スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


家族ゲーム-第9話のあらすじのネタバレ

鈴木保奈美が出演するフジテレビの殺人家庭教師ドラマ「家族ゲーム」の第9話「吉本の衝撃の過去!崩壊の先に…」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


ドラマ「家族ゲーム」第8話のあらすじとネタバレは「家族ゲーム-第8話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「家族ゲーム」の原作や主題歌は「家族ゲームの原作と主題歌」をご覧ください。

■家族ゲーム-第9話のあらすじ
沼田家は崩壊し、長男・沼田慎一(神木隆之介)は高校を辞め、沼田佳代子(鈴木保奈美)は荷物を持って出ていった。会社をクビになった沼田一茂(板尾創路)は仕事を探し始めた。

ある日、次男・沼田茂之(浦上晟周)は、再び引きこもりに戻ったが、真野さくら(有川結女)から「心配している」というメールを受け取り、登校した。

次男・沼田茂之(浦上晟周)が登校すると、山尾泰司(西本銀二郎)が虐められるようになっていた。昔の自分の様に。

一方、彼女の最上飛鳥(北原里英)は、長男・沼田慎一(神木隆之介)を心配して沼田家を訪れた。

沼田慎一(神木隆之介)が「どうして写真を先生に出さなかった」と尋ねると、最上飛鳥(北原里英)は「渡すわけないじゃん。好きなんだから。吉本(櫻井翔)も私が先生に渡さないって分かってたんじゃないかな」と答えた。

そして、最上飛鳥(北原里英)は「吉本には吉本の考えがあったのよ。貴方は自分の事を言い当てられて、言い返せないから、反抗するように高校を辞めて」と指摘した。

すると、沼田慎一(神木隆之介)は「それ以上、言うな。アイツ(櫻井翔)は関係無いんだ」と言い、最上飛鳥(北原里英)を押し倒して、服を破いて襲いかかった。

最上飛鳥(北原里英)が沼田慎一(神木隆之介)に抵抗していると、無職の沼田一茂(板尾創路)が帰宅する。

沼田一茂(板尾創路)が「何をやってるんだ」と驚くと、沼田慎一(神木隆之介)は家を飛び出した。

自宅を飛び出した沼田慎一(神木隆之介)が吉本荒野(櫻井翔)のアパートへ行くと、部屋には鍵がかかっていた。消化器でドアノブを壊して部屋の中へと入ると、部屋はもぬけの殻だった。

しかし、沼田慎一(神木隆之介)は部屋の隅に請求書やパンフレットが残っていた。

沼田慎一(神木隆之介)が吉本荒野(櫻井翔)の手がかりを探していると、劇団のパンフレットの中に立花真希(忽那汐里)の顔があった。どういうことだ…。

沼田慎一(神木隆之介)がパンフレットを手がかりに劇団の練習場を訪れると、立花真希(忽那汐里)が劇の練習をしていた。

しかも、立花真希(忽那汐里)が撮影してきたビデオの中で田子雄大(櫻井翔)を批判していた同僚教師も立花真希(忽那汐里)と一緒に劇の練習をしていた。

沼田慎一(神木隆之介)が立花真希(忽那汐里)に「どうなってんだよ」と問い詰めると、立花真希(忽那汐里)は「ご飯をご馳走してくれる?」と尋ねた。

その後、2人はファミレスへ行くと、立花真希(忽那汐里)は「私の本名は水上沙良。清楚な浅海舞香も、悲劇のヒロイン立花真希も、どっちも演技。貴方の知ってる田子雄大(櫻井翔)の過去も全部嘘。ゴメンちゃい」と謝った。

沼田慎一(神木隆之介)が「田子雄大(櫻井翔)はどこだ」と尋ねると、水上沙良(忽那汐里)は「私も知らない。私だって、今回、初めて手伝ったんだもん。会うのも8年ぶりだし」と答えた。

水上沙良(忽那汐里)は「8年前の出来事があまりにも違うから、むかついてたの。吉本荒野(忍成修吾)が被害者だなんて許せない。教えてあげるよ、8年前の真相を」と言い、話し始めた。

8年前、田子雄大(櫻井翔)は教師で、水上沙良(恒松祐里)は生徒だった。そして、自殺した真田宗多(吉井一肇)は水上沙良(恒松祐里)の幼なじみだった。

(注釈:水上沙良の中学時代は、忽那汐里ではなく恒松祐里が演じている。)

吉本荒野(忍成修吾)は副校長の甥っ子で、東大を卒業して4月から教師になった新人教師で、同僚教師からの人望も厚かった。そして、吉本荒野(忍成修吾)の口癖は「いいねぇ」だった。

水上沙良(恒松祐里)は吉本荒野(忍成修吾)の事が好きで、旅行に出かける田子雄大(櫻井翔)に恋愛成就のお守りを頼んでいたが、田子雄大(櫻井翔)がお土産として渡して水上沙良(恒松祐里)に渡したのは手作りの人形のストラップだった。

田子雄大(櫻井翔)が「ツアー初日の飛行機に間に合わなかったんだよ」と謝ると、水上沙良(恒松祐里)は「また生徒の相談に乗ってたんでしょ。こんなの要らない。恋愛成就どころか、縁起が悪そうだよ」と呆れた。

しかし、真田宗多(吉井一肇)は「僕はこれで良い」と言い、喜んで手作りの人形を受け取った。

その日、真田宗多(吉井一肇)と水上沙良(恒松祐里)が一緒に下校していると、真田宗多(吉井一肇)は人形をロッカーに置いてきた事を思い出し、1人で学校へと戻った。

1人で学校へ戻った真田宗多(吉井一肇)は、隣の教室で吉本荒野(忍成修吾)が手下の教師と一緒に生徒の教科書をカッターで切り裂いている現場を目撃してしまった。

そのとき、真田宗多(吉井一肇)は驚いて物音を立ててしまったため、吉本荒野(忍成修吾)に見つかり、真田宗多(吉井一肇)に捕まってしまった。

それ以降、真田宗多(吉井一肇)は吉本荒野(忍成修吾)から虐められるようになった。

真田宗多(吉井一肇)は父子家庭で父親の帰りはいつも遅かった。それを調べ上げた吉本荒野(忍成修吾)は、真田宗多(吉井一肇)に「誰かに傷のことを聞かれたら、父親にやられたって言え」と脅した。

ある日、真田宗多(吉井一肇)の体のアザに気づいた田子雄大(櫻井翔)が「誰にやられたんだ」と尋ねると、真田宗多(吉井一肇)は「父にやられました」と答えた。

田子雄大(櫻井翔)が「お父さんと話ししないとな」と告げると、真田宗多(吉井一肇)は「違うんです。言ったら殺されます」と答えた。

すると、田子雄大(櫻井翔)は「心配するな。俺が守ってやるから」と言い、真田宗多(吉井一肇)の肩を抱いた。

家族ゲーム-第9話のあらすじのネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイト家族ゲーム-第9話のあらすじのネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。