スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


木村文乃が長谷川博己の子供を妊娠

木村文乃が出演する日本テレビの無免許医師ドラマ「雲の階段」の第7話「最後は医者らしく…無謀なオペで大失態」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「雲の階段-第7話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■雲の階段-第7話のあらすじ後編
その日、相川三郎(長谷川博己)が病院のエレベーターに乗り込むと、山本竜二(やべきょうすけ)がエレベーターに乗り込んできた。

相川三郎(長谷川博己)は山本竜二(やべきょうすけ)を屋上へ連れて行くと、山本竜二(やべきょうすけ)は「お前、上手いことやったな。このまま警察へ行っても良いんだぞ。金に困ってるんだよ。黙ってて欲しいだろ?」と告げた。

相川三郎(長谷川博己)が「今は持ち合わせが」と断ると、山本竜二(やべきょうすけ)は相川三郎(長谷川博己)から高級そうな腕時計を取り上げた。

その後、山本竜二(やべきょうすけ)が病院を出ると、高岡洋平(萩原聖人)が「俺のことは黙っててくれたか」と声をかけてきた。

山本竜二(やべきょうすけ)は「ああ、アイツとは長い付き合いをさせてもらう事にするよ」と笑って立ち去る。

高岡洋平(萩原聖人)は山本竜二(やべきょうすけ)の顔を見て、「どうだ、警察に突き出されるよりも苦しいでしょ」と相川三郎(長谷川博己)をあざ笑った。

翌日、看護師がいつものように急患の受け入れを断っていると、相川三郎(長谷川博己)が受け入れるように指示した。

野上雅樹(青柳翔)が「先日の定例会で受け入れの方針を決めたでしょ」と言い、受け入れを撤回させようとしたが、相川三郎(長谷川博己)は「これは副院長命令だ」と受け入れを命じた。

その日、田坂亜希子(木村文乃)が田坂総合病院にやってきた。看護師が「今日はどうしたんですか」と尋ねると、田坂亜希子(木村文乃)は「病院の帰りなの。ここは産婦人科が無いでしょ」と答えた。

鈴木明子(稲森いずみ)は「産婦人科」と聞き、田坂亜希子(木村文乃)が妊娠したことにショックを受けた。

翌日、相川三郎(長谷川博己)が受け入れさせた患者の様態が悪化した。患者は腹痛を訴えており、腹部大動脈瘤切迫破裂の緊急手術をする必要があった。

看護師は相川三郎(長谷川博己)に事情を報告し、「入れますか」と尋ねるが、大動脈瘤と聞いた相川三郎(長谷川博己)は言葉を詰まらせた。

看護師が「ダメですよね。専門外ですから」と言い、他の医師を探しに行こうとすると、相川三郎(長谷川博己)は看護師を呼び止めて手術を引き受けた。

相川三郎(長谷川博己)は看護師に手術の準備を指示すると、資料室へ行き、腹部大動脈瘤の手術方法について調べた。

そこへ、鈴木明子(稲森いずみ)がやって来た。鈴木明子(稲森いずみ)は「やっぱりここね。このオペは貴方には無理。島の診療所ではこのオペは習わなかった。実践の経験が無いと、このオペは無理なのよ」と他の医師に交代してもらうように頼んだ。

しかし、相川三郎(長谷川博己)は「知識ならある」と言い、鈴木明子(稲森いずみ)を振り切って手術室へと向かった。

やがて、相川三郎(長谷川博己)は腹部大動脈瘤の手術を始める。相川三郎(長谷川博己)は途中まで順調だったが、出血が止まらなくなり、右往左往した。

手術を観覧していた鈴木明子(稲森いずみ)は、観覧室を飛び出し、他の医師を探しに行くと、別の手術を終えて手術室から出てきた野上雅樹(青柳翔)と遭った。

鈴木明子(稲森いずみ)は野上雅樹(青柳翔)に、「今、副院長(長谷川博己)が腹部大動脈瘤の切迫オペを。無理なんです。このオペは副院長には出来ないんです」と言い、助けを求めた。

しかし、野上雅樹(青柳翔)は「何を言ってるんですか?正直に言います。副院長は考え方も医者としてのスキルも完璧ですよ」と答えた。

しかし、鈴木明子(稲森いずみ)が「違うんです。彼は完璧な医者なんかじゃないんです」と訴えると、不審に思った野上雅樹(青柳翔)は手術室へ駆けつけた。

すると、相川三郎(長谷川博己)は看護婦を怒鳴り散らしながら、初歩的な止血に悪戦苦闘しており、野上雅樹(青柳翔)は「変ってください」と告げた。

相川三郎(長谷川博己)は「大丈夫です。僕には出来ますから」と言い、交代を拒否すると、野上雅樹(青柳翔)は相川三郎(長谷川博己)を押しのけて、手術を交代した。

相川三郎(長谷川博己)は手術室に立ち尽くし、淡々と手術を勧める野上雅樹(青柳翔)の背中を、ただ見つめていた。

その日、相川三郎(長谷川博己)が帰宅すると、山本竜二(やべきょうすけ)が待っていた。

山本竜二(やべきょうすけ)は「腕時計は売るのが勿体なくなっちまった。貰うものを貰ったら帰るからさ、とりあえず500」と金を要求した。

相川三郎(長谷川博己)は「俺が自由に動かせる金は無いんだ。ビールを飲んだら帰ってくれ」と答えた。

山本竜二(やべきょうすけ)が「昔のお前を知ってる俺からすれば、今のお前は言い冗談だぞ。分相応を考えろ」と呆れると、怒った相川三郎(長谷川博己)は山本竜二(やべきょうすけ)に殴りかかった。

すると、山本竜二(やべきょうすけ)は相川三郎(長谷川博己)を投げ飛ばし、馬乗りになって相川三郎(長谷川博己)を殴り続けた。

そこへ、田坂亜希子(木村文乃)が帰宅する。田坂亜希子(木村文乃)は、相川三郎(長谷川博己)が知らない男に殴られているのを見て驚き、直ぐに警察に電話をかける。

山本竜二(やべきょうすけ)は、田坂亜希子(木村文乃)が警察に通報したことに驚き、マンションから出て行ったのであった。

ドラマ「雲の階段」第8話のあらすじとネタバレは「雲の階段-第8話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト木村文乃が長谷川博己の子供を妊娠へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。