スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


雲の階段-第6話のあらすじとネタバレの後編

木村文乃が出演する日本テレビの無資格医師ドラマ「雲の階段」の第6話「棄てた女が復讐!?正体バラす謎の怪文書」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「雲の階段-第6話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■雲の階段-第6話のあらすじ後編
その日の夜、相川三郎(長谷川博己)がマンションに帰ると、リビングで田坂亜希子(木村文乃)が鈴木明子(稲森いずみ)と話していた。どうして彼女がここに…。

鈴木明子(稲森いずみ)は、相川三郎(長谷川博己)が美琴島で作っていたボトルシップ(瓶の中で組み立てた船)を持ってきたのだという。

相川三郎(長谷川博己)は田坂亜希子(木村文乃)を別室に呼び、「直ぐに帰ってもらうよ」と言うが、田坂亜希子(木村文乃)は「食事の用意をしてあるから。私は別に平気」と言い、相川三郎(長谷川博己)にキスをした。

その後、3人が食事を始める。田坂亜希子(木村文乃)は「お休みの日は一緒にお買い物に行くの」と夫婦円満をアピールすると、鈴木明子(稲森いずみ)は「誤解するといけないから、言っておくけど、私とこの人は、付き合ってたとか、そういう関係じゃなかったから」と答えた。

田坂亜希子(木村文乃)は「主人から聞いてます。私も初めは勘違いして、聞いたら、この人、馬鹿だなって。そういえば、明子さん(稲森いずみ)は彼氏は居ないんですか?彼氏が出来たら紹介してくださいね」と話した。

鈴木明子(稲森いずみ)がトイレに行くと、田坂亜希子(木村文乃)は相川三郎(長谷川博己)に「明子さん(稲森いずみ)は過去の人って言ってたじゃない。そうは見えなかった」と告げた。

そこで、相川三郎(長谷川博己)の携帯電話が鳴り、田坂亜希子(木村文乃)が「誰?」と尋ねる。

相川三郎(長谷川博己)は田坂亜希子(木村文乃)に「母親からだよ」と答えて電話に出るが、電話をかけてきたのはトイレに居る鈴木明子(稲森いずみ)だった。

鈴木明子(稲森いずみ)は「返事はしなくて良いから。私は死んだの。アナタに殺された。いずれ、アナタの正体はバレる。もう辞めた方が良い。逃げるのなら、一緒に逃げてあげる。取り返しが付かない事になる前に、どこか遠いところへ」と告げると、電話を切った。

そして、トイレから出てきた鈴木明子(稲森いずみ)は「ごめんなさい。今日は夜勤だから、もう行かないと」と言い、相川三郎(長谷川博己)のマンションを後にした。

その日、田坂総合病院で残業をしていた久恒和男(金田明夫)は、事務室のドアの下に差し込まれていた封筒に気づく。中を開けると、「相川三郎(長谷川博己)について、調べてみてください」と書いた紙が入っていた。

一方、田坂雄一郎(内藤剛志)が愛人・高宮麻里(市川実和子)のマンションに居ると、久恒和男(金田明夫)から電話がかかってきた。

久恒和男(金田明夫)は田坂雄一郎(内藤剛志)に「ちょっと気になることがございまして。副院長のお名前を医師検索にかけてみたんです…」と話した。

その後、久恒和男(金田明夫)は相川三郎(長谷川博己)に電話をかけ、「今から病院へおこし願えないでしょうか」と告げた。

相川三郎(長谷川博己)が「急患ですか?」と尋ねると、久恒和男(金田明夫)は「いえ。院長先生が確かめたいことがある、とのことで」と告げた。

相川三郎(長谷川博己)は「この時間に急患でもないのに、病院に呼ぶなんて。もしかして、無資格医だとバレたのか」と動揺しながらも、田坂総合病院へ行き、院長室を訪ねた。


すると、田坂雄一郎(内藤剛志)は相川三郎(長谷川博己)に「私のパソコンを見てくれないか?」と告げた。

相川三郎(長谷川博己)がパソコンの画面を見ると、医師検索システムの検索結果が表示されいた。画面を見た相川三郎(長谷川博己)は全ての終わりを覚悟した。

田坂雄一郎(内藤剛志)は「何か言いたいことがあるか」と問うと、相川三郎(長谷川博己)は「申し訳ありませんでした。何からお話しすれば」と答えた。

すると、田坂雄一郎(内藤剛志)は「簡単に謝るなと言っただろ。私が何も知らなかったと思ってるのか」と言い、全てを明かした。

相川三郎(長谷川博己)が緊急手術をした民自党の幹事長が、相川三郎(長谷川博己)を主治医にしたいと言い、院長の田坂雄一郎(内藤剛志)に相川三郎(長谷川博己)の経歴を問い合わせてきた。

そこで、田坂雄一郎(内藤剛志)が関東医大に問い合わせたところ、関東医大から「相川三郎という名前の卒業生は居ない」という回答が帰ってきたため、相川三郎(長谷川博己)が無資格医であることが判明したのだという。

田坂雄一郎(内藤剛志)は「幹事長というVIPのオペを、こともあろうか、無資格医にさせてしまった。どういうことか分かるか。君の破滅だけでは済まないということだ」と叱責した。

相川三郎(長谷川博己)が「僕はどうしたら」と尋ねると、田坂雄一郎(内藤剛志)は「君と娘が結婚したことは好都合だった。そんな君を誰が無資格医と疑う。この件は公表しない。君にはこのまま副院長を続けてもらう」と告げた。

相川三郎(長谷川博己)が「どういう意味ですか?それは。アナタは私を…」と尋ねると、田坂雄一郎(内藤剛志)は「そういうことだ」と答えた。

相川三郎(長谷川博己)は「もうこれ以上は…。警察に自首します」と狼狽えると、田坂雄一郎(内藤剛志)は「これ以上、娘を不幸にする気か。前にも言っただろ。もう君は階段を上り始めている。君のことは守るよ」と告げた。

動揺する相川三郎(長谷川博己)が同室に居る久恒和男(金田明夫)を見ると、久恒和男(金田明夫)は微動だにせず、相川三郎(長谷川博己)を見つめていた。

一方、高岡洋平(萩原聖人)はある店を訪れ、山本という男を尋ねていた。山本が「なんで俺の本名を知ってる?前にどこかで会ったことがあるんですか?」と尋ねた。

高岡洋平(萩原聖人)は「初めまして。でも、この店を一緒に始めた奴の事はよく知ってるんじゃないですか」と答えると、山本は「相川三郎…」と驚いたのであった。

ドラマ「雲の階段」第7話のあらすじとネタバレは「雲の階段-第7話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト雲の階段-第6話のあらすじとネタバレの後編へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。