スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


「ドクターズ2-最強の名医」のあらすじとネタバレ後編

比嘉愛未が出演するテレビ朝日の医療ドラマ「DOCTORS2(ドクターズ2)-最強の名医」の第1話「極秘オペは2億円?最強決戦が今夜始まる」のあらすじとネタバレのネタバレ編です。


このページは『「DOCTORS2(ドクターズ2)-最強の名医」のあらすじとネタバレ』からの続きです。

■「ドクターズ2-最強の名医」のあらすじ後編
その日、宮部佐知(比嘉愛未)は、相良浩介(沢村一樹)から「仕事の後で会えないかな。誰にも内緒で」と誘われたため、お洒落をして待ち合わせお店に行く。

しかし、お店の個室には、皆川和枝(伊藤蘭)と看護師長・田村戸紀子(宮地雅子)も居り、宮部佐知(比嘉愛未)は動揺した。私だけじゃ無かったんだ…。

看護師長・田村戸紀子(宮地雅子)が「何のお話なんですか?私にまで声をかけて?」と尋ねると、相良浩介(沢村一樹)は「榊原直子さん(山口美也子)の再手術をやります」と告げた。

榊原美由紀(京野ことみ)は森山卓(高嶋政伸)に不信感を抱いており、主治医の変更が認められなかった以上、母・榊原直子(山口美也子)を別の病院へ連れて行くだろう。

しかし、このまま榊原直子(山口美也子)が別の病院へ行き、検査からやり直せば、確実に手遅れになる。

だから、相良浩介(沢村一樹)は、明日の朝、森山卓(高嶋政伸)がゴルフで不在になっている間に極秘裏に榊原直子(山口美也子)の再手術を行うのだという。

看護師長・田村戸紀子(宮地雅子)は「私は副院長でもあるんです。そんな手術が認められるはずがありません」と反対した。

しかし、相良浩介(沢村一樹)は「過去に堂上総合病院はガンを摘出したが、それが再発した。このオペは榊原直子さん(山口美也子)を助けると同時に、堂上総合病院を救うことになるんです」と説得すると、宮部佐知(比嘉愛未)と皆川和枝(伊藤蘭)が協力を申し出た。

看護師長・田村戸紀子(宮地雅子)は「私は帰らせて頂きます…。明日の手術に備えて、しっかりと睡眠を取らないと」と言い、手術の手伝いを承諾した。

密会の解散後、相良浩介(沢村一樹)は渋谷翔子(滝沢沙織)からの電話を受けた。渋谷翔子(滝沢沙織)は「明日の朝、覆面調査員が堂上総合病院へ行きます」と報告した。

相良浩介(沢村一樹)は、相良浩介(沢村一樹)に頼まれて、東京四つ葉銀行の覆面調査員に接触し、覆面調査員に「朝の受付の様子を見ておいた方が良い」とアドバイスしたのだ。

翌日の早朝、宮部佐知(比嘉愛未)と田村戸紀子(宮地雅子)の2人は、密かに榊原直子(山口美也子)を手術室に運ぶ。

その途中、森山卓(高嶋政伸)と遭遇してしまう。田村戸紀子(宮地雅子)が驚いて「今日はゴルフでは?」と尋ねると、森山卓(高嶋政伸)は「ゴルフだよパターを医局に忘れたんだ」と答えた。

そして、森山卓(高嶋政伸)がシーツが掛けられたベッドに目をやり、「誰が死んだの?」と尋ねると、田村戸紀子(宮地雅子)は「小田原智寿子さんです。末期の」と誤魔化した。

森山卓(高嶋政伸)は「知らない」とは言えず、「あぁ、篠山先生の患者さんね」と言い、立ち去りった。

宮部佐知(比嘉愛未)が田村戸紀子(宮地雅子)に「誰ですか?小田原智寿子さんって」と尋ねると、田村戸紀子(宮地雅子)は「私のおばあちゃんよ」と答えた。

こうして、田村戸紀子(宮地雅子)らは、榊原直子(山口美也子)を無事に手術室まで届けると、相良浩介(沢村一樹)による再手術が始まる。

一方、森山卓(高嶋政伸)は駐車場に相良浩介(沢村一樹)の車があったが、相良浩介(沢村一樹)が医局に居ないため、不審に思って勤務表をチェックすると、相良浩介(沢村一樹)の勤務は予定に入っていなかった。

森山卓(高嶋政伸)は不審に思って手術室へ駆けつけると、相良浩介(沢村一樹)が榊原直子(山口美也子)の手術を行っていた。

森山卓(高嶋政伸)は「そんな事をしてタダで住むと思っているのか」と激怒するが、相良浩介(沢村一樹)は開腹手術で、腹腔鏡手術では見つけられなかった腫瘍を発見し、切除した。

相良浩介(沢村一樹)は「このまま退院させていたら、大変な事になってましたよ」と指摘すると、森山卓(高嶋政伸)は「んんんん…」と怒りを噛み殺した。

相良浩介(沢村一樹)は手術が終わってロビーに居ると、森山卓(高嶋政伸)が大声で相良浩介(沢村一樹)に「相良(沢村一樹)オペは楽しかったか?俺が院長になったら、人事権は俺にある。俺が院長になったら、お前はクビだ。あはははは」と笑って立ち去った。

そのとき、東京四つ葉銀行の覆面調査員は、ロビーで受付の様子を観察しており、森山卓(高嶋政伸)の奇行を目撃して驚いてしまう。

その日、東京四つ葉銀行の融資担当者が堂上総合病院の院長室を訪れ、院長・堂上たまき(野際陽子)に融資の認証を伝えた。

堂上たまき(野際陽子)は大喜びするが、融資担当者は「ただし、堂上たまきさん(野際陽子)が院長を継続することが融資の条件です。森山先生(高嶋政伸)が院長になるのであれば、融資はできません」と告げた。

病院事務長の桃井正一(小野武彦)が「どうして?」と尋ねると、東京四つ葉銀行の覆面調査員は「森山先生(高嶋政伸)は人格に問題があります。そして、院長になれば、相良先生(沢村一樹)をクビにすると宣言しました。相良先生がクビになれば、病院経営は悪化します」と答えた。

理由を聞いた堂上たまき(野際陽子)は、渋々、院長の継続を決定し、東京四つ葉銀行から2億円の融資を受けることにした。

その日、融資と引き替えに森山卓(高嶋政伸)の院長就任が白紙撤回になった事が伝わり、看護婦やスタッフはこの噂に喜んだ。

引退して世界一周クルーズに出かける予定だった堂上たまき(野際陽子)は、森山卓(高嶋政伸)に「早く大人になってちょうだい卓ちゃん。普通にちゃんとして」と嘆くと、森山卓(高嶋政伸)は「んんんん…」と怒りを噛み殺したのであった。

ドラマ「DOCTORS2-最強の名医」第2話のあらすじとネタバレは「DOCTORS2(ドクターズ2)-最強の名医-第2話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「DOCTORS2(ドクターズ2)-最強の名医」の原作と主題歌は『「DOCTORS2(ドクターズ2)-最小の名医」の原作と主題歌』をご覧ください。

コメント

スポンサーサイト「ドクターズ2-最強の名医」のあらすじとネタバレ後編へのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。