スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


半沢直樹-第4話のあらすじとネタバレ

赤井英和が出演するTBSの銀行員ドラマ「半沢直樹」の第4話「10倍返しなるか!上司と部下の裏切り」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


ドラマ「半沢直樹」の第3話のあらすじとネタバレは「半沢直樹-第3話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「半沢直樹」の原作と主題歌は「半沢直樹の原作と主題歌」をご覧ください。

■半沢直樹-第4話のあらすじとネタバレ
ある日、半沢直樹(堺雅人)は、竹下清彦(赤井英和)と渡真利忍(及川光博)の2人に、支店長・浅野匡(石丸幹二)と西大阪スチール社長・東田満(宇梶剛士)の2人が同じ時期に同じ中学に通っていた事を報告した。

2人が同じ中学に通っていた事から、支店長・浅野匡(石丸幹二)が西大阪スチールの倒産に関与していた可能性が濃厚となる。

渡真利忍(及川光博)は「浅野支店長(石丸幹二)の経歴なんてよく知ってたな」と驚くと、半沢直樹(堺雅人)は「ウチには優秀な探偵(上戸彩)が居るもんでね」と答えた。

竹下清彦(赤井英和)が、浅野支店長(石丸幹二)と東田満(宇梶剛士)のツーショット写真を撮影したが、写真だけでは「ただの同級生だ」と言い逃れされる恐れがあり、確実な証拠が必要だった。

ある日、支店長・浅野匡(石丸幹二)の携帯電話に、「花」という人物から、「5億円の見返りとして、いくらを貰ったの?」というメールが届いた。

メールには、浅野支店長(石丸幹二)と東田満(宇梶剛士)のツーショット写真が添付されており、画像を見た浅野支店長(石丸幹二)は激しく動揺する。

浅野支店長(石丸幹二)は東田満(宇梶剛士)に電話して相談すると、「犯人は半沢(堺雅人)じゃないのか?だとしても、堂々としてればいいんだ。同級生同士が会って何が悪い」と答えた。

東田満(宇梶剛士)が電話を切ると、東田満(宇梶剛士)の前に半沢直樹(堺雅人)と竹下清彦(赤井英和)の2人が現れた。

半沢直樹(堺雅人)は東田満(宇梶剛士)に「隠し財産は10億くらいか?」と追求すると、東田満(宇梶剛士)は「そこまでだ。それ以上、喋ると訴えさせて貰うぞ。自己破産を申請したんだ。これ以上は違法な取り立てだ」と言い、弁護士の名刺を投げつけた。

竹下清彦(赤井英和)が「アホか。ぎょうさん金を持ってるのに、自己破産が認められるはずないやろ」と激怒すると、東田満(宇梶剛士)は「俺は法に守られているんだ」と言い、車に乗って立ち去った。

そのとき、半沢直樹(堺雅人)は、走り去る東田満(宇梶剛士)の車に置いてあったティッシュのマークに気づいた。

あのティッシュは銀行が顧客に配る粗品ではないか。このマークの銀行を探し出せば、東田満(宇梶剛士)の取引内容が分かるかも知れない。しかし、半沢直樹(堺雅人)にはマークに見覚えが無かった。

半沢直樹(堺雅人)が「大手や地銀のマークではない。信用金庫のマークかもしれません」と告げると、竹下清彦(赤井英和)がマークの調査を引き受けた。

その日の夜、半沢直樹(堺雅人)の携帯電話に、支店長・浅野匡(石丸幹二)から「誰かは知りませんが、私と東田(宇梶剛士)は中学時代の同級生で、それ以上の付き合いは無い。これ以上、迷惑メールを送ると、警察に訴えますよ」という「花」への返信メールが届いた。

「花」を名乗って支店長・浅野匡(石丸幹二)にメールを送ったのは、半沢直樹(堺雅人)だったのだ。

ある日、東京中央銀行の本店で会議が行われる。大阪西支店が西大阪スチールに5億円の融資を行ったことが週刊誌に報じられており、金融庁に目を付けられる前に半沢直樹(堺雅人)を処分することに決定した。

一方、半沢直樹(堺雅人)は部下に、浅野匡(石丸幹二)と東田満(宇梶剛士)のツーショット写真を見せ、「これだけでは、浅野支店長を追い詰める切り札にはならない。浅野支店長が東田満から見返りを貰っていたという、証拠が欲しい」と協力を求めた。

中西英治(中島裕翔)と角田周(モロ師岡)の2人は協力を約束したが、垣内(須田邦裕)は「聞かなかった事にさせてください」と協力を断り、立ち去った。

すると、角田周(モロ師岡)は半沢直樹(堺雅人)に「アイツは支店長に釘を刺されてるんです。課長(堺雅人)に協力的だと、課長が飛ばされた後にお前も飛ばすって」と教えた。

支店長・浅野匡(石丸幹二)は、怪メールを送ってくる「花」の正体は半沢直樹(堺雅人)だと思い、垣内(須田邦裕)に半沢直樹(堺雅人)の監視を命じていたのだ。

翌日、半沢直樹(堺雅人)は、支店長・浅野匡(石丸幹二)の運転手から話しを聞き、支店長・浅野匡(石丸幹二)が関西シティー銀行に出入りしていることを知る。

通帳は支店長・浅野匡(石丸幹二)がカバンに入れて持ち歩いており、大阪西支店に居る時はカバンごと机の引き出しに入れ、引き出しに鍵をかけているのだという。

その日、半沢直樹(堺雅人)は支店長室に呼ばれ、浅野匡(石丸幹二)から「新規の融資には関わるなと命じたはずだ」と注意した。

そのとき、浅野匡(石丸幹二)の携帯電話に「花」からのメールが届く。「花」の正体を半沢直樹(堺雅人)だと思っていた浅野匡(石丸幹二)は、「お前(堺雅人)じゃなかったのか」と驚く。

メールには「お仕置きとして、1階窓口に写真をファックスしてあげる」と書いており、浅野匡(石丸幹二)は慌てて支店長室を飛び出し、1階へと向かった。

すると、入れ替わるように中西英治(中島裕翔)が支店長室に入って、半沢直樹(堺雅人)と合流した。

中西英治(中島裕翔)が半沢直樹(堺雅人)の携帯電話を使って浅野匡(石丸幹二)にメールを送り、メールを使って浅野匡(石丸幹二)を支店長室から追い出したのだ。

中西英治(中島裕翔)らは合い鍵を使って机の引き出しを開け、浅野匡(石丸幹二)のカバンの中から、関西シティー銀行の通帳を発見し、藤沢未樹(壇蜜)から5000万円が振り込まれた証拠を掴んだ。

半沢直樹-第4話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイト半沢直樹-第4話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。