スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラスト・シンデレラ-第8話のあらすじとネタバレ

藤木直人が出演するフジテレビのオヤジ女子ドラマ「ラストシンデレラ」の第8話「さよなら…そして、ありがとう」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


ドラマ「ラスト・シンデレラ」第7話のあらすじとネタバレは「ラスト・シンデレラ-第7話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「ラスト・シンデレラ」の原作や主題歌は「ラスト・シンデレラの原作と主題歌」をご覧ください。

■ラスト・シンデレラ-第8話のあらすじ
立花凛太郎(藤木直人)を尋ねて美容室「HAPPY-GO-LUCKY」吉祥寺店にやってきた謎の女性・カスミ(三浦理恵子)は、立花凛太郎(藤木直人)の元彼女だった。

カスミ(三浦理恵子)は立花凛太郎(藤木直人)に、「離婚調停中なの。でも、実家に戻ってるんだけど、兄夫婦が居て、居づらくて」と相談すると、立花凛太郎(藤木直人)は部屋の鍵を渡した。

その日、遠山桜(篠原涼子)はバー「SOBAR」でマスターに「店に立花(藤木直人)の元彼女が来た」と報告すると、マスターはカスミ(三浦理恵子)について話した。

立花凛太郎(藤木直人)は中学時代から10年以上、カスミ(三浦理恵子)と付き合い、同棲もしていたが、ある日突然、破局し、カスミ(三浦理恵子)は別の男性と結婚したのだという。

その日、帰宅した立花凛太郎(藤木直人)はカスミ(三浦理恵子)に「なんで離婚するの?」と尋ねた。

カスミ(三浦理恵子)は「もう何年も前からダメになったの。ふと、このまま人生終わってるのかなと思うと、人生をやり直すのは今しか無いと思って。離婚したいって言ったら、浮気してるんだろうって言われて」と話した。

そして、カスミ(三浦理恵子)は「あのとき、立花君(藤木直人)と一緒になってれば、こんな事にはならなかったのなか。結婚したくなかったの、貴方とは。貴方には、ずっと恋をしていたかったから」と話した。

そうして、カスミ(三浦理恵子)は立花凛太郎(藤木直人)に寄り添い、そっとキスをした。

翌日、佐伯広斗(三浦春馬)が美容室「HAPPY-GO-LUCKY」吉祥寺店にやってくる。

遠山桜(篠原涼子)は佐伯広斗(三浦春馬)のカットを担当し、「好きな人の髪をカットするのは生まれて初めてなのよ」と言い、終始デレデレする。

一方、立花凛太郎(藤木直人)はカット中にハサミを落としたり、部下の呼び声に気づかなかったりして、いつもとは様子が違っていた。

その日の休憩時間、遠山桜(篠原涼子)は立花凛太郎(藤木直人)に「昨日、彼女は止まったんでしょ。ただの寝不足じゃ無いね」と冷やかす。

その日の夜、帰宅した遠山桜(篠原涼子)は居候している武内美樹(大塚寧々)をバー「SOBAR」へ誘う。

しかし、武内美樹(大塚寧々)は既にご飯を作っており、「ビールも冷えてるよ。今のうちに貯金しとかないと、子供が出来たらお金がかかるわよ」と断った。

遠山桜(篠原涼子)はトイレに入ると、バー「SOBAR」に居る長谷川志麻(飯島直子)に「ごめん、上手く連れ出せない。計画は中止」というメールを送った。

翌日、武内美樹(大塚寧々)は下校時間に通学路で子供たちを待ち、子供を公園へと誘った。

武内美樹(大塚寧々)は長女・武内咲(芳根京子)から、食事は祖母や武内公平(遠藤章造)が用意していることを知ると、安心した。

長女・武内咲(芳根京子)が「離婚するの?」と尋ねると、武内美樹(大塚寧々)は「何言ってるの。しないよ。…しないと思う。時間がかかるかもしれないけど、もう少し待ってくれる」と謝った。

長男・武内翔(笹原尚李)が「お母さんが居ないと寂しいよ」と寂しがると、武内美樹(大塚寧々)は「そうだ。明日は休みでしょ。桜(篠原涼子)の家に一緒に泊めてもらおう」と提案した。

一方、佐伯広斗(三浦春馬)は父親の会社の面接を受けるため、大神千代子(菜々緒)に見立ててもらい、スーツを購入していた。

佐伯広斗(三浦春馬)が「アイツとは上手くいってる?」と尋ねると、大神千代子(菜々緒)は「あの女(三浦理恵子)が現れた。それから、凛太郎さん(藤木直人)がおかしくて。何なのよ。せっかく凛太郎さんが振り向いてくれそうなのに」と怒りを露わにした。

すると、佐伯広斗(三浦春馬)は大神千代子(菜々緒)に「無茶はするなよ」と釘を刺した。

その日の夜、カスミ(三浦理恵子)は美容室「HAPPY-GO-LUCKY」吉祥寺店に差し入れをした。

その後、カスミ(三浦理恵子)が店を出たところの階段で電話をしていると、大神千代子(菜々緒)が後ろから忍び寄った。

大神千代子(菜々緒)がカスミ(三浦理恵子)を階段から突き落とそうとすると、遠山桜(篠原涼子)が大神千代子(菜々緒)の腕を掴んでバー「SOBAR」へ誘った。

2人がバー「SOBAR」に入ると、大神千代子(菜々緒)は「あの人は昔、凛太郎さん(藤木直人)をズタズタに傷つけた。だから、『もう現れないで』と言おうとしただけです」と話した。

遠山桜(篠原涼子)は「気持ちはよく分かった。でも、立花(藤木直人)はどう思うかな。喜ぶかな?立花が好きなら、正面からぶつかった方が良い」とアドバイスした。

しかし、大神千代子(菜々緒)は「貴女は傷ついた事が無いんですね。私は桜さん(篠原涼子)みたいにきれい事では生きてこられなかった。温々と生きてこられた桜さん(篠原涼子)とは、わかり合えない」と言い、店を出て行った。

翌日、遠山桜(篠原涼子)のマンションに、武内咲(芳根京子)らが泊まりに来る。

一方、遠山桜(篠原涼子)はお洒落をして佐伯広斗(三浦春馬)とデートに出かけた。

佐伯広斗(三浦春馬)が遠山桜(篠原涼子)を連れて行ったの場所は、初めて会ったホテルだった。

遠山桜(篠原涼子)が「ちょっと、ここって」と驚くと、佐伯広斗(三浦春馬)はひざまづいて「ようこそ、僕のシンデレラ」と告げた。

ホテルの部屋に入ると、遠山桜(篠原涼子)がワインを注文する。佐伯広斗(三浦春馬)が「大丈夫なの?」と尋ねると、遠山桜(篠原涼子)は「大丈夫よ。お泊まりなんだから」と答えた。

一方、カスミ(三浦理恵子)は立花凛太郎(藤木直人)に「今度の休みにどこか行かない?デートっぽいことをしたいな。そういうこと、ずっとしてないから」と誘った。

そして、カスミ(三浦理恵子)は立花凛太郎(藤木直人)の背中に寄り添うが、立花凛太郎(藤木直人)は何も答えない。

すると、カスミ(三浦理恵子)は「今日は帰った方が良さそうだね」と言い、部屋を出て行った。

ラスト・シンデレラ-第8話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイトラスト・シンデレラ-第8話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。