胎児が居ました」と言い、判断が間違っていなかったことを教えた。

その後、島民の輸血の協力もあり、田坂亜希子(木村文乃)の血圧も安定し、一命を取り留めた。相川三郎(長谷川博己)も安堵して崩れ落ちる。

そこへ、東京の田坂雄一郎(内藤剛志)から電話がかかってきた。術後の経過が知りたいのだという。相川三郎(長谷川博己)は「安定に向かっています」と説明した。

すると、田坂亜希子(木村文乃)のフィアンセで外科医の野上雅樹(青柳翔)が相川三郎(長谷川博己)に手術の経緯を尋ねた。
相川三郎(長谷川博己)は「ショック状態に陥ったので、輸血をしながら、緊急開腹するべきだと判断しました」と答えた。

野上雅樹(青柳翔)が「それで胎児はあったんですか」と質問すると、相川三郎(長谷川博己)はありましたと答えた。それを聞いた田坂雄一郎(内藤剛志)は「的確な判断だ」と納得した。

やがて、田坂亜希子(木村文乃)の意識が戻る。相川三郎(長谷川博己)が「もう大丈夫ですから」と告げると、田坂亜希子(木村文乃)は「別に良かったのに、私なんか助けてくれなくても。でも、ありがとう」と答えたのであった。

ドラマ「雲の階段」第2話のあらすじとネタバレは「雲の階段-第2話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト長谷川博己が木村文乃の子宮外妊娠の手術に成功へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。