スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドクターズ2-最強の名医の第5話のあらすじとネタバレ

沢村一樹が出演するテレビ朝日の医療ドラマ「DOCTORS2(ドクターズ2)-最強の名医」の第5話「今夜、クーデターが始まる」のあらすじとネタバレのあらすじ編です。


ドラマ「DOCTORS2(ドクターズ2)第4話のあらすじとネタバレは「DOCTORS2(ドクターズ2)・最強の名医・第4話のあらすじとネタバレ」をご覧ください。

ドラマ「DOCTORS2(ドクターズ2)-最強の名医」の原作と主題歌は『「DOCTORS2(ドクターズ2)』の原作と主題歌」をご覧ください。

■ドクターズ2-第5話のあらすじ
ある日、相良浩介(沢村一樹)は宮部佐知(比嘉愛未)に堂上総合病院を乗っ取り、相良浩介(沢村一樹)が堂上総合病院の院長になる計画を打ち明けた。

そのようななか、院長・堂上たまき(野際陽子)が倒れた。幸い、たいしたことは無かったが、堂上たまき(野際陽子)はそのまま入院して様子を見る子にした。

翌日、堂上たまき(野際陽子)は、西都大学病院の医学部長・松田義雄(小日向文世)からお見舞いの電話を受けた。出入り業者から、堂上たまき(野際陽子)が倒れたという噂を聞いたのだという。

すると、堂上たまき(野際陽子)は森山卓(高嶋政伸)に、「森山先生(高嶋政伸)は次期医院長なのよ。松田先生(小日向文世)のところにお礼に行きなさい」と命じた。

その後、相良浩介(沢村一樹)は堂上たまき(野際陽子)に「病院を繁栄させるためには、地域から愛される病院になるべきだ」と言い、小学生の病院見学を提案し、堂上たまき(野際陽子)から了承を得た。

相良浩介(沢村一樹)は医局へ行き、「病院見学の後の懇親会でドクターの仕事について話して欲しい」と頼んだが、森山卓(高嶋政伸)らは「自分でやればいいじゃないか」と拒否した。

すると、相良浩介(沢村一樹)は麻酔科医の千住義郎(斉藤陽一郎)に懇親会での講演を頼んだ。

佐々井圭(正名僕蔵)が「千住先生(斉藤陽一郎)は麻酔科医ですよ」と呆れると、相良浩介(沢村一樹)は「だから良いんですよ。麻酔科医の仕事を知っている小学生は居ませんから」と答えた。

森山卓(高嶋政伸)は「いいんじゃないか。地味な仕事を知って貰ういい機会だよ」と言い、千住義郎(斉藤陽一郎)に講演を押しつけた。

その後、森山卓(高嶋政伸)は、エスアイ製薬会社のMR・渋谷翔子(滝沢沙織)に、西都大学病院の医学部長・松田義雄(小日向文世)の事を尋ねた。

渋谷翔子(滝沢沙織)が「ジャスがお好きですよ」と教えると、森山卓(高嶋政伸)が乗り気になったため、渋谷翔子(滝沢沙織)は「どこかで一席設けましょうか?その代わり、ウチの薬を」と取引した。

ある日、小学生の病院見学が行われ、病院見学後に千住義郎(斉藤陽一郎)が麻酔科医の仕事について講演する。

麻酔と言っても単純に患者を眠らせるわけでは無く、腕の感覚だけをなくしたり、下半身の感覚だけをなくしたりと、様々なテクニックがある。

さらに、麻酔科医は麻酔をかけるだけで無く、手術中も患者の血圧や呼吸や顔色をチェックし、患者の状態を管理している。

相良浩介(沢村一樹)が「僕たち外科医は、千住背先生(斉藤陽一郎)のような麻酔科医が居ないと手術できないんだよ」と補足すると、小学生は「スゲー」「かっこいい」「ヤバイ」と麻酔科医の仕事を尊敬した。

千住義郎(斉藤陽一郎)の講演も終わり、小学生が帰ると、宮部佐知(比嘉愛未)は相良浩介(沢村一樹)に「今日の社会見学は千住背先生(斉藤陽一郎)を持ち上げる企画だったんですか?」と尋ねる。

すると、相良浩介(沢村一樹)は「なかなか鋭くなってきたじゃないか。堂上総合病院を乗っ取るために、まず落とさなければならないのは麻酔科だ」と答えた。

宮部佐知(比嘉愛未)が「どうして麻酔科なんですか?」と尋ねると、相良浩介(沢村一樹)は「その理由は、子供たちにも説明したじゃないか」と答えた。

ある日、千住義郎(斉藤陽一郎)は森山卓(高嶋政伸)が執刀する手術に入る。

そのとき、患者の血圧が低下したため、千住義郎(斉藤陽一郎)は「急に血圧が下がってきました。発作性上室性頻脈かもしれません」と警告した。

しかし、森山卓(高嶋政伸)は「大丈夫だよ。術前の検査でも心電図でもWPW症候群は無かったんだろ」と言い、手術を続け、無事に手術を終えた。

手術が終わると、麻酔科医の千住義郎(斉藤陽一郎)は、相良浩介(沢村一樹)に呼ばれた。用件は、手術の相談であった。

患者は大動脈弁閉鎖不全症があり、心臓がオペに絶えられるか、どうか。相良浩介(沢村一樹)は「麻酔科医のゴーサインがなければ、手術は出来ない」と言い、麻酔科医の千住義郎(斉藤陽一郎)に判断を求めたのだ。

千住義郎(斉藤陽一郎)は「普通に考えれば無理でしょ」と呆れると、相良浩介(沢村一樹)は「普通に考えるのは止めましょう。患者さんは1人1人違うんです。まずは患者さんを診てください」と頼んだ。

千住義郎(斉藤陽一郎)は患者を診察した後、「無理ですね。今は落ち着いていますが、心不全を起すかも知れない」と判断した。

相良浩介(沢村一樹)は「僕は千住先生(斉藤陽一郎)を優秀な麻酔科医だと思っています。千住先生が『手術に耐えられる』を仰ってくれれば、僕は手術を成功させる自信があります」と告げた。

すると、千住義郎(斉藤陽一郎)は「やれると思います。なんとかしますよ。でもね、僕に責任は押しつけないでください」と答えた。

その後、千住義郎(斉藤陽一郎)は中庭でジュースを飲みながら、「何だ。急に優秀とか言っちゃって」と不審がっていると、宮部佐知(比嘉愛未)と相原亜美(黒川智花)がやってきた。

宮部佐知(比嘉愛未)は「私たち、2人でご飯食べるんです。先生も一緒にどうですか?子供たちに話しているのを聞いて、もっと先生の話を聞きたいなって」と、千住義郎(斉藤陽一郎)を誘った。

千住義郎(斉藤陽一郎)は「じゃ-、仕事が終わったら、医局に来てよ」と答え、スキップをしながら立ち去った。

原亜美(黒川智花)が「どうして私まで」と文句を言うと、宮部佐知(比嘉愛未)は「だって、私だけだと緊張に絶えられない」と嘆いた。

宮部佐知(比嘉愛未)は千住義郎(斉藤陽一郎)を食事に誘ったのは、相良浩介(沢村一樹)の指示だったのだ。

その日の夜、宮部佐知(比嘉愛未)と原亜美(黒川智花)は、千住義郎(斉藤陽一郎)と夕食を食べる。

千住義郎(斉藤陽一郎)は「相良先生(沢村一樹)の様子がおかしい。小学生の前で持ち上げたり、手術の意見を聞いてきたり。君たちは麻酔科医のことをどう思ってるの?相良先生がいうように、麻酔科医はみんなに認められているの?」と尋ねた。

宮部佐知(比嘉愛未)は「認められているに決まってるじゃないですか。病院の収入源は手術です。千住先生は大事な仕事をしている割りには冷遇されていると思います」と答えた。

そのころ、相良浩介(沢村一樹)は病院に残り、手術のシュミレーションをしていた。

DOCTORS2(ドクターズ2)-最強の名医」の第5話のあらすじとネタバレの後編」へ続く。

コメント

スポンサーサイトドクターズ2-最強の名医の第5話のあらすじとネタバレへのコメント

規定数に達したのでコメントの受付は停止しました。こちらは、コメント欄です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。