スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


篠原涼子が市川由衣に土下座で謝罪

市川由衣が出演するフジテレビのオヤジ女子ドラマ「ラスト・シンデレラ-第3話のあらすじとネタバレ」の第3話「おやじ女の大奮闘?二人きりの夜に…」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「ラスト・シンデレラ-第3話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■ラスト・シンデレラ-第3話のあらすじ後編
その後、コンビニで買い物を終えた遠山桜(篠原涼子)がスケートパークへ行くと、桃(市川由衣)が練習の終わった佐伯広斗(三浦春馬)に駆け寄り、キスをしているところを目撃していた。

その様子を目撃した遠山桜(篠原涼子)は、落ち込んで駅の方へ戻ると、立花凛太郎(藤木直人)が駅前で女性に声をかけていた。

遠山桜(篠原涼子)が立花凛太郎(藤木直人)に声をかけると、立花凛太郎(藤木直人)は「モデルが急に熱を出して、来られなくなったんだ」と説明した。

遠山桜(篠原涼子)も通行人に声をかけ、モデルになってくるように頼んだが、結局、モデルは見つからず、立花凛太郎(藤木直人)は「もう諦めよう。リハーサルも終わる頃だし、今回は不参加でいい」と諦める。

しかし、遠山桜(篠原涼子)は「ダメよそんなの。戦わずして逃げるつもり?とは言うものの、条件が全部そろった人を見つけるのは難しいかな」と答えた。

そのとき、遠山桜(篠原涼子)に女性の顔が浮かんだ。それと同時に同時に佐伯広斗(三浦春馬)とお家デートする約束の時間がとうに過ぎている事に気づいた。

遠山桜(篠原涼子)は佐伯広斗(三浦春馬)の携帯電話に電話すると、佐伯広斗(三浦春馬)は遠山桜(篠原涼子)のマンションの近くにあるバーに居た。

遠山桜(篠原涼子)は、佐伯広斗(三浦春馬)にお家デートをすっぽかした事を謝罪して、「言いづらいんだけど、お願いがあるの」と頼み事をした。

その後、ヘアーショーの会場に、佐伯広斗(三浦春馬)が桃(市川由衣)を連れて来た。立花凛太郎(藤木直人)は桃(市川由衣)を見て、「良い感じじゃん」と喜ぶ。

遠山桜(篠原涼子)が「初めまして」と言い、ヘアーモデルになって欲しいと頼むが、桃(市川由衣)は「初めてじゃないし。この人の頼みを聞けって、冗談がきつい」と言い断った。

遠山桜(篠原涼子)は「そこを何とか、お願いできないでしょうか。カットするのは私じゃ無いんです。この人(藤木直人)なんです」と頼み込むと、桃(市川由衣)は「頭下げて謝ってよ。そしてら許してあげる」と告げた。

遠山桜(篠原涼子)は「昼間は失礼な事を言ってすみませんでした」と土下座して、タバコを注意したことを謝罪すると、桃(市川由衣)はヘアモデルを引き受けた。

佐伯広斗(三浦春馬)が「話が見えないんだけど。どうなってるの?」と尋ねたが、遠山桜(篠原涼子)は「後で話す。立花(藤木直人)に見るなって言われてるから、場所を変えよう」と言い、会場を後にした。

一方、武内公平(遠藤章造)は、長谷川志麻(飯島直子)が待つホテルの1室を訪れていた。

武内公平(遠藤章造)は部屋に入ると、長谷川志麻(飯島直子)に抱きついたが、長谷川志麻(飯島直子)は「何してるの。タッチとかなしだから」と拒否した。

武内公平(遠藤章造)は「DEを克服してくれるって。それにホテルだし」と残念がると、長谷川志麻(飯島直子)は「起つとか、起たないとか、人前で出来ないでしょ」と怒った。

やがて、長谷川志麻(飯島直子)の問診が始まる。武内公平(遠藤章造)は3ヶ月前から、ED(勃起不全)になったのだという。

一方、遠山桜(篠原涼子)は佐伯広斗(三浦春馬)を連れて帰宅した。

佐伯広斗(三浦春馬)が「昼間、練習場に来てたんでしょ。声をかけてくれれば良かったのに」と話と、遠山桜(篠原涼子)は「急に仕事の連絡が入ったから」と誤魔化した。

一方、立花凛太郎(藤木直人)は全店対抗ヘアショーで優勝し、応援に来ていた大神千代子(菜々緒)と一緒に帰っていた。

大神千代子(菜々緒)が優勝をねぎらうと、立花凛太郎(藤木直人)は「優勝賞金を社員旅行費にあてると、そのぶん経費が設備投資に回せるんだ。それなのに、あの馬鹿(篠原涼子)は、俺が銀座店の店長に勝つために必死になってると思い、土下座までして。銀座店の店長は俺が育てたのに」と呆れた。

遠山桜(篠原涼子)の話題が出ると、大神千代子(菜々緒)は立花凛太郎(藤木直人)に「好きな人は居ないんですか?」と尋ねた。

立花凛太郎(藤木直人)は「居るよ。もう手の届かない所へ行っちゃったけど」と答えると、2人は別れて、それぞれに帰路に就いた。

その後、遠山桜(篠原涼子)の携帯電話に、立花凛太郎(藤木直人)が優勝したというメールが届く。

遠山桜(篠原涼子)が「桃ちゃん(市川由衣)にもお礼を言わないとね」と言うと、佐伯広斗(三浦春馬)は「良いんじゃない。無料で切ってもらえるって喜んでたから」と答えた。

そして、佐伯広斗(三浦春馬)は「でも、焼けたな。立花さん(藤木直人)の為に土下座までするんだもん。実は、立花さんの事が好きなんじゃ?」と指摘すると、遠山桜(篠原涼子)は「無い、無い。1000%無い」と否定した。

そして、遠山桜(篠原涼子)は「実は私も、焼き餅を焼いた。練習場で見たの。桃ちゃん(市川由衣)にキスされてるところ。私が連絡もしないで行ったのが悪いの。でも、少しショックだったなぁって」と話した。

焦った佐伯広斗(三浦春馬)は「ごめん。桃(市川由衣)とは、そういう関係だった。ただ、好きかと聞かれれば、お互いに微妙で。明日にでも話しに行くから、少し時間をください」と頭を下げる。遠山桜(篠原涼子)は悩んだが、笑顔で「はい」と答えた。

佐伯広斗(三浦春馬)は「この前はどうしてキスしてくれなかったの?」と尋ねると、遠山桜(篠原涼子)は「だってさ、私たち、釣り合わないでしょ。だから、外でイチャイチャするのは抵抗があるの」と答えた。

佐伯広斗(三浦春馬)は「俺のこと好きなんだよね。じゃー、そういうのはもう乗り越えようよ」と言い、遠山桜(篠原涼子)にキスをしようとしたが、「ダメだ。桃(市川由衣)の事をちゃんとするまでは、お預けでいい」とキスを寸止めにした。

すると、遠山桜(篠原涼子)は「えっ」と驚いた。佐伯広斗(三浦春馬)は「『えっ』なの?」と笑うと、遠山桜(篠原涼子)は「えっ、あっ、お預けで良いです」と動揺した。

佐伯広斗(三浦春馬)が「しよっか?」と尋ねると、遠山桜(篠原涼子)は「お預けで良いです」と照れた。

しかし、遠山桜(篠原涼子)は「やっぱり、あのー」とモジモジした末、佐伯広斗(三浦春馬)にブチューっとキスをした。しかし、歯と歯が当たる不細工なキスになってしまった。

一方、大神千代子(菜々緒)は立花凛太郎(藤木直人)と別れたが、立花凛太郎(藤木直人)の後を追いかけていき、立花凛太郎(藤木直人)にキスをしたのであった。

ドラマ「ラスト・シンデレラ」の第4話のあらすじとネタバレは「ラスト・シンデレラ-第4話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「ラスト・シンデレラ」の原作や主題歌は「ラスト・シンデレラの原作と主題歌」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト篠原涼子が市川由衣に土下座で謝罪へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。