スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


菜々緒の背中にある謎のアザにキスをする三浦春馬

三浦春馬が出演するフジテレビのオヤジ女子ドラマ「ラスト・シンデレラ」の第4話「禁断のキス」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「ラスト・シンデレラ-第4話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

■ラスト・シンデレラ-第4話のあらすじ後編
一方、武内美樹(大塚寧々)が自宅で家事をしていると、学校から電話がかかってきた。

義母が「咲(芳根京子)ちゃんに何かあったの?」と心配すると、武内美樹(大塚寧々)は「アレが始まったみたいで。お腹も痛くなってみたいで」と説明し、学校まで娘・武内咲(芳根京子)を迎えに行った。

学校からの帰り、武内美樹(大塚寧々)が武内咲(芳根京子)に「お母さんも初めての時は戸惑ったけど、直ぐに馴れるよ」と安心させると、武内咲(芳根京子)は「お父さんには言わないでね」と頼んだ。

しかし、武内咲(芳根京子)らが帰宅すると、武内咲(芳根京子)の初潮(生理)に喜んだ義母が赤飯を炊いて待っていた。武内咲(芳根京子)は赤飯を見てショックを受け、2階へと駆け上がる。

武内美樹(大塚寧々)が義母に「あの年頃の子は繊細なので」と説明すると、義母は「まるで私が繊細じゃないみたいじゃない。余計な事をして悪かったわね」と嫌みを言った。

その日の夜、武内美樹(大塚寧々)は武内公平(遠藤章造)に、武内咲(芳根京子)に初潮が来たことを教え、「早い子は小学校の3~4年で来てたからね。体の成長に心がついて行かない子が多いらしいから気をつけないと。あっ、公ちゃん(遠藤章造)は知らないふりをしててね」と話した。

そして、武内美樹(大塚寧々)が武内公平(遠藤章造)のスーツのポケットを整理していると、また怪しげなレシートが出てきた。

翌日、遠山桜(篠原涼子)が河川敷にあるベンチに座り、子供たちの野球を見ていると、立花凛太郎(藤木直人)がやってきた。

遠山桜(篠原涼子)は「病院で、妊娠してないのに生理が来ないのは、ホルモンのバランスが崩れてるからって言われた。運良く、結婚できたとしても、妊娠は難しいかも」と話した。

立花凛太郎(藤木直人)は「俺も妊娠検査薬を使った事あるんだ。結局、出来てなかっくて、俺はガッカリしたけど、彼女はホッとしてた。人生何があるか分からない。去年のお前は15も年下の男と付き合うなんて思ってもみなかっただろ」と話した。

そこへ、少年が打った野球のボールが飛んでくる。ボールは遠山桜(篠原涼子)に直撃しようとしたが、立花凛太郎(藤木直人)が縦になり、ボールは立花凛太郎(藤木直人)の頭に直撃した。

ボールが直撃した立花凛太郎(藤木直人)は倒れたまま起きないため、遠山桜(篠原涼子)が必死に心配していると、立花凛太郎(藤木直人)は「騙された?本気で心配した?」と起き上がった。

すると、遠山桜(篠原涼子)は「本当に野球をやってたの?嘘なんじゃ無い」と怒った。

そこへ、野球をしていた少年が謝りに来る。立花凛太郎(藤木直人)は「痛くてたまらない。こりゃ、野球に混ぜてくれないと直らない」と言い、遠山桜(篠原涼子)と一緒に野球に加わり、ボールをかっ飛ばした。

一連の様子を遠くから見ていた大神千代子(菜々緒)は、苛立って立ち去った。

ある日、遠山桜(篠原涼子)・武内美樹(大塚寧々)・長谷川志麻(飯島直子)の3人が、いつものバーに集まると、立花凛太郎(藤木直人)が居た。

遠山桜(篠原涼子)らは、遠山桜(篠原涼子)の彼氏・佐伯広斗(三浦春馬)と待ち合わせをしていたが、佐伯広斗(三浦春馬)は時間になっても来なかった。

一方、佐伯広斗(三浦春馬)は待ち合わせ場所のバーの前まで来たとき、大神千代子(菜々緒)から電話がかかってきた。

大神千代子(菜々緒)は「私、今どこ?会いたいの。今すぐ来て。早く来ないと、何するか分からないよ」と告げる。

大神千代子(菜々緒)は酔っ払っており、明らかに様子が変だったため、佐伯広斗(三浦春馬)は急いで大神千代子(菜々緒)の部屋へと向かった。

佐伯広斗(三浦春馬)が部屋に到着すると、大神千代子(菜々緒)はワインを飲んで酔っ払っていた。

佐伯広斗(三浦春馬)が「酒なんて飲めないだろ」と言い、ワインの瓶を取り上げようとすると、大神千代子(菜々緒)は「酔ってないわよ。酔ってないから、あの女の顔が頭から離れないんじゃないの」と言い、ワインの瓶を壁に投げつけた。

壁にワインの染みが出来ると、大神千代子(菜々緒)は「あの染み、見たことがある。何かに似てるよね」と笑う。大神千代子(菜々緒)が上着を脱ぐと、背中に大きなアザが現れた。

大神千代子(菜々緒)が「誰のせいで恋愛が出来ないと思ってるの。全部、アンタのせいよ。アンタがあの女をちゃんと捕まえておかないから。全部、アンタのせいよ」と取り乱した。

佐伯広斗(三浦春馬)は大神千代子(菜々緒)を抱きしめると、「ごめん、千代子(菜々緒)」と言い、背中のアザにキスをしたのであった。

ドラマ「ラスト・シンデレラ」の第5話のあらすじとネタバレは「ラスト・シンデレラ-第5話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「ラスト・シンデレラ」の原作や主題歌は「ラスト・シンデレラの原作と主題歌」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト菜々緒の背中にある謎のアザにキスをする三浦春馬へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。