スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


woman(ウーマン)のあらすじとネタバレ

満島ひかりが出演する生活保護ドラマ「woman(ウーマン)」の第1話「命をかけて我が子を育てるシングルマザーの感動ドラマ」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


ドラマ「woman(ウーマン)」の原作や主題歌については「Woman(ウーマン)の原作と主題歌」をご覧ください。

■woman(ウーマン)-第1話のあらすじ
駅のホームから、ドヴォルザーク第9番2楽章のメロディーが流れる。すると、駅のホームで読書していた青柳小春(満島ひかり)は、メロディーに合わせて歌詞を口ずさんだ。

同じく駅のホームに居た青柳信(小栗旬)は、青柳小春(満島ひかり)に驚き、「これって小学校の下校の曲ですよね。歌詞があるんですか?」と声をかけた。

こうして2人は知り合った。青柳信(小栗旬)は、1年働いて、お金が貯まると世界中の山を登る生活をしていたが、青柳小春(満島ひかり)と結婚すると、家族のために山登りを止めて働き始めた。

やがて、青柳小春(満島ひかり)と青柳信(小栗旬)の間に、青柳望海(鈴木梨央)が生まれ、青柳陸(髙橋來)が生まれた。

しかし、青柳信(小栗旬)は不慮の事故で死んでしまったため、青柳小春(満島ひかり)は女手一つで青柳望海(鈴木梨央)と青柳陸(髙橋來)の2人を育てていた。

青柳小春(満島ひかり)はアルバイトを掛け持ちしながら、青柳望海(鈴木梨央)と青柳陸(髙橋來)を育てていたが、シングルマザーが子育てしながら働くことは難しかった。

子供の発熱などでアルバイトに度々遅刻していた青柳小春(満島ひかり)は、ガソリンスタンドのアルバイトをクビになってしまう。

ようやく、青柳小春(満島ひかり)は昼間の居酒屋のアルバイトが決まったが、週1回は夜も勤務するという条件だった。

ある日、青柳小春(満島ひかり)が夜の勤務から帰宅すると、アパートから青柳陸(髙橋來)の鳴き声がしていた。

青柳小春(満島ひかり)が慌てて部屋に入ると、台所に小麦粉が飛び散っており、青柳陸(髙橋來)が大声で泣いていた。青柳望海(鈴木梨央)の姿は見えない。

青柳小春(満島ひかり)は青柳陸(髙橋來)に「望海(鈴木梨央)はどこに行ったの?」と尋ねても、青柳陸(髙橋來)は泣いているだけだった。

青柳小春(満島ひかり)が慌てて青柳望海(鈴木梨央)を探しに行こうとすると、隣に住む老婆が青柳望海(鈴木梨央)を連れてきた。老婆は青柳小春(満島ひかり)に「子供は犬や猫じゃないのよ」と呆れた。

もう、子供を残して働きに出られない。ついに、青柳小春(満島ひかり)は福祉事務所の生活課へ行き、生活保護の申請した。

生活課の職員・砂川良祐(三浦貴大)は「収入のある状態ですので、申請は厳しくなります。お子さんを託児所に預ければどうですか?」と難色を示した。

すると、青柳小春(満島ひかり)は「時給900円で、託児所の料金が1時間で800円なんです。全額で無くても良いんです。家賃の更新と電気料金を払う分だけでも、貸して頂くだけでも良いんです」と頼んだ。

職員が「ご主人はどうして亡くなられたのですか?事情が分からないと判断しかねますから」と尋ねると、青柳小春(満島ひかり)は「駅で電車に…」と答えた。

職員が「ご両親からの援助は?」と尋ねると、青柳小春(満島ひかり)は「父は死にました。母は20年も会っていません」と答えた。

職員は「今年は悲惨な出来事が有りまして、沢山の方が苦労をしています。一方で生活保護でパチンコをしているような方もいらっしゃいます。年金も生活保護も、子供たちの未来の財布から抜き取っているようなもので」と説明すると、青柳小春(満島ひかり)は「してません」と激怒した。

その日、青柳小春(満島ひかり)の生活保護の申請が行われ、後日、青柳小春(満島ひかり)は再び福祉事務所を訪れる。

青柳小春(満島ひかり)は生活保護の条件を満たしていたが、福祉事務所が3親等以内の親族に扶養照会を行ったところ、実母・植杉紗千(田中裕子)が援助の意思を示した事を理由に、生活保護の申請は受理されなかった。

青柳小春(満島ひかり)が失望して福祉事務所を出ると、福祉事務所・生活課の職員・砂川良祐(三浦貴大)が青柳小春(満島ひかり)に声をかけた。

すると、青柳小春(満島ひかり)は「すみません。お金を貸して頂けませんか?5000円、3000円でも良いんです」と頼んだが、砂川良祐(三浦貴大)は「そういうことは」と断った。

しかし、青柳小春(満島ひかり)が「500円でも良いんです」と懇願すると、砂川良祐(三浦貴大)は哀れに思い、青柳小春(満島ひかり)に500円を渡した。

青柳小春(満島ひかり)は500円を受け取ろうとしたが、500円玉を落としてしまい、そのまま倒れてしまった。

砂川良祐(三浦貴大)は妻・砂川藍子(谷村美月)が働いている病院へ青柳小春(満島ひかり)を運んだ。青柳小春(満島ひかり)は貧血ということだったが、念のために血液検査を行うことになった。

woman(ウーマン)のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイトwoman(ウーマン)のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。