スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ラスト・シンデレラ-最終回の結末ネタバレ

藤木直人が出演するフジテレビのオヤジ女子ドラマ「ラスト・シンデレラ」の最終回(第11話)「私の選ぶ王子様」のあらすじとネタバレの結末ネタバレ編です。


このページは「ラスト・シンデレラ-最終回のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■ラスト・シンデレラ-最終回の結末ネタバレ
翌日、立花凛太郎(藤木直人)がニューヨークへ出発する日だが、武内美樹(大塚寧々)の結婚式の日の予約が入っており、美容室「HAPPY-GO-LUCKY」吉祥寺店は貸し切りで営業していた。

遠山桜(篠原涼子)は武内美樹(大塚寧々)らのメイクを終えると、結婚式に出席するため、手短に身支度を済ませようとしたが、立花凛太郎(藤木直人)が髪をセットし、念入りにメイクをしてくれた。

一方、大神千代子(菜々緒)は、父親に「パパが探してきた形成外科に連れてってくれる?今更なんだけど、火傷の跡を治したいの」と頼んだ。

さらに、大神千代子(菜々緒)「それと、お兄ちゃんを許して欲しいの。お父さんの会社に入るのは本気だったと思う。面接のスーツを買うのを付き合ったから、確かだと思う。もう1度チャンスをあげて欲しいの」と頼んだ。

その日、自転車(BMX)の全国大会が行われており、佐伯広斗(三浦春馬)は全国大会の予選に出場していた。

大神千代子(菜々緒)が父親と母親を大会に連れており、両親の見守るなか佐伯広斗(三浦春馬)の競技が始まるが、佐伯広斗(三浦春馬)はジャンプしたときに大きくバランスを崩してしまう。

そのころ、遠山桜(篠原涼子)は武内美樹(大塚寧々)の結婚式に出席していると、立花凛太郎(藤木直人)が遠山桜(篠原涼子)に「広斗君(三浦春馬)が予選で大怪我をしたって」と教えた。

遠山桜(篠原涼子)が躊躇していると、立花凛太郎(藤木直人)が「行けよ。早く」と促す。すると、遠山桜(篠原涼子)は赤いドレスを着まま、立花凛太郎(藤木直人)の横を通り過ぎ、自転車大会の会場へと走った。

しかし、遠山桜(篠原涼子)が会場に着くと、佐伯広斗(三浦春馬)は決勝に向けてストレッチをしているところだった。

遠山桜(篠原涼子)はピンピンしている佐伯広斗(三浦春馬)を観て「怪我は?何ともないの?」と驚き、立花凛太郎(藤木直人)に騙されたことを悟った。

遠山桜(篠原涼子)が「怪我してないのなら帰る」と言い、帰ろうとすると、佐伯広斗(三浦春馬)が遠山桜(篠原涼子)を呼び止めた。

自転車のスタッフが佐伯広斗(三浦春馬)に「何してるんだよ、広斗(三浦春馬)。これから決勝だぞ」と注意すると、佐伯広斗(三浦春馬)は「モチベーションが無いんだ。もう優勝とかどうでもいい」と答えた。

それを聞いた遠山桜(篠原涼子)は「はぁ?全国大会で優勝するって言ったよね。それも嘘?好きなんでしょ?好きなんなら、最後まで追いかけなさいよ」と言い、佐伯広斗(三浦春馬)に指輪を投げつけた。

好きなんなら、最後まで追いかけなさいよ…。佐伯広斗(三浦春馬)は指輪を拾い上げ、指輪を胸に自転車の全国大会決勝戦に臨んだ。

一方、遠山桜(篠原涼子)はハイヒールを脱いで必死に走り、ニューヨークへと旅立つ立花凛太郎(藤木直人)の元へと急いだ。

空港に着くと、遠山桜(篠原涼子)は立花凛太郎(藤木直人)に「やっぱり、私、ニューヨークには…」と話すと、立花凛太郎(藤木直人)は「分かってるよ。自分の気持ちに嘘をついてるキン(篠原涼子)なんて、俺の知ってるキンじゃない。お前から正直を取ったら、馬鹿しか残らない」と答えた。

そして、立花凛太郎(藤木直人)は「勘違いしているみたいだけど、ニューヨークへ行ってもお前と付き合う気は無かったから」と話すと、遠山桜(篠原涼子)は「こっちだってお断りだよ」と答えた。

立花凛太郎(藤木直人)が「もう帰れ。恋人同士じゃ無いんだから。店を頼んだぞ」と店を託すと、遠山桜(篠原涼子)は「分かったよ。立花も頑張ってね」と言い、2人は別れた。

立花凛太郎(藤木直人)は、小さくなっていく遠山桜(篠原涼子)の背中に向かって「幸せになれよ」と、つぶやいた。

その後、佐伯広斗(三浦春馬)が歩いていると、赤いドレスを着た遠山桜(篠原涼子)が現れた。

佐伯広斗(三浦春馬)が「どうしてここに居るの?ニューヨークにはいつ発つの?」と驚くと、遠山桜(篠原涼子)は「今日。だって私、キモイんでしょ。『もう付きまとうな』って言ったよね」と答えた。

佐伯広斗(三浦春馬)が「あんなの嘘に決まってるじゃん」と釈明すると、遠山桜(篠原涼子)は「広斗君(三浦春馬)は嘘ばっかり」と怒った。

佐伯広斗(三浦春馬)は「たぶん、立花さんの方が桜さんを幸せに出来ると思う。でも、俺はやっぱり、桜さんのことだ好きなんだ」と告げたが、遠山桜(篠原涼子)は「ダメ。全然、響いてこない」と首を横に振った。

佐伯広斗(三浦春馬)は「貴女が居ない所では生きていけない。もう離れたくないんだ。2度と嘘をつかない。桜さんのおかげで優勝できたし、仕事も頑張る」と言って遠山桜(篠原涼子)を抱きしめるた。

そして、佐伯広斗(三浦春馬)は「だから、俺と結婚してください」と頼むと、遠山桜(篠原涼子)は「はい。離れないよ。もう絶対に離れないよ。ニューヨークだってもう行かないって言ってきたから」と言い、目を潤ませた。

遠山桜(篠原涼子)が左手を差し出すと、佐伯広斗(三浦春馬)はひざまついて遠山桜(篠原涼子)の左手に指輪をはめ、遠山桜(篠原涼子)を抱きしめてキスをした。

信じれば、誰もが成れるシンデレラ。

ドラマ「ラスト・シンデレラ」の最終回の感想は「ラスト・シンデレラ-最終回の感想」をご覧ください。

ドラマ「ラスト・シンデレラ」の原作や主題歌は「ラスト・シンデレラの原作と主題歌」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイトラスト・シンデレラ-最終回の結末ネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

素敵な最終回だったと思いますが、やはり、ラストシンデレラがないと、つまらないですね。私なら、林太郎を選んでいましたが、桜が選んだので正解だったと思いまいた。またの続きを、期待しています。

名無し : 2013年09月23日(月)

再放送組で拡大15分ぶん丸々カットされていました。ここで補完できました。ありがとうございました。

名無し : 2014年03月15日(土)

再放送の最終回を、見損ない、TUTAYAに行ったけど、DVDを置いていなかった・・・最終回のあらすじをありがとうございました。
「僕のいた時間」を観て、三浦春馬クンの魅力にはまりました。
松潤いのち・・だったけど、春馬クンいのちに変ってしまいました。
桜が、ヒロトクンを選んでこそ、シンデレラだよね~
よかった!

いじわるな姉 : 2014年03月21日(金)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。