スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


家族ゲーム-第4話のあらすじとネタバレ

神木隆之介が出演するフジテレビの家庭教師ドラマ「家族ゲーム」の第4話「弟にラブレター?家庭教師強引にデートを仕込む」のあらしじとネタバレのあらすじ編です。


ドラマ「家族ゲーム」第3話のあらすじとネタバレは「家族ゲーム-第3話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「家族ゲーム」の原作や主題歌は「家族ゲームの原作と主題歌」をご覧ください。

■家族ゲーム-第4話のあらすじ
「吉本荒野を訴える会」というサイトを発見した長男・沼田慎一(神木隆之介)は、「吉本荒野を訴える会」の管理人に「弟が吉本の犠牲者になろうとしている。話を聞かせて欲しい」メールを送った。

すると、「吉本荒野を訴える会」の管理人「マキ」から、自己紹介して欲しいというメールが来た。管理人マキは同士と認めた者にのみ、協力するのだという。

沼田慎一(神木隆之介)は優等生的な自己紹介をして、幾つかの質問に答えると、管理人マキは「貴方は嘘を付いている。人間性が伝わってこなかったのでこれで終了します」と言い、協力を拒否した。

沼田慎一(神木隆之介)は慌てて「もう一度、自己紹介をさせてください」と言い、管理人マキに本音の自己紹介メールを送った。

沼田慎一、16歳。優等生を演じている高校2年生です。親も友達も彼女も本当の僕を知りません。僕は自分以外に誰も信じていません。むしろみんなを見下しています。吉本荒野の事を知りたいのは、弱みを握られているからです。あいつの存在が邪魔だからです。

一方、次男・沼田茂之(浦上晟周)は学校で同級生の真野さくら(有川結女)から手紙を受け取り、喜んでいた。

その日の夜、次男・沼田茂之(浦上晟周)は「先生はラブレターを貰ったことがある?」と言い、吉本荒野(櫻井翔)に手紙を見せると、手紙を読んだ吉本荒野(櫻井翔)は「貰ったこと無いよ。こんな文末に『かしこ』が付いたラブレターなんて。これはお見舞い状だよ」と爆笑した。

そして、吉本荒野(櫻井翔)は次男・沼田茂之(浦上晟周)に真野さくら(有川結女)の写真を見せるように命じると、次男・沼田茂之(浦上晟周)は集合写真を出してきた。

すると、吉本荒野(櫻井翔)は「この子、前島亜美に似てない?ということは、お前、前から、さくらちゃん(有川結女)が好きだったのか?図星かよ」と驚いた。

次男・沼田茂之(浦上晟周)が「でも、真野さん(有川結女)は園田(松島海斗)の事が好きだと思いますよ。幼なじみだし、いつも仲がよさそうに話してる」と答えると、吉本荒野(櫻井翔)は「いいねえ。彼女と付き合っちゃえよ」と命じた。

そこへ、沼田一茂(板尾創路)がやってきて吉本荒野(櫻井翔)をサウナに誘った。

2人がサウナに入ると、沼田一茂(板尾創路)が「どうも気になって。誕生会のこと。スライドショーを編集した慎一(神木隆之介)を問い詰めたら、君の名前が挙がってね」と、盗聴ついて尋ねた。

吉本荒野(櫻井翔)は「リビングにテープが落ちていたんです。気になって確認してみたら、お父さんと浅海さん(忽那汐里)の会話を盗聴したテープで。まさか、スライドショーに録音されていただなんて。僕の操作ミスです。死なせてください」と言い、首つり自殺しようとした。

沼田一茂(板尾創路)は「よしなさい、後味が悪くなるだけでしょうが。君が盗聴したわけじゃないんだな。テープはどこにある?」と尋ねると、吉本荒野(櫻井翔)は「捨てました。お母さんに見つかるとまずいと思って」と答えた。

翌日の昼、吉本荒野(櫻井翔)が沼田家を訪れると、沼田佳代子(鈴木保奈美)がパソコンで株価をチェックしていた。

吉本荒野(櫻井翔)は「この株(ナミカゼ商事)は絶対に儲かりますよ。100万円くらいポンと買っちゃいましょうよ」と勧るが、沼田佳代子(鈴木保奈美)は「そんなお金無いわよ」と断る。

吉本荒野(櫻井翔)が「定期くらいあるでしょ」と呆れると、沼田佳代子(鈴木保奈美)は「崩せるわけないでしょ。小心者は損することを考えちゃんですよ」と説明した。

吉本荒野(櫻井翔)が「じゃー、ストレス発散とか、どうしてるんですか?」と尋ねると、沼田佳代子(鈴木保奈美)は「茂之(浦上晟周)が中学へ上がるまでは、日記を付けて気持ちを整理してたけど」と答えた。

吉本荒野(櫻井翔)は「だったら、お父さんの事はどう整理するんです。これは盗聴器です。これでお父さんと浅海さん(忽那汐里)の会話を盗聴してテレビで流しました。浮気が許せなかったんです。お母さんの為にやりました」と話した。

沼田佳代子(鈴木保奈美)が「私の友達にメールを送ったのも貴方ですか?」と怒ると、吉本荒野(櫻井翔)は「そんな事があったんですか。夫婦の仲を引き裂こうとしている人物と言えば…浅海(忽那汐里)。意外と面倒くさい女かもしれませんね。邪魔になる前に消しちゃいますか」と答えた。

そこへ、次男・沼田茂之(浦上晟周)が戻ってきた。すると、吉本荒野(櫻井翔)が「さー、図書館へ行こうか」と言い、次男・沼田茂之(浦上晟周)を連れ出した。

しかし、吉本荒野(櫻井翔)が訪れた場所はインラインスケート場だった。

吉本荒野(櫻井翔)は次男・沼田茂之(浦上晟周)に、真野さくら(有川結女)に関する資料を渡す。資料の最後にページには、真野さくら(有川結女)に送るラブレーの返事が書いてあった。

吉本荒野(櫻井翔)は沼田茂之(浦上晟周)に、吉本荒野(櫻井翔)が考えた返事をそのまま清書して、真野さくら(有川結女)に送れと命じる。

ラブレターは、次男・沼田茂之(浦上晟周)が真野さくら(有川結女)をインラインスケートに誘う内容になっており、次男・沼田茂之(浦上晟周)は「1回もやったことありませんよ」と慌てて拒否する。

すると、吉本荒野(櫻井翔)は、真野さくら(有川結女)の趣味がインラインスケートであることを教え、「インラインスケートが得意だなんて知ったら、運命感じちゃうだろ」とそそのかした。

すると、次男・沼田茂之(浦上晟周)はその気になってインラインスケートを始めるが、吉本荒野(櫻井翔)は帰ってしまう。えっ、インラインスケートを教えてくれるんじゃないんですか?

一方、長男・沼田慎一(神木隆之介)は部屋のパソコンで、「吉本荒野を訴える会」の管理人マキからの返信メールを読んでいた。

管理人マキは、本心を打ち明けた長男・沼田慎一(神木隆之介)を同士と認め、メールで自己紹介した。

私の名前は、立花真希、21歳。現在はフリーターです。私の家族は、3年前に一家心中を図りました。原因は吉本荒野です。

長男・沼田慎一(神木隆之介)がメールを読んでいると、どこからか変な音がしてきたため、部屋の外に出てみると、納戸で吉本荒野(櫻井翔)が荷物を漁っていた。

長男・沼田慎一(神木隆之介)が「何してるんですか?大声を出しても良いんですよ」と脅すと、吉本荒野(櫻井翔)は「万引きの写真をばらまいてもいいんだぞ」と脅迫した。

そして、吉本荒野(櫻井翔)は納戸で沼田佳代子(鈴木保奈美)の日記を見つけると、日記をカバンに入れて帰って行った。

そのころ、沼田一茂(板尾創路)は浅海舞香(忽那汐里)を喫茶店に呼び出し、別れ話をしていた。

翌日、真野さくら(有川結女)は沼田茂之(浦上晟周)から受け取ったラブレターの返事を読み、「ラブレターのつもりじゃなかったんだけど…。でも、インラインスケートをやってるんだ」と言い、沼田茂之(浦上晟周)に興味を示した。

真野さくら(有川結女)と一緒に手紙を読んだ女子生徒は「えっ?沼田だよ。あのウンコ漏らしの沼田だよ」と呆れる。

家族ゲーム-第4話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイト家族ゲーム-第4話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。