スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


小栗旬がwoman(ウーマン)で死んだ理由

小栗旬が死亡する生活保護ドラマ「woman(ウーマン)」の第1話「命をかけて我が子を育てるシングルマザーの感動ドラマ」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは「woman(ウーマン)のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■woman(ウーマン)-第1話のあらすじ後編
翌日、青柳小春(満島ひかり)は子供を連れ、絶縁状態にあった母・植杉紗千(田中裕子)を尋ねる。母・植杉紗千(田中裕子)は洋服の仕立て屋の植杉健太郎(小林薫)と再婚していた。

植杉健太郎(小林薫)は突然の訪問に驚きながらも、母・植杉紗千(田中裕子)はホテルに働きに出て帰ってきていないことを説明し、青柳小春(満島ひかり)と話した。

青柳小春(満島ひかり)が母・植杉紗千(田中裕子)と絶縁状態に有り、会うのは20年ぶりだったが、青柳信(小栗旬)は2人目の子供(青柳陸)が生まれる前に結婚の報告で母・植杉紗千(田中裕子)を尋ねてきていたのだという。

青柳信(小栗旬)は、青柳小春(満島ひかり)が母・植杉紗千(田中裕子)と絶縁状態にあることを心配しており、なんとか仲直りさせようとしていたのだという。

そのとき、母・植杉紗千(田中裕子)は青柳信(小栗旬)に山盛りの梨をお土産に持たせて帰した。梨は青柳小春(満島ひかり)の好物で、母・植杉紗千(田中裕子)はそれを覚えていたのだという。

青柳小春(満島ひかり)は知らなかった事実を植杉健太郎(小林薫)の口から聞き、驚いているところに、母・植杉紗千(田中裕子)が帰宅した。

青柳小春(満島ひかり)は20年ぶりに再開した母・植杉紗千(田中裕子)と2人きりになり、話す。

青柳小春(満島ひかり)は母・植杉紗千(田中裕子)に「区役所から扶養照会が来たと思うんですが、手違いなんです。ちゃんと生活保護を受けるので、援助の話しは取り下げて頂きたいんですが」と切り出した。

母・植杉紗千(田中裕子)は素麺を作りながら、「あの子は元気?旦那さん、信君(小栗旬)だっけ?」と尋ねると、青柳小春(満島ひかり)は「今は一緒に居ません」と答えた。

すると、母・植杉紗千(田中裕子)は「離婚?それで母子家庭で生活保護?大変ね。色々あるでしょうね」と答えた。

青柳小春(満島ひかり)は「大変?母親として当然な事をしているまでで、大変なんて、そういうことは全然、無いです。子供を育てるのが難しいんじゃ無くて、難しいのは、それを1人ですることです」と言い、1人で子育てする苦労を話した。

母・植杉紗千(田中裕子)が「私にそういう事を言われても」と困惑すると、青柳小春(満島ひかり)は「信さん(小栗旬)は死にました。3年前、駅で線路に、電車で。転がった梨を拾うおうとして、線路に落ちたんです」と明かした。

そして、青柳小春(満島ひかり)は「信さん(小栗旬)が居てくれたら。なんで梨なんか拾おうと思ったのかって、ずっと思ってたんです。でも、さっき、やっと分かりました」と話した。

母・植杉紗千(田中裕子)は素麺をすすると、突然立ち上がり、タンスや財布から有り金をかき集めた。そして、かき集めたお金をチラシに包んで青柳小春(満島ひかり)のカバンの中に無理矢理、詰め込んだ。

しかし、青柳小春(満島ひかり)は「要らない」と言い、お金を拒否した。

その後、青柳小春(満島ひかり)は、青柳望海(鈴木梨央)と青柳陸(髙橋來)の2人を連れて青柳家を後にした。

青柳小春(満島ひかり)らが帰ると、母・植杉紗千(田中裕子)は植杉健太郎(小林薫)に「貴方でしょ。生活保護の書類だかなんだか」と尋ねた。

植杉健太郎(小林薫)が「実の母親なんだし、昔のこと、あるんだから」と答えると、母・植杉紗千(田中裕子)は「私が捨てたんじゃないから。あの子が私を捨てたのよ」と答えた。

植杉健太郎(小林薫)が「笑って帰って行ったんだけどな」と話すと、母・植杉紗千(田中裕子)は「怒って帰りたくなかったのよ。許したくないから、笑って帰ったのよ」と答えた。

一方、歩きながら帰る青柳小春(満島ひかり)が、青柳望海(鈴木梨央)に「陸(髙橋來)も素麺を食べた?夕食は食べられるかな?」と尋ねると、青柳望海(鈴木梨央)は「晩ご飯はバナナが良い」と答えた。

青柳小春(満島ひかり)が「バナナはご飯じゃありません」と笑うと、青柳望海(鈴木梨央)は「あと、モツとかあるよ。バナナはセットになってるでしょ」と答えた。

青柳小春(満島ひかり)は「モツは関係無いでしょ。お母さん、望海(鈴木梨央)と話すのがとても楽しい」と笑うと、青柳望海(鈴木梨央)は「良いよ。お母さん、いっぱい喋ろう」と喜んだ。

すると、青柳小春(満島ひかり)は急に立ち止まり「お父さんに会いたいの。信さん(小栗旬)に会いたいの」と泣き出した。

青柳望海(鈴木梨央)も「お父さん、居るよ。お父さん、お父さん来て。ねえ、お父さん来てよ。直ぐに来てよ。お願いだから来てよ。会いたいよ」と言い、泣き叫んだ。

ある日、青柳小春(満島ひかり)は唇を噛みしめながら、青柳信(小栗旬)の形見のカメラをカメラ屋に売却した。青柳信(小栗旬)のカメラは4万7000円で売れた。

その後、青柳小春(満島ひかり)はコンビニでガス代や水道代を支払っていると、青柳陸(髙橋來)がキャラメルが欲しいと、ぐずり出した。

青柳望海(鈴木梨央)が「お店の物だから駄目でしょ」と叱るが、青柳陸(髙橋來)はキャラメルを離さない。

青柳小春(満島ひかり)が周囲の客に「すいません」と誤り、青柳陸(髙橋來)をなだめていると、老人が「良いんだよ。子供は泣くのはあたりまえだよ」と答えた。

青柳小春(満島ひかり)は老人の言葉に嬉しくなり、青柳陸(髙橋來)にキャラメルを買ってやった。

3人がコンビニを出て、シリトリをしながら帰っていると、青柳陸(髙橋來)に青柳小春(満島ひかり)にキャラメルを1つあげた。

青柳望海(鈴木梨央)が「私は?」と尋ねたが、青柳陸(髙橋來)は青柳望海(鈴木梨央)にはキャラメルをあげなかった。

ドラマ「woman」の最終回と結末の予想は「woman(ウーマン)の最終回と結末の予想」をご覧ください。

ドラマ「woman(ウーマン)」の原作や主題歌については「Woman(ウーマン)の原作と主題歌」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト小栗旬がwoman(ウーマン)で死んだ理由へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。