スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドクターズ2・最強の名医・第4話のあらすじとネタバレ

大路恵美が出演するテレビ朝日の医療ドラマ「DOCTORS2(ドクターズ2)-最強の名医」第4話「衝撃告白!ベストセラー作家が緊急入院」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


ドラマ「DOCTORS2(ドクターズ2)-最強の名医」第3話のあらすじは「ドクターズ2-最強の名医-第3話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「DOCTORS2(ドクターズ2)-最強の名医」の原作と主題歌は『「DOCTORS2(ドクターズ2)』の原作と主題歌」をご覧ください。

■ドクターズ2・最強の名医-第4話のあらすじ
ある日、シングルマザーの河合とも子(大路恵美)が腹痛を訴えて堂上総合病院を訪れた。皆川和枝(伊藤蘭)が診察すると、河合とも子(大路恵美)は胆嚢炎だった。

皆川和枝(伊藤蘭)は河合とも子(大路恵美)に手術を勧めるが、河合とも子(大路恵美)はスーパーでパートをしており、休めば収入が途絶えるため、手術を拒否した。

ある日、大学病院の医師・森山卓朗が有名な歌舞伎役者・藤村豆四郎の胃がんの手術を成功させた。藤村豆四郎は記者会見を開き、「森山医師は名医だ」と褒め称えた。

テレビで記者会見を見ていた森山卓(高嶋政伸)は「森山卓朗?俺だってこれくらいの胃がんは切れる。ウチに来いよ。何で有名人は大学病院へ行きたがるんだ」と呆れた。

院長・堂上たまき(野際陽子)は、「ウチには一般の患者さんが沢山、来てくださるじゃない。患者さんの質を高めるより、医者の質を高める事が大切よ」と諭す。

しかし、森山卓(高嶋政伸)は「俺はセレブが良い。セレブ、セレブ、セレブ、セレブ…」と駄々をこねた。

そのようななか、腹痛を訴えた老人・鈴木二郎(笹野高史)が堂上総合病院に運び込まれ、佐々井圭(正名僕蔵)が鈴木二郎(笹野高史)を診察した。

鈴木二郎(笹野高史)は痛みを訴えるが、佐々井圭(正名僕蔵)は患者の顔も見ず、事務的に症状をパソコンに入力しながら、診察した。

鈴木二郎(笹野高史)は尿管結石で、結石は排出されたが、消化器系のガンの疑いがあるため、検査入院することになった。

翌日、大勢の見舞い客が「鈴木先生が入院されたっていうのは本当ですか。作家の鈴木龍之介です」と言い、ナースステイションへと押しかけてきた。

鈴木二郎(笹野高史)は有名な作家だったが、本は鈴木龍之介というペンネームで執筆しているため、病院関の人間は誰も鈴木二郎(笹野高史)が有名な作家だとは気づいていなかった。

一方、エスアイ製薬会社のMR・渋谷翔子(滝沢沙織)も相良浩介(沢村一樹)に「鈴木先生が入院されたんですね。ベストセラー作家の鈴木龍之介先生ですよ。私、大ファンなんです。鈴木先生は、次は新しいジャンルの小説に挑戦するようですよ」と教えた。

他方、待望のセレブが入院した事に喜んだ森山卓(高嶋政伸)は、鈴木龍之介(笹野高史)をVIP用の特別室に移し、セレブ待遇で入院させた。

鈴木龍之介(笹野高史)が「運び込まれたときに痛みを訴えたが、この医師(正名僕蔵)は、僕の顔を1度も見なかった。医者失格だ」と不満を漏らした。

すると、森山卓(高嶋政伸)は「君は患者さんの信頼を失った」と言い、担当の佐々井圭(正名僕蔵)を外し、森山卓(高嶋政伸)が自ら鈴木龍之介(笹野高史)を担当することにした。

その後、森山卓(高嶋政伸)は相良浩介(沢村一樹)に「鈴木龍之介(笹野高史)の主治医を担当することになった。ご自分で受け持ちたかったでしょ。顔に嫉妬って書いてますよ」と自慢した。

すると、相良浩介(沢村一樹)は「知ってます?鈴木先生は、次は医療物の小説に挑戦するそうです。主人公は医者です。色々と観察するんだろうな。僕なら、小説の主人公にされると思えば、気になって治療に集中できませんよ」と答えた。

その日、手術を拒否していた河合とも子(大路恵美)が、スーパーで倒れ、堂上総合病院へと運ばれてきた。

相良浩介(沢村一樹)は河合とも子(大路恵美)に胆嚢炎の手術を勧めたが、河合とも子(大路恵美)は「1ヶ月も入院すれば、生活費にも困るし、パートもクビになってしまう。薬だけで治してください」と言い、手術を拒んだ。

皆川和枝(伊藤蘭)は「前のご主人からの援助やご両親は?」と尋ねると、河合とも子(大路恵美)は「結婚するときに家族や親戚から反対され、家を出たんです。2人目の子供が出来た頃に、夫が暴力を振るうようになって離婚して、1人で育てるって決めたんです」と答えた。

相良浩介(沢村一樹)は「今、治療をしておかないと、命に関わる。手術は保険の適用内でやります。出来るだけ負担のかからないようにします。お子さんたちのために、体を治してください」と説得した。

見舞いに来た長男・河合大輝(吉井一肇)と長女・河合紗菜(奥田こころ)が河合とも子(大路恵美)の体を心配するため、河合とも子(大路恵美)は手術を承諾した。

一方、森山卓(高嶋政伸)は鈴木龍之介(笹野高史)の検査を行ったが、鈴木龍之介(笹野高史)は「気持ち悪いよ。下手なんじゃないか?」と文句を言った。

医局に戻った森山卓(高嶋政伸)は「何様だ。何が先生だ。先生は俺たちだ。作家ってもんは、周りからチヤホヤされて勘違いしてるんじゃないか」と激怒した。

すると、相良浩介(沢村一樹)が森山卓(高嶋政伸)に「鈴木先生(笹野高史)は森山先生を主人公にした小説を書くそうですよ。看護婦たちが言ってましたよ。森山先生のことを仕切りにメモってるって」と教えた。

その後、相良浩介(沢村一樹)は鈴木龍之介(笹野高史)の病室を訪れ、本2冊にサインを頼んだ。1冊は渋谷翔子(滝沢沙織)の分で、もう1冊は自分の分だ。

相良浩介(沢村一樹)は「病院の小説を書かれるんですよね。取材は進んでますか?」と尋ねると、鈴木龍之介(笹野高史)は「検査が気持ち悪かったのと、ナースは結婚できないって事くらいかな」と答えた。

すると、相良浩介(沢村一樹)は「この病院にも小説の題材になりそうな患者が居るんですよ。今にも死にそうな母子家庭の母親とか」と教えた。

DOCTORS2(ドクターズ2)-最強の名医-第4話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイトドクターズ2・最強の名医・第4話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。