スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Oh,MyDad!!(オー・マイ・ダッド)のあらすじとネタバレ

織田裕二が出演するフジテレビの貧乏科学者ドラマ「Oh,MyDad!!(オー・マイ・ダッド)」の第1話「突然妻に出て行かれ子連れホームレスに!父が息子にできる事」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


ドラマ「Oh,MyDad!!(オー・マイ・ダッド)」の原作と主題歌は「Oh,MyDad!!(オー・マイ・ダッド)の原作と主題歌」をご覧ください。

■Oh,MyDad!!のあらすじ
ある日、科学者・新海元一(織田裕二)は科学館で子供を相手に、静電気を使った科学ショーを行っていた。

新海元一(織田裕二)の決め台詞は「新海博士に不可能は無い」で、新海元一(織田裕二)の科学ショーは子供たちに大人気になっていた。

科学ショーを見て居た息子・新海光太(田中奏生)は、隣に座っている女児に「アレ僕のパパなんだ」と自慢する。息子・新海光太(田中奏生)にとって、新海元一(織田裕二)は自慢の父親だった。

科学館の若手スタッフが「あの人って有名なんですか?」と尋ねると、先輩スタッフは「お前は若いから知らないか。20年ぐらい前に凄い発明をして、世界中が大騒ぎしたんだよ」と教えた。

若手スタッフが「そんな凄い人が、どうしてこんな事をやってるんですか?」と尋ねると、先輩スタッフは「結局、ものにならなかったんじゃないか」と答えた。

18年前、大学生だった新海元一(織田裕二)は、マグネシウム空気電池を開発し、世界中を驚かせ、新聞にも取り上げられた、。

マグネシウム空気電池は次世代エネルギーとして注目を集め、国内外の企業から出資の申し出があり、日本政府も研究費を出そうとした程だった。

新海元一(織田裕二)は国内企業からの出資を断り、アメリカの企業から出資を受けてマグネシウム空気電池の実用化に向けて研究を進めていたが、…。

科学ショーを終えた新海元一(織田裕二)が、ボロアパートに帰ると、妻・新海紗世子(鈴木杏樹)は「子供の前でだけ、良い格好をしないで。誰のお金で生活していると思ってるの」と激怒した。

新海元一(織田裕二)は「明日、成功する。岸田(八嶋智人)って居ただろ。昔、ウチのラボに居た。アイツが日藤物産で営業をやってるんだ。アイツのお得意さんが、俺のマグネシウム空気電池を気に入ってくれてて、明日プレゼンするんだ」と話した。

妻・新海紗世子(鈴木杏樹)は「売り込みに行くのは、これで何社目?50社?100社?もう、いい加減にして」と悲鳴を上げる。

そこへ、寝ていた息子・新海光太(田中奏生)が起きてきたため、妻・新海紗世子(鈴木杏樹)は夫婦げんかを打ち切り、新海光太(田中奏生)を寝かしつけた。

一方、新海元一(織田裕二)はアパートを出て研究室へ行き、明日のプレゼンに向けてマグネシウム空気電池の最終調整をするが、交換する部品が無いことに気づいた。

急いで部品を買わなければ、今日のプレゼンに間に合わない。研究室を出ると既に朝になっており、新海元一(織田裕二)はアパートに戻ると、新海紗世子(鈴木杏樹)は既にパートに出ていた。

新海元一(織田裕二)は、家計簿の間に挟んであった生活費を拝借すると、新しい部品を購入するためにアパートを後にした。

その日の夜、酔っ払って帰宅した新海元一(織田裕二)は、新海紗世子(鈴木杏樹)に「駄目だった。今日に限っていつもの部品が無くて。代用の部品を買ったんだけど、電球が付かなかった」と報告した。

新海紗世子(鈴木杏樹)は慌てて家計簿を確認すると、家計簿の間に挟んであった生活費が無くなっていた。新海紗世子(鈴木杏樹)は「いい加減に認めなさいよ。貴方は18年も失敗し続けてるのよ」と怒る。

新海光太(田中奏生)は「そんなに怒るとパパが可愛そうだよ」と止めに入ると、新海紗世子(鈴木杏樹)は新海光太(田中奏生)に「光太はママを見ててくれたんじゃないの?ママがどんなに頑張ってるか、分かっててくれたんじゃないの?」と絶望した。

翌朝、新海元一(織田裕二)は新海光太(田中奏生)に起された。新海紗世子(鈴木杏樹)が居ないのだという。

新海元一(織田裕二)は「ゴミを出しに行ったんじゃないか?」と答えるが、新海光太(田中奏生)は「カバンが無くなっている」と答えた。

新海元一(織田裕二)は慌てて新海光太(田中奏生)に朝ご飯を食べさせ、急いで自転車で保育園へと送る。

そのとき、新海光太(田中奏生)は「ママね。自転車のとき、いつも言ってる。どこでもドアがあれば良いのにって」と教えると、新海元一(織田裕二)は「知ってるか?どこでもドアは出来るんだぞ。理論上は。方法は分かってるんだ。ただ、それを試す人が居ないんだ」と答えた。

新海光太(田中奏生)を保育園に送り届け、研究室へ戻ると、新海元一(織田裕二)はいつの間にか寝てしまう。新海元一(織田裕二)が携帯電話の着信音で目覚めると、既にあたりは暗くなっていた。

電話は保育園の迎えの催促だった。新海元一(織田裕二)は慌てて新海光太(田中奏生)を保育園に迎えに行く。新海光太(田中奏生)が「ママは?」と尋ねると、新海元一(織田裕二)は「用事が長引いてるんじゃないか?」と答えた。

帰宅した新海元一(織田裕二)は新海紗世子(鈴木杏樹)の携帯電話に電話をかけるが、留守番電話だった。

新海元一(織田裕二)が新海光太(田中奏生)のご飯に困っていると、新海光太(田中奏生)が「これを食べたい。ママは食べさせてくれないんだ」と言い、カップラーメンを持ってきた。

すると、新海元一(織田裕二)は「ママが居ないってのはチャンスだぞ」と言い、カップラーメンやお菓子を食べながらテレビを観て、新海紗世子(鈴木杏樹)の不在を満喫した。

Oh,MyDad!!(オー・マイ・ダッド)のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイトOh,MyDad!!(オー・マイ・ダッド)のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。