スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


35歳の高校生-最終回の結末ネタバレ

溝端淳平が出演するスクールカーストドラマ「35歳の高校生」の最終回(第11話)「衝撃の2時間SP!!今夜すべての謎が明かされる!ノートの真実と亜矢子の失踪…」のあらすじとネタバレの結末ネタバレ編です。


このページは「35歳の高校生-最終回のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■35歳の高校生-最終回の結末ネタバレ
ある日、国木田高校に教育委員会からの通知を届いた。横浜市教育委員会は、クラス制度の廃止し、単位制を採用することを決定したのだという。

小泉純一(溝端淳平)が3年A組で生徒がクラス制度の廃止を報告していると、土屋正光(菅田将暉)が教室に飛び込んできた。馬場亜矢子(米倉涼子)からの手紙が来たのだという。

小泉純一(溝端淳平)は、代表して馬場亜矢子(米倉涼子)の手紙を読み上げる。

初めは母親のためだった。だけど、気がつけば国木田高校での生活が大好きになっていた。その思いが強くなるほど、申し訳ない気持ちが強くなったのも事実。私は本当の姿を見せてないから。

だから、土屋君(菅田将暉)には感謝してる。本当の自分をさらけ出す切っ掛けを作ってくれたから。友達100人は出来なかったけど、26人の友達が出来た事は私の誇りです。

学級委員なのに、やり遂げられなくてごめんなさい。みんなは、私の分まで卒業してください。って日本語が変ね。卒業の日まで、みんなの高校生活が充実している事を願っています。

みんなは私にとって、とっても素敵なクラスメイトでした。おばさん、馬場亜矢子(米倉涼子)より。

すると、長谷川里奈(広瀬アリス)は立ち上がり、「やっぱり反対。だって、私たち、クラスがあったから、馬場さん(米倉涼子)と出会えたんだよ。クラスが無くなると言うことは、クラスメイトが無くなるって事だよね。そんなの絶対に嫌だ」と主張した。

すると、山下愛(水野絵梨奈)や三枝鉄平(西井幸人)もクラス制度廃止に反対し、クラス全員が職員室へ行き、校長にクラス制度廃止の反対を直訴しに言った。

しかし、副校長・黛有紀(横山めぐみ)は「決定事項です」と言って取り合わず、ロン毛教師の樋口浩一(生島翔)も「お前らが何を言っても変らない。大人しく卒業しろ」と吐き捨てた。

怒ったデブの神保てつや(道順与郎)が教師を職員室から追い出すと、大竹亮太(上遠野太洸)が「ここに立てこもろうぜ」と言い、3年A組の生徒は職員室を占拠することにした。

職員室に立てこもった3年A組の生徒はクラスでの思い出を話し合い、スクールカースト1軍の土屋正光(菅田将暉)がみんなに謝罪し、気持ちが1つになった。

その日の夜、業を煮やした教師陣が警察に通報し、警察がバリケードを突破して、職員室に突入した。

刑事は職員室を明け渡そうとしない土屋正光(菅田将暉)らに、「君たちのやってる事は不法占拠だ。これ以上、続けるのなら、拘束する」と告げる。

校長・野田芳男(榎木孝明)が「クラス全員が補導になれば、卒業できなくなる」と言い、職員室の明け渡しを求めたが、羽鳥梨花子(宮崎香蓮)は「だったら、卒業なんて出来なくていい。ウチらの決意は固いんだから」と拒否した。

すると、小泉純一(溝端淳平)が「卒業出来なくてもいい?お前ら、馬場(米倉涼子)にそんな事を言えるのか?お前らがやってる事を馬場(米倉涼子)が知ったらどう思う?頭を冷やせよ馬鹿野郎」と叱りつけた。

すると、3年A組の生徒は肩を落として職員室を明け渡し、職員室立てこもり事件は無事に解決した。

翌日、小泉純一(溝端淳平)は阿佐田幸信(渡哲也)の元を訪れ、馬場亜矢子(米倉涼子)の居場所を尋ねたが、阿佐田幸信(渡哲也)は「私も知りません。役立たずで申し訳ありません」と答えた。

阿佐田幸信(渡哲也)が「どうしてそこまでするんです?」と尋ねると、小泉純一(溝端淳平)は「教育長こそ、どうしてそこまでしたんですか?」と尋ね返した。

阿佐田幸信(渡哲也)が「担任だったからです」と答えると、小泉純一(溝端淳平)は「僕も担任だからです」と答えた。

それから半年が過ぎ、卒業式を目前に控えたころ、ヘッドフォンの阿久津涼(山崎賢人)が少年刑務所を出所した。小泉純一(溝端淳平)は阿久津涼(山崎賢人)を迎えに行き、「お前も卒業式に出ろ」と告げた。

馬場亜矢子(米倉涼子)の居場所は結局分からず、3年A組の生徒が落ち込んでいると、工藤美月(新川優愛)が「おばさん(米倉涼子)をどうにかしない?一緒に卒業式に出ようよ」と提案した。

すると、土屋正光(菅田将暉)も「俺もそう思う。呼び戻そうぜ」と同意するが、国分萌(小島藤子)が「でも、どうやるの?おばさん(米倉涼子)はどこに居るのか分からないんだよ」と指摘した。

湯川理(野村周平)が「そりゃ…」と言い、笑って誤魔化していると、デブの神保てつや(道順与郎)が立ち上がり、タブレット端末を取り出し、自信の笑みを浮かべた。

一方、馬場亜矢子(米倉涼子)が小さな漁村で働いていると、仲良くなった近所の女子高生が「これって馬場さんの事じゃない?」と言い、駆け寄ってきた。

馬場亜矢子(米倉涼子)が女子高生のスマートフォンを見ると、掲示板に馬場亜矢子(米倉涼子)へのメッセージが書いてあった。

それからも、3年A組はテレビ番組に出演して馬場亜矢子(米倉涼子)へ呼びかけたり、インターネットのあちこちのサイトに馬場亜矢子(米倉涼子)へのメッセージを書き込んだり、インターネットに動画を投稿したりして、馬場亜矢子(米倉涼子)へメッセージを送り続けた。

そのようななか、漁村でひっそりと暮らしていた馬場亜矢子(米倉涼子)の元に、阿久津涼(山崎賢人)が現れる。

馬場亜矢子(米倉涼子)は仲良くなった漁村の女子高生に「私だって半年前は高校生だったのよ」と話しており、その女子高生がインターネットで「35歳の高校生だって」とつぶやいていた。

阿久津涼(山崎賢人)は偶然、そのつぶやきを見つけ、漁村に馬場亜矢子(米倉涼子)を探しに来たのだという。

阿久津涼(山崎賢人)は馬場亜矢子(米倉涼子)に「前に言ったよね。今しか無いって。それ、馬場さん(米倉涼子)も同じだと思うんだ」と告げた。

ある日、国木田高校の体育館で卒業式が行われるが、馬場亜矢子(米倉涼子)は来ず、長谷川里奈(広瀬アリス)は「メッセージが届かなかったのかな」と落ち込んでいた。

すると、突然、体育館のドアが開き、馬場亜矢子(米倉涼子)と阿久津涼(山崎賢人)の2人が現れた。

馬場亜矢子(米倉涼子)は「私に権利は無いかも知れないけど、言わせてください。私はクラスを壊すことに反対です」と告げると、黛有紀(横山めぐみ)は「それはもう決まった事です。それに、クラスはイジメの温床になるんですよ」と答えた。

馬場亜矢子(米倉涼子)は「でも、私はここに戻ってくれたのは、戻るべきクラスがあり、最高のクラスメイトが居たからです。私はクラスが好きです。クラス廃止が本当に必要かどうか、もう1度検討してください」と頭を下げた。

長谷川里奈(広瀬アリス)は「私も馬場ちゃん(米倉涼子)と同じよ」と言い、立ち上がって拍手すると、会場全体から拍手が起こった。

やがて、卒業式が終わると、土屋正光(菅田将暉)が阿久津涼(山崎賢人)に「お前も教室に来い。おばさん(米倉涼子)が来てもお前が来ないと、クラス全員が揃わない。それにしても、相変わらず、不気味な顔をしてるな」と声をかけた。

そして、土屋正光(菅田将暉)は馬場亜矢子(米倉涼子)にノートを返し、「手紙、サンキューな」と告げ、阿久津涼(山崎賢人)を教室へと連れて行った。

その後、卒業証書を持った小泉純一(溝端淳平)が3年A組に来るが、小泉純一(溝端淳平)は「馬場亜矢子(米倉涼子)と阿久津涼(山崎賢人)には卒業証書を渡せない。お前らは出席日数が足りない。春休みに補習だ。それまではお預けだ」と告げた。

すると、長谷川里奈(広瀬アリス)が「卒業証書の代わりってわけじゃないけど」と言い、馬場亜矢子(米倉涼子)にノート「馬場亜矢子の高校日記」を渡した。

馬場亜矢子(米倉涼子)がノートを読むと、「馬場亜矢子が初めて寄り道デビュー。イチゴクレープに感動」などと、身に覚えの無い日記が書いてあり、驚く。

すると、山下愛(水野絵梨奈)が「馬場ちゃんがお母さんのノートを現実にしていったでしょ。これ、ウチらのバージョン。みんなで馬場ちゃんとやりたい事を書いたんだ。みんなでやっていこう。卒業まで忙しいよ」と説明した。

馬場亜矢子(米倉涼子)はノートを読んで、笑いながら泣いた。長谷川里奈(広瀬アリス)が「お帰り、馬場ちゃん」と声をかけると、馬場亜矢子(米倉涼子)は「ただいま」と答えて、ノートで顔を隠した。

その後、馬場亜矢子(米倉涼子)はクラスメイトと共に、ノートに書いてあることを1つ1つ実現していき、楽しい日々が続いた。

ある日、馬場亜矢子(米倉涼子)と阿佐田幸信(渡哲也)の2人は母親の墓を訪れる。馬場亜矢子(米倉涼子)は母親に「もうすぐ卒業できるからね」と報告し、ノートを墓に供えた。

阿佐田幸信(渡哲也)は馬場亜矢子(米倉涼子)に「クラス制度の廃止は考え直すことにした。君に教えられましたよ」と告げると、馬場亜矢子(米倉涼子)は「ありがとうございます先生」と喜んだ。

ある日、小泉純一(溝端淳平)は、3年A組で馬場亜矢子(米倉涼子)と阿久津涼(山崎賢人)の2人に卒業証書を渡す。

すると、クラスメイトが廊下や窓から教室に入ってきて、2人の卒業を祝ったのであった。

ドラマ「35歳の高校生」の原作と主題歌は「35歳の高校生-原作と主題歌」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト35歳の高校生-最終回の結末ネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

とてもいいですね

名無し : 2013年06月23日(日)

おぉ、ハッピーエンドwww

Shun☆彡 : 2013年07月03日(水)

馬場亜矢子が阿久に刺された場面は可愛そう。亜矢子が国木田高校を退学してそのあとどうなったのかが見たいので放送して下さい。お願いします。

名無し : 2013年07月05日(金)

ありがとうございます☆

はっぴーえんど^^

名無し : 2013年07月31日(水)

よかった、よかった!

goma : 2014年03月08日(土)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。