スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鈴木梨央が電車に乗って失踪

鈴木梨央が出演する日本テレビの母子家庭ドラマ「Woman(ウーマン)」の第2話「母が母であるための間違った選択?」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


このページは「Woman(ウーマン)-第2話のあらすじとネタバレ」からの続きです。

■Woman(ウーマン)-第2話のあらすじ後編
翌日、青柳小春(満島ひかり)は再検査を受けるため、病院を訪れていた。青柳小春(満島ひかり)は病院に着くと、待ち受け画面になっている青柳望海(鈴木梨央)を見ながら、電源を切った。

そのころ、蒲田由季(臼田あさ美)の家では、青柳望海(鈴木梨央)が帽子を被ると、帽子の中にガムが付いており、青柳望海(鈴木梨央)の髪にガムが付いて取れなくなってしまった。

蒲田由季(臼田あさ美)は「どうしてこんなところにガムが。ゴメンね。取れないから、髪の毛を切ろうか。大丈夫。5cm位だから」と言い、青柳望海(鈴木梨央)の髪の毛を切った。

ところが、髪を切り終えた蒲田由季(臼田あさ美)が鏡を持って戻ってくると、青柳望海(鈴木梨央)と青柳陸(髙橋來)の2人が居なくなっていた。

そのころ、青柳望海(鈴木梨央)と青柳陸(髙橋來)の2人は、蒲田由季(臼田あさ美)の家を出て、歩いて駅へと向かっていた。

駅に着いた青柳望海(鈴木梨央)と青柳陸(髙橋來)の2人は、お金を払って電車に乗り込んだが、青柳陸(髙橋來)は駅のホームにワニにぬいぐるみを落としたため、電車を降りてワニのぬいぐるみを拾いに行く。

そこへ、心配して探しに来た蒲田由季(臼田あさ美)が現れ、駅のホームでワニのぬぐるみを拾っていた青柳陸(髙橋來)を確保する。

しかし、青柳望海(鈴木梨央)を乗せた電車は、扉が閉まり、そのまま出発してしまった。

そのころ、医師・澤村友吾(高橋一生)は、採血室から出てきた青柳小春(満島ひかり)の右腕を見ると、青柳小春(満島ひかり)を呼び止め、治療室へと案内した。

青柳小春(満島ひかり)は採血をしたのだが、止血が上手くてきていないのか、採血した部分が真っ赤になっていた。

医師・澤村友吾(高橋一生)は、青柳小春(満島ひかり)の腕のガーゼを取り替えると、右腕のアザに気づき、「これはどうしました?」と尋ねた。

青柳小春(満島ひかり)が「仕事でぶつけたんだと思います」と答えると、医師・澤村友吾(高橋一生)は「いつですか?」と尋ねた。

しかし、青柳小春(満島ひかり)は覚えておらず、「さあ?」と答えた。

一方、終点の大月駅で電車を降りた青柳望海(鈴木梨央)は、財布から10円玉を取り出し、公衆電話から青柳小春(満島ひかり)の携帯電話に電話した。

しかし、留守番電話に繋がった。青柳小春(満島ひかり)はまだ病院にいるため、電源を切っていたのだ。

青柳望海(鈴木梨央)は、青柳小春(満島ひかり)が電源を切っている事など知らず、何度も電話をかけるが、ずっと留守番電話だった。

やがて、10円玉は最後の1枚になる。青柳望海(鈴木梨央)は、青柳小春(満島ひかり)の携帯電話にかけようとしたが、怠け者の植杉健太郎(小林薫)の事を思い出し、植杉健太郎(小林薫)に電話をかけた。

一方、植杉家では、電話が鳴ったが、怠け者の植杉健太郎(小林薫)は仕事をせずに寝ており、帰宅した植杉栞(二階堂ふみ)が電話に出た。

他方、病院を出た青柳小春(満島ひかり)が携帯電話の電源を入れると、公衆電話や蒲田由季(臼田あさ美)からの着信が残っていた。

青柳小春(満島ひかり)が蒲田由季(臼田あさ美)に電話すると、蒲田由季(臼田あさ美)は青柳望海(鈴木梨央)が居なくなった事を告げ、「ガムが付いたから、髪を切ったの。それがショックだったらしくて。本当にごめんなさい」と謝罪した。

蒲田由季(臼田あさ美)が「今、駅員に調べて貰ってます。どうしよう、望海ちゃん(鈴木梨央)に何かあったら」と泣くと、青柳小春(満島ひかり)は「あの子は強いから、大丈夫」と答えて、青柳望海(鈴木梨央)を探しに向かった。

その後、青柳望海(鈴木梨央)が大月駅で植杉健太郎(小林薫)を待っていると、植杉栞(二階堂ふみ)が現れた。

青柳望海(鈴木梨央)は「何でお姉さんが来たの?望海(鈴木梨央)は、怠け者さん(小林薫)にお電話したのよ」と不思議がった。

植杉栞(二階堂ふみ)が震えているため、青柳望海(鈴木梨央)が「寒いの?」と尋ねると、植杉栞(二階堂ふみ)は「電車に乗ったのは4年ぶりだから」と答えた。

そこへ、青柳小春(満島ひかり)がやってくる。青柳望海(鈴木梨央)は青柳小春(満島ひかり)を見つけると、青柳小春(満島ひかり)に抱きついた。

青柳小春(満島ひかり)が「ゴメンね。寂しかったんでしょ」と謝ると、青柳望海(鈴木梨央)は「花火しちゃったの。お母さんとするって約束してたのに」と言って泣いた。

青柳小春(満島ひかり)は植杉栞(二階堂ふみ)に気づくと、青柳望海(鈴木梨央)に「あのお姉さんは?」と尋ねた。

青柳望海(鈴木梨央)が「迎えに来てくれたの」と答えると、青柳小春(満島ひかり)は植杉栞(二階堂ふみ)に「望海(鈴木梨央)の母親です」と挨拶し、お礼を言った。

すると、植杉栞(二階堂ふみ)は「植杉栞です…。お姉ちゃん」と自己紹介したのであった。

ドラマ「Woman(ウーマン)」第3話のあらすじとネタバレは「Woman(ウーマン)-第3話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「woman(ウーマン)」の原作や主題歌については「Woman(ウーマン)の原作と主題歌」をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト鈴木梨央が電車に乗って失踪へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。